450 アプリレビュー

2011年3月27日 (日)

【アプリレビュー】電子法令検索for iPhoneで「原子力損害の賠償に関する法律」を引いてみた

iPadで重宝している電子法令検索(レビューはこちら)の、iPhone版が出てた。画面の大きさの制約があるんで、iPad版の方が使い勝手がいいのは間違いないんだけど、肌身離さず持ち歩くってコトではiPhone版のほうが役に立つ。かなり巨大なアプリですが、なんせ現在施行中(平成23年3月1日現在)の法令を全て検索出来ちゃう。オフラインで。法律一式、全部持ち歩けるわけです。いつもポケットに法律を。ダウンロードはこちら

ってわけで、さて、早速、引いてみました、「原子力損害の賠償に関する法律」。いや工業所有権四法は四法対照のiPhone版持ってるし、今更だと思ってね。制定は昭和36年6月。オレと同世代(ひとつちがい)だね、この法律。改めてオレら原子力世代なんだなあ、と思ったよ。

原子力損害の賠償に関する法律、全部で26条からなる、コンパクトな法律です。特許法とかと比べるとあっけないくらい簡素なつくりですなあ。

ざっと目を通す。当面、話題になりそうなのは、第三条と十六条、十七条あたりかな。

第三条 原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない。

第十六条 政府は、原子力損害が生じた場合において、原子力事業者(外国原子力船に係る原子力事業者を除く。)が第三条の規定により損害を賠償する責めに任ずべき額が賠償措置額をこえ、かつ、この法律の目的を達成するため必要があると認めるときは、原子力事業者に対し、原子力事業者が損害を賠償するために必要な援助を行なうものとする。 2 前項の援助は、国会の議決により政府に属させられた権限の範囲内において行なうものとする。

第十七条 政府は、第三条第一項ただし書の場合又は第七条の二第二項の原子力損害で同項に規定する額をこえると認められるものが生じた場合においては、被災者の救助及び被害の拡大の防止のため必要な措置を講ずるようにするものとする。

うーん。第三条の但し書きを適用するかどうかが分かれ目か。但し書き適用→十七条。適用ナシ→十六条ってことですかね。どうなんだろう、今回の事故。文理上は但し書きに相当するんだろうけど。感情が納得しないよねえ。衝くとしたらどこでしょうね。「異常に巨大な天災地変」か?「当該原子炉の運転等により」か?或いは超法規的措置か。

あ、そうか。逆転の発想で、十七条の「被災者の救助及び被害の拡大の防止のため必要な措置を講ずるようにするものとする」を使うというのはどうでしょうか。「必要な措置」ってトコがミソ。

因みにオレ、東電の株は200株ほど所有していたんですが、事故後叩き売り。略買値の半額で売却、大損ですわ。教訓。やっぱいい加減な気持ちで買っちゃ駄目だよね、株はね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

【アプリレビュー】Tabio Slide Show for iPad、お好きな方には堪らないかと。谷崎!

ふう。息抜きです。

お勉強の方の進捗はというと、目下のところ、短答の過去問を解いて解説を読み条文を確認する、必要なら書き込む、という地道な活動を中心に行っています。ただ本を読むという行為に比べると、能動的に動く部分がある分、飽きないというか。LECの2010年度版弁理士試験短答過去問特許法・実用新案法の、今2/3程度を終えたトコ。正答率(枝毎の正誤判定ベース)は5-6割ってトコかな。でも根拠条文まではっきり分かった上で自信を持って答えられるものは1割もない感じ。うーむ。道は遠いなあ。

「条文を捉える」は2廻し目の途中。3巻目(意匠法)に入ったトコ。思ったほどペースが上がらないな。困ったものだ。

ってわけで、息抜きの話題。記事タイトルのアプリ「Tabio Slide Show for iPad」、靴下屋さんである、Tabioが作った、ま、自社の靴下の宣伝の無料アプリ。僅か数分間のビデオクリップなんですが。

Slide1___2

全編に流れるゆるいフランス語のアンビエントっぽい音楽、二人の女の子が旧いモダンなお屋敷に到着、板張りの廊下を靴下で滑りながら、いそいそと屋敷の中を探険する・・・。因みにSlide Showってのはだから掛け言葉になってますね。

これが驚くほどクオリティが高いのです。音楽といいカメラワークといいカット割りといい、とてもとても気持ちがいい。あまりに”良い”ので、思わず何度も繰り返し観てしまう、って感じ。この趣味の良さは、なんだか久し振りですなあ。うん。

それから、ワタクシ、そっち方面の(谷崎!)趣味はございませんが、靴下屋さんのアプリである以上、主役は、足。脚。これは、お好きな方には(谷崎!)堪らないかと。

Slide3__

ってわけで、(特に足フェチの方は是非!)一度ご覧になることをお奨めします。同じ内容をiPad上だけでなく、Web上でも観れるそうです・・・。一番お奨めはなんと言ってもiPad上で観ることですけどね。それにはちゃんと理由がある。ここには書かないけどね。

息抜き終了。ではでは。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ ←ポチっとクリックしていただけると大変有難いです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

【アプリレビュー】iSpeed for iPhone、やっと出たか!

ってわけで、iSpeed for iPhone、やっと出ましたよ。

iPhone買ったばっかりのころ、iSpeed使ってみたらどーしよーもなく使いづらいアプリで、がっかりしたわけですが。今回のバージョンアップで漸く使えるものになった。んーでも実はいま、熱心なユーザーってわけではないので、わざわざアプリレビュー書く程のことはないんだけど、一度貶している以上、バージョンアップがあって、それなりに改善されていたらフォローしとく義務があるかな、ってことで、この記事を書いております。なんっっっっっという、良心的な態度!

旧バージョンはひどかった。①iPhoneネイティブでなくサファリ上でWebを呼び出すだけ、②そのWeb画面も携帯用のiSpeedを流用した見づらいもので、③機能は携帯用の限定版みたいな感じ。④中でも銘柄を登録しておくことが出来ないのが致命的だった。いちいち銘柄コードをチマチマ入力しなきゃなんなかった。阿呆か。 手抜きにもほどがある。ま、どう見てもこりゃツナギで出したな、って内容。

新バージョンになって、これらは全て解消されています。ちゃんとiPhoneネイティブで、インターフェースもiPhoneらしく、機能的にも携帯用iSpeedと比べて遜色ない。登録しといた銘柄を一覧し、どれかを選んでタップして、より詳しい情報を得ることが出来る。チャートとか、ニュースとか、板情報とか、最高値最安値とか、ね。

前にも書いたが携帯用のiSpeedって内容も操作性もすごく良く出来ているので、これを超えるのはある意味なかなか難しかったと思うんですよ。でも、今回のバージョンアップは、きちんとええ仕事しましたな。即ち、携帯に対するiPhoneの強み(操作の多様性、画面の大きさ)をきっちり踏まえて作り込んで来ている。提供される情報の量が増えた(為替レートとかニュースとか)のもさることながら、”シェイクすると情報更新”とか、”ページめくりはスワイプ動作”とか、”ヨコ持ちでチャート拡大(分足、日足、週足、月足切り替えボタンつき)”とか、「普通の携帯には出来ない」操作性をしっかり実現してくれていて、単なる移植ではない、iPhoneらしいアプリになっているのは嬉しい。

ってわけで、(お勉強が忙しくってあんまり使ってはいないのですが)このアプリはお奨めです。そーだ、あとは次回バージョンアップで、「必ず上がる株」をこっそり教えてくれる機能がつけば、最強なんですけど(笑)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ←ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

iPad買っちゃった!・・・その6。【アプリレビュー】HElexiconLite、近頃コレにハマってます。

ああ。夏休みが終わってしまうぅぅぅ。イロイロとやりたいこともあったんだが、例によって気がついたらもう最終日ってコトで。明日からの出勤を想い、若干、鬱な私ですが。まあしょうがないね。サボったのも、遊んだのも、全て自己責任、ってことで、気持ちを切り替えて、臨みたいと思います。

8月一杯で「条文を捉える」のⅠからⅣまでを読破、ってのが表向きの目標なんですが、昨日、ちょうどⅢの「意匠法」を読了したとこ。それもちょっと読みのレベルが浅い。んで、もう一回傍線部分を中心にメモを取り直している最中です。内心ではこの休み中にⅣまで完璧に終わらせようって思ってたんで、ちょっと(てゆーかかなり)遅れをとっているなー。

意匠法、ナメたらあかんなあ。条文も少なくて薄いし、Ⅲは軽く仕上げるつもりだったんだが、特許・実案・商標とはまた一味違ったややこしさがありますね。せっせと暗記カードをiPadで作って、考えを整理していくしかない。やり始めは新鮮で楽しかった作業も、そろそろ飽きてきていい加減になりがち。うーむ。オレの根気ってこんなもんか?

んで、飽きたら軽い気分転換をどーぞ、ってわけで、最近ハマっているのがコレ、HElexiconLite。

A___2

よくある辞書ソフトなんだが、イロイロと遊べる。てゆーか、クロスワードで遊べる。

B___2

ホントに、逃避のためならなんでもやろうという、よくわかんない根性の入れ方だ、われながら。まあ、英語の勉強ってコトで、自分に言い訳しつつ、クロスワードをやっている。いかん。そろそろ本来のお勉強に戻らねば・・・。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

iPad買っちゃった!・・・その5。【アプリレビュー】電子法令検索、凄え!

ってわけで、iPad買っちゃった!・・・その5です。

PDFリーダー、アウトプット練習=手書き暗記カード作り、ついでに勉強の合間の息抜き、と、大活躍のiPad君ですが、ここへ来てもう一つ強力な機能が出現!何か、ってーと、この電子法令検索、ですね。

2__

コレこの通り、工業所有権法4法、全て入っています。マ、マジっすか?PATECH企画のCD版法令集買ったばっかりだっちゅうに。もう。

それどころか、なんでも入っている。工業所有権法4法だけじゃなくて、現行の7595法令全て(!)が入っている。こんな感じで↓。

__

愛玩動物用飼料の成分規格等に関する法令、ですか。うん。ワシ今んトコ関係ないけど、機会があったら(どんな?)、目を通してみたいと(ホントか?)。

ま、それはそれとして、この電子法令集すげえいいんですよ。 

まず、文字の大きさは10ptから32ptまでスライダで簡単に変えることが出来ます。じっくり読みたい時は大きな表示。一番上の特許法のスクリーンショットが32ptです。んでもって、手早くめくりたいときには小さな表示。次のヤツが14pt(だったと思う)。フォントも明朝とゴシックが選べます。工業所有権にはやっぱり正統派明朝体、ってことで。 

3___2

それから、法令全文を対象に検索が利きます。上のスクリーンショットで、黄色くハイライトされているのが検索結果。特許法の中に”誤訳”という言葉は、11回出てきます。いや、だからなに?って言われるとちょっと困るんですけど。難を言えば、検索結果のハイライト部分までジャンプしての表示をしてくれるともっと助かったんだが。ソコは手でめくるしかありません。
んで、次の凄いトコ。本文中に引用されている他の法令にリンクが張ってあります。例えば特174条第4項で準用する民事訴訟法348条第4項、いってみましょーか?

4___2

5___2

な?な?な?ちょっと凄くないっすか?民法とか民事訴訟法とかの準用って、いちいち参照すんの面倒じゃないですか。それが、タップ一発でとんでっちゃう。もちろん、特許法から実用新案法へ飛んだり、意匠法へ飛んだりも自由自在。準用条文の参照がかなり楽になる。

ま、これもあえて難を言えば、特許法で特許法を準用しているようなケースは、リンクしてくれない。うーん、惜しい。でもまあ特許法でそれをやるとリンクだらけになっちゃってごちゃごちゃになりそうだから、これはこれでいいのかもしんない。

因みに、これら全てのデータは、そのたんびにネットから取って来るのではなく、全てデータとしてiPadの中に持ってます。だから最初にこのアプリをダウンロードすれば、あとはネットに繋がってる必要はなし。ロケーションを気にしなくていいわけですわ。

んで、最後の、びっくりはですね、なんと、この電子法令集、無料なんですわ。無料。タダ。すっげー。なんで?

有難く使わせて戴きます。iPad買って良かったぞ。うんうん。

1___2

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ→ポチっとクリックしていただけると大変有難いです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

iPad買っちゃった!・・・その4。【アプリレビュー】handwrites Lite、このシンプルさがたまらんな

便りのないのは良い便り、なんてェことを申しますが。これもう現代では通用しない”コトワザ”になってしまいましたな。しようと思えば、いつでも、すぐに、”便り”が出来ちゃう、って世の中だからね。便りのないのはマメじゃない、とか、便りのないのは失礼ね、とか、どうかすると、便りのないのは絶交よ、とか、ってことになってしまいます。ものぐさな人間には生き辛い世の中になったものだ、ぶつぶつ・・・。

ってわけで(もないんだが(どっちだ?))、やっぱりね、いくら時間がない、勿体ない、つっても、週に一回位はブログを更新するってのは、最低限の礼儀でもあるし、息抜きにもなる、と思うわけです。で、こうして駄文を綴っている。週一ペースの更新。暫くはこれで行きたいと思います。

で、何を書こうか。書評?読んだら書くってルールは生きてるんだけど、何しろ読んでないからなー、書けないわな。しかしアレだね、せっせと書評を書いていた時代は、”とっかえひっかえ本を読まない生活”なんて想像も出来ない、って感じでしたが、読まなきゃ読まないでなんとかなるもんなんですな。我乍ら意外だ。てっきり勉強の合い間にぞろ小説を読み出すのかと思っていたのだが、全然浮気せずにせっせと勉強しているのは、エライ、と思う。って自分で褒めてちゃ世話ないな。

昔読んだ本の書評、ってのも考えた。お気に入りの本の紹介、みたいな。ってなると、まずはコードウェイナー・スミス本だよな。ノーストリリア、竜と鼠のゲーム、ショイヨルという名の星、それからそれから。んでもって次はディックかコニー・ウィリスか。ううーん。いいんだけど、気軽に書けないんだよな。思い入れがありすぎるので、肩に力が入ってしまいそう、ってのが自分でもわかる。空いた時間に息抜きでちょこちょこっと書くって訳にはいきそうもないよなあ。書きながら最初っから読み直しだしたりして・・・。ううーむ。明らかに勉強の邪魔になるよー。

勉強ネタも書いていきたいのだが、まだ知識をインプットしている段階なんで、面白い記事が書けないんだよ。年内で基本インプットは終えたいところだがなあ。

勉強法ネタ、これも書くことない。たいしたことしてないからなあ。因みに今は「条文を捉える」のⅠを読んでいます。ええ本です。来週はこれの書評書けるかな・・・。

で、困ったときのiPadネタ、ってことでどうでしょ?ちょっと勉強法ネタ絡めて。

つーことで、やっと本題handwrites Lite。超シンプルなメモパッド。iPadを手書きのメモ帳にしてくれる。どんだけシンプルか、ってーと、紙の外観はイエロー横罫の一種類、ペンの色は黒のみ、太さは一種類、その上、キーボード入力なし、メール転送なし、アンドゥなし、リドゥなし、ナイナイづくしです。ただ、横罫ノートにペンで書き殴る、のみ。このシンプルさが、いいんですわ。

Kintou

これ、handwrites Liteの画面をスクリーンショットで撮ったもの。どういうわけだかどうもピントが甘いね。実際の画面はもっと鮮明です。

本を読んだだけじゃ、分かってるかどうか、分からない。んで、分かった(と思った)ことを、書いてみる。そうすると、何が分かったのか、分からなかったのか、ちょっとは見えてくる。アウトプットは大事だね。

それ、紙でやりゃいいじゃんって?その通りでございます。そのとおりなんだけど、iPadでやると、なんとゆーか、気持ちがいいんで、勉強がはかどる、と。自分の字の汚さにホトホト嫌気がさすけど、ほら、iPad的汚さ(デジタルゆびお絵かき的汚さ)だと思えばそれほど嫌じゃない、ってゆーか。ははは。殆ど冗談ですが。

んで、iPadでこれをやるメリット、それだけじゃない。handwrites Liteに書いたメモをパシャパシャ撮って、MACminiと同期、引き続きiPhoneと同期。そう。これらのメモが全てiPhoneに移せる。作業といえば何も考えずにパシャパシャ撮るだけ。後は勝手に同期。ちょっとした空き時間にiPhoneで復習しようって寸法です。どーよ?

9mai

うーん。どおしてもピンボケ。不思議だ。そういう設定なのか?ま、それはそれとして、超シンプルなソフト、handwrites Lite。余計なことをなんも考えんでいい、ってトコが、毎日乱暴にブンブン扱うにはちょうどええ、ってコトで。んで、これ、タダだし。あなたのiPadにも是非。

っとまあ、iPadかわいさに勉強に精を出す、オタクの性(さが)のお話でした・・・。
おおっと、思ったより長くなっちまったぜ。また、便りのないのは勉強中、って状態(モード)に戻りますぅ・・・。ではでは。

<追記>
ええっと。handwrites Liteについて、ひとつ、わかんないトコがあったんだった。画面上方に4つのアイコンが並んでいますが、右から順に、拡大、消しゴム、鉛筆、なんですよ。んで、一番左端にあるアイコンの意味がわかんない。ええー?こんなにシンプルなのに、わかんないって、どゆこと?ってわけで、スンマセン、ご存知の方、ご一報を。

<さらに追記>
アイコンの件、わかったわかった。そうか。よく出来ている。よく出来ているぞ。ええっとですね、一番左のアイコンを押した状態だと、自動的にスクロールしてくれるんだ。普通にフルスクリーンの状態で使う分にはこのアイコンは意味がないのだ。こいつが生きるのは拡大モードで書いてるとき。拡大モードで書くと、当然のことながら字はすげえきれいに書ける。でも、スペースの一部にだけ注目している状態なんで、書きづらい。このアイコンが押してあると、注目スペースの右いっぱいまで来たら、注目スペースを送ってくれるのだ。おお。偉いじゃないか。親切じゃないか。タダなのに。うんうん。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ   →ポチっとクリックしていただけるとたいへん有難いです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

iPhone買っちゃった!その7・・・【アプリレビュー】Stackus


iPhone
買いたての蜜月が終わり、空いてる時間にiPhone以外のことが出来るようになった。本を読んだりとか。飽きたというのではなく、iPhoneが生活の一部になってきた今日この頃。

ワシ、基本的にゲームをやるという趣味も習慣もない。そりゃ昔はそれなりにやりもしたけど、今更ねえ。リアルがそこそこ刺激的だし大変だし。ってわけで、ダウンロードするアプリも実用系ばっか。だったんですが。iPhone・iPod Touchラボのセール情報で期間限定で無料、ってあったんで、試しにダウンロード。みごとにハマリました。
iPhone買っちゃった!その7・・・【アプリレビュー】Stackusの巻。

Shoki

重力エンジンを使ったパズルゲームです。ルールは簡単、左側にあるブロックをドラッグして右側に全て移す、ってだけ。こんな風に。

Saisho_2

世界には重力があり、各ブロックには重さがあります。上の画面の写真で言うと、真ん中の玉は落ちていく運命にある。こんな風に。

Tochuu

そうすると負け。相手キャラに笑われます。こんな風に。

Lose

この「ふふん」ってゆー小馬鹿にした感じに闘争心を掻き立てられますね。ってわけで、夢中になって地下鉄で乗り過ごしてしまいました。普段やってない分免疫がないんだよな。

デザインも趣味がいいし、頭を使うパズルの部分に重力エンジンの動きが絡んで、なかなか奥の深いゲームになっています。ちょっとした暇つぶしにお奨め。くれぐれも乗り過ごさないように注意しましょう(笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

iPhone買っちゃった!その6・・・【アプリレビュー】マップ

iPhone買っちゃった その6・・・【アプリレビュー】マップです。iPhoneにデフォルトで付いてくるマップ。これ、いいです。もう、iPhoneなしの生活には戻れない、ってほど。

デフォルトだし、多分もう随分とたくさんの人が使い勝手等々のレビューを書いてらっしゃるんだろうな、とは思います。何をいまさら、と。でも、ま、これまでハンパでない苦労をして来た、ある方向音痴の、魂の救済の記録として、一応、書いておこうかな、ってことで。

ええっと、これまではdocomoのN904iを使ってました。これにもデフォルトでマップが使えるアプリが入ってました。”ゼンリン地図+ナビN”ってヤツです。これもね、N904iの時は特に不満もなく、便利に使ってました。ワシ、物凄い方向音痴で。例えばお客さんトコに何度行っても場所が覚えらんない。営業としては致命的かも。ってほど。致命的なんですが。

あ、今思い出したけど、そーいえばアスペルガー的人生のどっかの章に、アスペルガーと方向音痴との関係についての考察が載ってた?載ってなかった?なんでだったっけ?

ま、いいや。

なので、N904iにして、”ゼンリン地図+ナビN”使えるようになって、すげえ助かったのを覚えてる。地図が表示される、目的地までの経路が表示される、自分の現在位置が表示される、これでどんだけ道に迷わなくなったことか。ずいぶんお世話になりました。

でもね、iPhoneを経験すると、オレもうN904iには戻れない。

理由その1.アドレス帳との連携。iPhoneは、アドレス帳に入れてある住所を目的地に選ぶことが出来る。アドレス帳をタップして目的地を選ぶだけで、指定の番地までピンポイントでナビってくれるんです。これは便利。また逆に、現在位置をアドレス帳に場所として名前を付けて記録することが出来ます。
_2_

理由その2.Googleストリートビューとの連携。iPhoneは、経路を表示するだけでなく、その場所のストリートビューも表示することが出来る。画面がぐるん、と廻ってストリートビューに切り替わるのを最初に見たときには感動しましたよ。これで目的地の予習が出来るので、移動に不安がない。

理由その3.コンパスとの連携。N904iを使ってたときには、100円ショップで買ったコンパスをキーホルダーに入れて持ち歩いてました。致命的な方向音痴の何が致命的かって言うと、地図を見ても、自分がどっち向いているのか分からないってコトなんですわ。だから地図がすぐには役に立たない。数百m歩いて、あ、これルートから外れてる、って分かるまではね。iPhoneは画面左下をタップすると地図固定(北が上)と進行方向固定(進んでいる方が上)が切り替わる。これは使いやすいです!

料金はどちらも無料。正確にはN904iは無料なのは機能限定版で、マップの拡大とか縮小に制限があった。iPhoneは最初っからフル機能版です。

方向音痴で苦しむ全てのサラリーマン諸氏に。iPhoneのマップ、お奨めします。

ブログランキング・にほんブログ村へ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

iPhone買っちゃった!その5・・・【アプリレビュー】Dictionary.com

iPhone買っちゃった その5・・・【アプリレビュー】Dictionary.comの巻です。

ええっと、iPhone買ってから本も読まずに日がなiPhoneと戯れているワタシですが、意外な副作用と言うべきか、前回レビュー新約聖書を初めとして、iPhoneのおかげで英語での読書が復活しています。んで、お世話になっているのが、Dictionary.comという英英辞典。これがなかなかいいです。

英語を読む”対訳聖書”やら”Kindle for iPhone”やらのアイコンと”Dictionary.com”のアイコンは同じページに置くようにして、調べたい単語が出てきたら、homeボタンで一旦アプリを閉じ、”Dictionary.com”を起動、単語を入力して調べる。ホントは「分かんない単語をタップするとDictionary.comに飛ぶ」、或いはせめて「分かんない単語をタップしてコピーし、Dictionary.comを起動してペースト」ってのが出来れば美しいんですけど。ま、前者はiPhoneの仕様上無理としても、後者はアプリ側で対応してくれれば出来るような気がしますが。残念ながら”対訳聖書”と”Kindle for iPhone”はいずれもそういう対応はしてくれてません。んで、分かんない単語をDictionary.comにポチポチと入力して調べてます。インクリメンタルサーチに対応しているので、頭の何文字か入れればいいだけなんで、ま、そんなに苦にならない。スペルの確認にもなるし。・・・どおもアレだ、さわってるだけで嬉しいので、全体的に評価が甘くなってますな。

あとDictionary.comで気に入っているのはWord of the Dayというボタン。タップすると単語とその意味が表示される。1日に1個。説明文に分かんない単語があればそれを調べて辞書の中を読んで廻るのがなかなか楽しい。因みに今日の単語は”tortuous”。

Img_0038 面白いのはこのWord of the Day、辞書からランダムに選んで表示しているのではない、ってこと。なんでそれが分かるかってーと、”tortuous”という単語をDictionaryに入れて調べたときに表示される内容と、Word of the Dayで表示される内容が違ってるんですわ。Word of the Dayで表示される内容は、定義は軽くサラっと1~2行Thesaurus.comから引っ張ってきて、んで、出典を明記してのExampleが充実してます。これを読むのがなかなか面白い。

あと、Dictionary.comのtipsをいくつか。
1.入力欄の全クリ方法・・・入力欄はタップしても”全部選択状態”にはならない。んで、最初のうちはバックスペースキーで1文字づつ消してた。これ、ちょっとイラっときますね。でも、ある時、気づきました。一番上のDictionary.comのロゴ(写真で赤丸で囲ったトコ)をタップすると、入力欄が全クリされます。これで快適!

___2 2.さっき言った「分かんない単語をタップしてコピーし、ペーストして引く」って方法は、Dictionary.com内では当然、出来ます。その際のちょっとしたコツ。タップしてコピーしたら、1.の方法で入力欄を全クリ、そのあと入力欄をダブルタップするとカーソル位置に”Paste”のバルーンが出ます。後はそれをタップするだけ。

で、これが無料、タダだっつーんだから驚きますよね。すげえ。

ってわけで、年も変わったことだし、新しい相棒も手に入れたし、英語学習にちょっと気合を入れて取り組もうかな。てなことを考えています。さあーて、取り敢えず多読だ多読。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 英語ブログへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

iPhone買っちゃった!その2・・・【アプリレビュー】Sleep Cycle

iPhone買っちゃった その2、です。気がつけば今日も全然、本、読んでませんがな。いかんなあ。いかん。iPhoneいじって冬休み全部潰した、なんてコトになるのだろーか。それは、どーよ?47歳二児の父としては。社会人としては。いいおとなとしては。なあ。

ってな悩みは、さて置き、好評につきiPhone買っちゃった、のその2です。ええっと、何が”好評”かというとですね、このブログ、基本、書評ブログなわけですよ。だから、最近出版された売れてる本だと訪問者が増え、古いマイナーな本だと殆ど見て貰えない、ってのはなんとなくは知ってましたよ。なんだよ、結局流行のネタ次第なのかよ、ってちょっとムッてたんですけどね。”iPhone”の集客力はそれらとはレベルが違う。”本”と”iPhone”。”i”があるかないかだけの差じゃないですか。もっと”本”で訪問者が増えてもいいのに。あ、そうか、”愛”は大事だってことですね?・・・ごめん。

ってことで、その2です。

昨日の夜、iPhoneと添い寝しました。いやフェチじゃなく。Sleep Cycleというアプリを使ってみたのでした。このアプリをiPhoneに入れて、枕の横に置いて寝ると、ベッドの振動がiPhoneに記録されます。人間の睡眠に、レム睡眠とノンレム睡眠があるのはご存知だと思います。ノンレム睡眠は深い眠りで、体は動かない。レム睡眠は浅い眠りで、寝返りを打ったりする。記録された振動からそれを推定して、睡眠のリズムをグラフにしてくれるんです。これ、いい。iPhoneにしか出来ない(マックには出来ない)技です。こんな感じ。
Sleep Went to bed / woke up: 1:27 / 6:47
Total time: 5h 20m

一般にレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは1時間30分程度って言われてますが、ワシの場合1時間45分程度なんだと思うんだよね。2サイクル3時間30分、3サイクル5時間15分、4サイクルで7時間。

こういうのが欲しかったんですわ。睡眠にはちょっとうるさいんです、ワタシは。
ってそれはどおでもいいんですけれども。

さーてこれから毎日記録を取るぞ。これやれただけでもiPhone買った甲斐ってものがありました。うん。ってことで。

iPhone買っちゃった その1はこちら

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)