420 サイトレビュー

2009年3月 7日 (土)

まぁ、ちゃんと。

整理収納お助けサイトまぁ、ちゃんと。久し振りのサイトレビューです。最初、merchant(商人、~狂)に引っ掛けた名前かと思ったんだけど、そういうわけでもなさそうだなー。じゃなにか、ってゆーと、まあ、ちゃんとしましょうよ、のまあ、ちゃんと?

片づけとか掃除とかの、暮らし一般に関するいろんなコツ、要領、かんどころ、工夫、TIPS、を集めたサイトです。サイト上ではまとめてレシピと呼んでいるが。

集合知だねえ。それが家事限定ってトコが面白いな。メインユーザーは明らかに普通の主婦だよね、これ。むかしはおばあちゃんからヨメさんに伝えたようなもの?井戸端会議で共有されたもの?今はサイトに家事のコツを探しに行く。

因みに私も試しにひとつ投稿してみました。因みに、こんなかんじ。

ええっと。コップを洗うのって面倒じゃないですか。透明だからヨゴレが目立つ→洗剤をいっぱい使う→洗剤をおとすためにすすぎに水を大量に使わなければならなくなる。
んで、最近ウチのヨメさんが友達からネタとして仕込んできたのが、アクリル毛糸のコップ洗い。作り方は簡単、アクリル毛糸を買ってきて、鉤針編みでモチーフを編む。大きさは12cm角位が使いやすいと思う。普通の編み物よりも目を詰めて編む方が良い。
最初ヨメさんがこのネタ仕込んできた時には信じなかったのだが、実際にやってみると確かにスポンジよりいいです。よく落ちます。
性分として、原理のわからないものは信用できない。早速調べると、アクリル繊維の表面に細かいミゾ(電子顕微鏡レベルの)がある。これがヨゴレを落とすのだ。うん、納得。
洗剤なしでもOKか、といわれると、油で汚れてたらきついかも知れない。んでも普通の使い方のコップならナシでも大丈夫。これですすぎもイライラしなくて済むっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

キャラパって

マイキャラクターパーク【キャラパ】キャラパとは何か?読んで字の如し、キャラクターパークのことですね。・・・んで、それは何?

なるほどねえ。キャラクター製作者と使用者のマッチングサイトですか。いろんなこと考える人がいるもんだねえ。私も試しにひとつ登録してみたいと思いましたが・・・、絵の方はちょーっと苦手で、それは勘弁、パスいち。

素人がキャラクターをデザインする→それをキャラパに登録する→企業がそのキャラクターを広告とかで使う契約を結ぶ→ロイヤリティが支払われる。だいたい、こんな流れになってるよーです。

ネットの使い方として、コンテンツを利用者から募ってそれを売るというのはWeb2.0的な流れですからコレ自体はそんなに目新しいわけではないですよね。寧ろ面白いなと思ったのは、登録の方法です。なんと描いたキャラを携帯で撮って送る、というのが登録の唯一の方法になってる。

投稿に関しては、PCからの送信、なし。JEGやらBMPやらでの投稿、なし。ただ携帯からの写メのみ。なんという潔さ。プロ・セミプロより、素人を対象にする、そのために思いっきりハードルを下げる、という明確な意思を感じますね。

その割に登録されているキャラはそこそこの水準なのが不思議。最近じゃあみんな絵心くらい持っててあたりまえ、なんだろうか?うう。ちょっとくやしい。だからパスだって。

最近ではなんでもキャラ化すんだよな。これは日本特有の現象なのか?そういえば少し前に奈良方面で、せんとくんとかまんとくんとかなーむくんとか、キャラクター三つ巴の戦いがありましたな。あれ、どーなったんだろう。・・・ネットでざっと検索してみると、てんでにスポンサーを見つけ、グッズとか作ってるみたいですな。うーむ。話題になった分だけ注目度アップなんだとしたら、結果オーライと言うか作戦勝ちですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

QLife

半年ほど前にヨメさんが足の指を骨折した。今やこういうときの頼りはネットである。住んでる場所近辺の形成外科を検索して、そこの評判を調べて、診療時間を調べて、とネット上で全ての手配が出来てしまう。昔だったらイエローページで調べて、電話して診療時間とアクセスを聞いて、って感じ?いやいや。行きつけの医者があってそこに行くか、特殊な病気だったら大学病院って感じだったぞ。あ、それは昔は地方都市に住んでいたからか。

QLife は医療関係専門の検索・口コミ情報サイト。確かにこれはニーズがある。食べ物屋にしろ医者にしろ学校にしろ、都会はとにかく選択肢が多い。その中ならひとつを選ぶのはなかなか大変なのだ。

特に病院は多くの場合一度掛かったら暫く通うことになるし、確かに上手い下手があると思う。そこが何を本当に得意としているのか、どんなポリシーでやっているのか、看板を見ただけではわからない。ネットの出番であり検索サイトの出番である。

この手の専門検索サイトは使い勝手と情報量がポイントだと思う。情報量に関しては、まだ道半ばってトコですかね。今やってみたらヨメさんが行った形成外科、ヒットしなかったし。使い勝手は良いだけに惜しいね。今後の蓄積に期待したい。

それからここは検索・口コミ情報以外に、色々トライしてますね。みんなでつくる家庭の医学はWikiの医学版を目指しているようだし、QLife Squareは一般向け医学情報(病気情報)のページだし。医療人というコーナーは開業医の自伝だしね。病院・病気関係の総合情報誌或いはワンストップサイトを目指しているのかね。確かにこれから先、高齢化でからだの心配をしなきゃいけない人は増えるだろうから、そこに的を絞っての展開はありなんでしょうな。取り敢えず花粉症対策(ヨメさんがそうだ)とうつ病対策(これ以上景気が悪くなったらヤバイ気がする)について調べてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

子供とインターネット教育

ジュニアパークって何か、というと、ベネッセがやっている小・中学生向けののコンテンツですな。ざっとみたところ、ソーシャルスキル教育と子供向け教材、保護者向けのネット安全対策情報がポイントでしょうか。原則として無料のようです。

この辺は微妙に難しいところですね。保護者が子供に見せたいコンテンツは、それゆえに、子供は進んでは見たがらない、じゃないですか。特に中学生にもなると子ども扱いされるのをいやがるからなあ。

ウチの息子二人(中二と高二)はネットとどうつきあっているのか。観察すると、動画(ニコニコ動画とYouTube)で暇つぶし、検索(グーグル)で調べ物、が二大用途のようです。ま、暇つぶしと調べ物という意味では私だって似たようなものです。

つまりネットはもともと何でもありが基本になってますから、子供用に作った狭いパークの中に囲い込むのはちょっと無理がある。そのパークを如何に魅力的に作ったとしても、その外にある広大な空間を知っちゃったら、出て行きたくなるのが人情でしょう。

逆にいうと、外の広大な空間を認識できるまでの間は、保護者が管理して、安全なコンテンツの中で遊ばせておく、ということは出来るということか。それは何歳位までなんでしょうかねえ。私の感じでは小学校高学年になると、もうつらいんじゃないかな。友達からいろんな情報が入ってきますからね。

と、ここまでは子供向けコンテンツに関してネガティブに書いてきましたが、それはそこに囲い込むとしたら、の話。子供としてのニーズ自体はあるんじゃないかな。例えばキッズグーグルみたいなものはどうでしょう。宿題で環境問題を調べてくることになった。グーグルで検索すると難しそうなサイトしかヒットしないが、キッズグーグルだと、ちゃんとひらがなでやさしく解説したサイトが上位にヒットするとか・・・。

今、ためしにグーグルで「環境問題」「こどもむけ」で検索したらちゃんと子供向けの解説が上位にヒットしたな。やっぱりキッズグーグル、いらないすか。

あとは特殊な分野でのキラーコンテンツを持てるかどうか、ですね。それは子供用も大人用もない。その意味で、ウチの場合、ソーシャルスキル教育については興味があります。前にも書いたけど私と下の息子(中二)はちょーっとアスペルガー入ってるんで、普通だったら生活の中で身に付くはずの対人関係のスキルが身についていない面がある。なんらかの形でこれを補うことを考えなきゃ、と思ってたんでね。

とゆーわけで、下の息子にやらせたいと思うんだが。あ、その前に自分でやんなきゃな。いやホントにaspergerでottackyだと会社なんて人外魔境で不思議大発見だぜ。

ママさん必見!子育てに役立つ今どきのインターネット事情♪- ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!
★子育てに役立つ情報が満載!
ベネッセ ジュニアパークclick
子育てに悩めるママさん達の強い味方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

オートバックスドットコム

オートバックスドットコムが8周年だって?ちょっと意外な感じがするのはなんでかな、と考えたら、車とネットって相性悪そうなイメージがあったんだな、と思い至りました。私の中にね。

車は外に出る、ネットは家で待つ。車はリアル、ネットはバーチャル。みたいな。

私自身が車持ってないんで、余計に紋切り型なイメージになってたんだなーと反省。オートバックスドットコムのHP見ると、まあいろいろやってるわけですね。まさかタイヤを代引きで受け取っても困るとは思うが、こまごましたカー用品については別にわざわざ買いに店まで行くコトもないわな。なら普通のネットショッピングと条件としては変わんないわけで。

私の頭にあったのは「車に乗っている時の車ユーザー」で、オートバックスドットコムの対象は「家にいる時の車ユーザー」、ってことね。なるほど。そりゃそうだ、車ユーザーの人がずーっと車に乗っているわけではないもんね。

そういう目でオートバックスドットコムを見てみると、つまり車関係のワンストップサイトを目指しているんですかね。ネットショッピング以外に、車検 の申し込みをネットでやれたりとか、車の知識(カー用品に絡めての)とかね。ちと弱いか?これから先、車市場が縮小傾向が続くのであれば(カー用品市場も影響を受けるわけで。なんかもうひとつ新機軸が欲しいトコですね。

あと必要なのはなんでしょうね。車本体はメーカーがこれから力入れるだろうし、レンタカーはちょっと違うし。ネットで車関係でこれから必要とされる機能。日本全国に店舗を持っていてカー用品販売のシェアトップの強みを生かせる機能。うーん。ってなんで俺こんなん考えてんだか。明日来期予算の会議なもんでさっき珍しく家で仕事してたんで、頭がそーゆーモードになっているのね。

ま、それはそれとして、8周年記念でね、プレゼントキャンペーンをやっていますがな。誰でも応募できるやつね。車?俺には関係ないね、って通り過ぎなくてよかったー。どーか、ipod touchがあたりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

ドルアーガの塔

ドルアーガの塔 なつかしーなー。と思ったらうーん、名前だけおんなじでキャラとかは全然違うのね。そりゃそーだ、あのキャラクターそのまんまじゃドラマにならんわな。

一応説明しておくと元祖ドルアーガの塔は1984年にナムコが出したアーケードゲームです。二頭身のキャラが迷路になっている塔の中を進み、階ごとに仕掛けられた謎をクリアしていく。

1984年かあ。大学生で、ちょうどゲーセンのバイトしてた時だな。最初に見たときはなんて地味なゲーム、と思ったっけ。動きももどかしいくらいノロいし。わけがわからないうちに死んじゃうし。ゲーセンでも全然人気がなかった。最初のうちはね。

今から思えば、これは新しいジャンルのゲームだったんで、どう遊んでいいかがわかんなかったんだな。パズルとアクションとRPGが一体化しているという、そういう感じ。当時はアーケードといえばシューティングとかが中心だったんで、一種の謎解きをしながら地道に攻略していくという感じがわかんなかった。アーケードゲームの説明書きなんて数行程度でそういう説明もないしね。

ある日、ヨソのゲーセンでやりこんできた人がやってきて、次々と階を攻略して行った。もう黒山の人だかりですよ。それをみて初めて、ああこれはこういうゲームなんだ、こうすれば進めるんだ、というのがみんなに理解できたんですな。それからはウチのゲーセンの人気ゲームになりました。真に画期的なものは最初の抵抗が大きいって話を聞くとね、いつもドルアーガの塔を思い出す。

しかしアニメになってたとは知らなんだ。それもファミマ限定、店頭受取り 、って、なんで?また変わった販路を選択しましたねえ。コアなファンが買う(コアなファンしか買わない)とみて予約重視の戦略なんですかね?

或いはセット内容が

【セット内容】 ・DVD7巻組+オリジナルケース
・書き下ろしサキュバス抱き枕カバー
・オリジナルゲーム内アイテム
・サキュバスなりきり装備(ファミマ限定カラー)

となってますけど。ただの枕カバーでなくて、抱き枕カバーってやっぱほぼ人体大ってことですよね?ちょっとアヤシイ系のアイテムなのか?それでウチの人にバレないように店頭受け取りになっているとか。ま、冗談ですが。

話は飛ぶけど、百貨店が売上を落としているでしょ。景気の影響は勿論あるんでしょうけど、専門店に取られている面は勿論あるんでしょうけど、わざわざ買い物に行かなくなりつつあるという消費行動の変化も大きいような気がしますね。

村の長老「言い伝えによるとのう、昔はショッピングはレジャーの一種だったそうな・・・。」村人「へえー?!」

んでどこに流れるかというとネット通販。ただ、通販のネックは配送料です。コンビニの店頭受取というのは、配送料なしの通販実現のためのひとつの方法かも。んで、ファミマとしては将来に備えて、こういう限定モノで配送・受領のシステムの実験をしている・・・。というのはどうでしょう。なんでそれがドルアーガの塔なんだ?というと、すんません、そこまでは考えてませんでした。あらら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

パンデミック!

おおう。なんというか、凄いことになってきたな、という感慨をこめて、いきたいと思います。さて、この写真は何か?ウイルス対策グッズ 、ですね。ネットで、買えちゃう。3,980円で買えちゃう。んで、これ以外にも科学防護服デュポンタイベックスソフトウエアPhoto 1,380円とか、保存食バラエティセット5,200円、とか、 売っているわけですね。売ってるわけですよ。

来るべきパンデミックに備えて。Photo_2

新聞とかTVとかで読んでいる分には、なんだか他人事な感じを拭えなかった私ですが、ネットで買える、具体的に買える、となると、これはもう他人事でなくなりましたな。だって実際に買うかどうか、アクションを起こすかどうかは、私自身がね、ポチッとクリックするかどうかにかかってるわけだからね。ただの情報と、インタラクティブな情報が質的に異なるのだ、ということを改めて実感した出来事でした。

さて、いささか興奮気味であることについて、若干の説明が必要だと自覚しています。自分でも良くわかんないトコはあるんだが、要するに、私にとって、パンデミックとか、ウィルスとかは、身近な世界なんですよ。仕事とかじゃなくてね、小説の中でね。ちょっと思い出すだけでも、ホット・ゾーン エボラ感染者コブラの眼 辺りは当然読んでます。古いトコではペスト も読んでるし。赤死病 も読んでるし。あとね、愛読書のリストにも載せてますが、コニー・ウィリスのドゥームズデイ・ブック 。これは凄いです。

パンデミックに興味があるから、その手の小説を読むのか?その手の小説を読むからパンデミックに興味を持つようになったのか?今となってはもうわかんないけど、いずれにせよ、私にとって、パンデミックの恐怖は、大げさに言えば、体験済みなんですね。小説世界の中で、なまなましく。

だから、ニュースとかで鳥インフルエンザとかパンデミックとかの話をしているのを見ると、なんとももどかしさを感じてましたね。なんせホラ、気分は体験者だから、ああもう、そんな甘いもんじゃないんだ!みたいなつっこみを入れたくなるんですよ。客観的に見てそれはちょっと変、てゆーか、すごく変、なんですけどね。

一方でね、煽っちゃだめだ、っていう、なんというか良識も働くわけですけど。煽っちゃだめだ。煽っちゃ駄目だけど、知ってる世界だけに、面白がってしまう。うーん。これは止められん。因果ですなあ。

関係ないけど、この記事でカテゴリーがヘルスケア・健康関連って、なんか笑えますね。って自分でやっといてなんなんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

XIMA(シマ)

「逆」SNSサービス「XIMA」(シマ) XIMA(シマ)のレビューです。で、XIMA(シマ)って何?ってーと、正式にはこれとかみてもらえばいいんでしょうけど、私の解釈では、

1.ネット上の情報の選別をサポートする

2.それを通して「どんな情報を好むのかという情報」を抽出する

というネット上のツールであり、そしてその結果、ある種の情報を好む受け手同士とある種の情報を好んで発信する発信者が、お互いにコミュニケーションを交わしたくなるよう用意された、ネット上の空間であると言えましょう。

と、こう聞くときっと、ツールとしての出来と空間としての出来、それから、それは何の役に立つの?この3つを聞きたい、ってことになりますよね。

出来については、好みの問題なんで、自分で確認した貰ったほうがいいでしょう。個人的には嫌いではないな、こういう静かな感じのデザイン(和風のような中華風のような)とか、ちょっとした遊び(くしゃくしゃの紙の質感だとか)はね。

で、これは何の役に立つのでしょうね?

PC一台一台をつなぐ、ネットを成り立たせている技術。ただ情報をやり取りするだけでなくね、所謂2.0的な。ネット上の書店で本を買うと、お勧めの本をリコメンドしてくれるじゃないですか。なんとゆーか、そういう技術の、応用編、なんだよね?同じように、ネット上のありとあらゆる情報を見ているうちに、自然と興味のありそうな情報が集まってくる、みたいな。

このネット上で双方向の情報選別を行う技術を、別の分野に応用してみました、というか。そんな感じがする。これがモノになるかどうかは別にして。何の役に立つかどうかは別にしてね。だってそれが面白ければ人は集まるし、人が集まればそれだけでビジネスにはなるから。

私は今はこうやってテキストベースでブログを書くのが面白いから、取り敢えずネットとの接点はブログ中心になるでしょうけど、こういう形でのネットとの接点、というのも、ありなんだろうな、とは思ったことでした。敷居が低くなるようにいろいろ工夫が凝らされているし、SNS的に発信者として存在感を出すのでなく、受信者として存在感を出すという方向性は、今後メジャーになったりしてな。

「逆」SNSサービス「XIMA」(シマ) ってな言い方をね、最初に読んだときには意味がわかんなかったけど、さて、こういう解釈で合ってるでしょうか?

ネットの進化・変化は早いやな。3年経ったころ、どうなっているでしょうね?アルファレシーバーの存在感が増して、そーゆーインタビュー集が出ていたりとか。・・・冗談ですが。

とかいうレビューの、ピントが全然外れてたら、それは、ゴメンね。白状すると俺、RSSリーダーとかがね、よくわかってないん。今度勉強しときますぅ。

↓引用

「ザ・コンビニ」で、経営シミュレーションのゲームジャンルを確立したマスターピースがインターネットの世界をまるごとシミュレーションするサービス「XIMA」(シマ) をリリースしました! XIMAはインターネットユーザに新しい価値を提供する「逆」SNSサービスです。SNSだと知り合いとのコミュニケーションになりますが、XIMAは複数の方に向けて発信した「情報」をきっかけとして、ネットユーザ同士(登録している方・まだ登録していない方)の繋がりを促進するサービスです。 無料ブログパーツRSSリーダーとしても利用可能な不思議なサービス!XIMAの中でもマスターピース開発のゲームが数多くリリース予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

サンプルファン

大阪に10年近く暮らした経験から言うと、関西の「おばちゃん」はバーゲンとか値切るのとか大好きである。そして不思議と必ずしもケチとか節約とかとは結びついていないことが多い。つきあいとか気前はいいのである。

でも買い物における情熱の傾け方がちょーっと東京と異なるようなのだ。安く買うことに意義があるというか、相手にまけさすことに意義があるというか。自分がどれだけ「得」をしたかでなく相手がどれだけ「負」けたか、の、これは「勝負」なのかもしれないな、と思ったことでありました。

勝負事であるからには相手があり勝つための戦略があり勝ち方の美学がある。インドとか東南アジアの市場で値切る感覚にも通じるものがありますね。あれは自分が得をしようと思うと駄目です。勝とうと思わなければ。

さてサンプルファンである。一言で言うと無料サンプル が貰える情報を集めたサイトです。ご多分に漏れずコスメ・サプリ関係の無料サンプル、多いねー。こういう無料サンプルにせっせと応募するのって、やっぱふつうは男じゃなくて女なんだろうなあ。

因みに我が家の場合は、ヨメさんがとても大雑把というかとても「男らしい」性格でそーゆーコツコツ系が全然駄目であります。私自身もそーゆーのはあんまり性に会わないのだが、今回は試しにいくつか申し込んで見てます。この簡単さがいいな。

因みにモノだけじゃなくて、アンケートに答えて図書券とか、「無料サンプル」でくくれないバリエーションがあります。マメな人は結構うれしいんじゃないでしょうかね。

で、ここでいろいろ貰えたとして、「大阪のおばちゃん」は喜ぶのだろーか、ということをですね、つらつら考えてみたんですが。だってこれ勝負じゃないじゃん、とか、これはどう考えても「得」の部類だろう、とか。

で、結論は「勝った気になって喜ぶ」でした。強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

DVDバーニング

DVDバーニングのレビューである。DVD 通販の新しい形、か。データをダウンロードして、それをDVDに焼いて、それから観る。VODと似ているがDVDに一旦焼く点が違うみたいですね。使い勝手については使ったことないのでわかりません。

原則、映画は映画館で観ようよ、というポリシーの私です。家で観るとどうしても気が散る。でも見逃した映画とかでやむなくDVD買ったりとか借りたりとかいうことはある。あとどうしても手許に置いときたくて買っちゃった、っていうのも。

例えば初代バットマン。あ、初代つーても、白黒のTVシリーズでなくて、ジャック・ニコルソンが悪役やってる奴ね。大昔の話だが映画館で見逃しちまってDVD買ってしまった。バットマンは悪役が陽気で元気で主役が暗くて苦悩してるところが好きだな。弱いし。ただの人間だし。趣味で正義の味方をやっておるわけです。変人だよね。・・・そこがいいのだ。

DVDバーニングでバットマン検索したらちゃんとありました。よかったよかった。バットマン、ワーナーだもんね。しかしこれはもう持っているので今回はパスです。MACに対応していないのはちょっと悲しい。いやもちろんWINも使ってるけどさ。心意気の問題ですね。

↓引用

最新の映画 からドラマ、アニメなど多彩なジャンルの映像コンテンツを、自分でDVDへかんたん焼き込み。できあがったDVDはいつでもどこでも再生してお楽しみいただける未来型セルDVDサービス“DVD Burning”(DVDバーニング)。 料金は1作品につき500円から。DVDバーニングでしか買えない、未発売DVDも数多く取り揃えています。無料 DVDでお試しも出来ます。 カテゴリーで検索! 未発売 DVD ← (未発売DVDを一括検索!) お笑い DVD ← (よしもとDVDを一括検索!) 映画 ワーナー ← (ワーナーDVDを一括検索!) 薬師寺 DVD ← (CBCのDVDを一括検索!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧