410 商品レビュー

2011年8月 9日 (火)

【商品レビュー】MacBookAir買っちゃった!!

ってゆーか、ただの自慢なんですけど。すんません。いやー、買ってしまいました、MacBookAir、11インチ、64G、最も廉価なヤツですが。う、う、う、嬉しい。

実を言うと買ったのは日曜日だったんですけどね、初期不良で交換、実質使えるようになったのが今日だったという・・・。オレ、いっつもアップル製品では何かしらハズレを引いて、ひどい目に遭う。それでも熱心なアップルユーザー。ヨメさんはアップル信者と呼ぶ。今回は電源入れて30分しないうちにトラックパッドとキーボードが反応しなくなったという、珍しい症状でした。初期不良ということで交換してもらい、さあこれで厄は落ちたのか?軽快に動いております、MacBookAir。

ウェブを見るにはiPadが便利なんだが、キーボードを使うとなるとやっぱちょっとイラっとしますね。BlueToothキーボードも持ってますけど、繋いだりするその操作が面倒。今まではLet's Noteを使ってましたけど、ちょっと液晶の不具合とかがあって。どーせなら、あこがれのあのマシン、値段も随分やすくなったし!ってわけでヨメさんを説得、晴れてMacBookAirオーナーだぜっ!正確に言うと誕生日のプレゼントに買うてもろたんですけどね。

いやー、早いわ軽いわ美しいわ。やっぱ女房とMacは最新版に限る!あ。いや。そんな罰当たりな。

んーと、具体的なレビューは敢えて、なしね。ただの自慢なんで。お勉強忙しいし。しかしこれが8万円台かよー。すげえ時代になったなあ。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村→ポチッとクリックしていただけると大変ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

iPhone買っちゃった!

表題のとおり。iPhone買っちゃった。先日のマックピープル1月号に煽られた形です。やはりタダほど高いものはなかったのであった。

んで、昨日は午後いっぱいずーっとこれで遊んでました。おかげで本を読む時間がなくてな。メインフィールドにしている”ブロガーの本棚”の順位がランク外になってしまった。とほほ。あちら立てればこちら立たず。貴重な上にも貴重な限りある資源”時間”というものを、どう割り振っていくのか。今後の研究と決断が俟たれるところです。って他人事みたいに。

で、ですね。iPhone触っての第一印象。

1.スクリーンパネルのタッチキーボード入力は意外とストレスが少ない。あの画面サイズに大人の指だと、ミスタッチやら一本指ストレスやらで、実用上は使い物にならないのではないか、と踏んでいたんだが、そんなことないです。意外なほどサクサク入力出来ます。使いはじめなんで、触っているだけで嬉しい、ってことを差っ引いても、また、ワタシが(年齢的に)親指族でない、ってことを考慮に入れても、これは結構いいです。

2.同様に、WEBでPC用のサイトを見るのに、あの小さい画面では見づらいだろう、と思っていたのですが、これも慣れればさほど苦にはならない。ピンチイン・アウトとか画面のスクロールとかが結構スムーズなので、そこそこ快適に使い倒せます。

と、この二つは嬉しい誤算。ところが、個別のアプリやサイトとの関係では、嬉しくない誤算もあって、

3.楽天証券のiSpeed for iPhoneがどうしようもないオパカ。使い物にならん。登録銘柄の株価をを一覧で確認、必要に応じてそれをチャートで見る、っていう、携帯用のiSpeedでは当たり前に出来ていることが出来ない。つぎはぎだらけのきわめてわかりづらく使いづらい仕様になってます。くっそー。だまされた。iSpeed for iPhoneって言うからには、携帯用のiSpeedと同様の機能を持っていると思うではないですか。そう思うから、やっとdocomoに見切りを付けてiPhone買ったのに。ぐっすん。

4.オリックス証券の、携帯用に作られたサイトにつなぐことが出来ない。これもあたり前っちゃ当たり前なんですけど。オリックス証券はiPhone用のサイトを持っていないので、PC用のサイトで見るしかない。2.でそこそこ快適にとか言っといてアレですけど、携帯用に特化したサイトで操作するのと比べるとやはり操作性は落ちるな。慣れもあるんだろうけど。

ネットで調べてもiPhoneで株の取引を積極的に支援しているようなのはSBI証券くらい?結構ポピュラーなデバイスになりつつあると思うんだが、まだまだ一部マニアのもの、なんですかね?或いは、株の取引をやる層とiPhoneのユーザー層が被らない、ってことですかね?ううむ。いずれにせよ初手から結構困ったことになった。docomoの解約を延ばすか・・・。それも無駄な気がするけどなあ。

iPhone買っちゃった その2はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ  →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

花粉症

花粉症、いやだよね。私の場合はスギ花粉でなく秋の植物(特定できていません)が原因らしく、秋口~年末が地獄になります。目が痒い。くしゃみが止まらない。目の周りが赤く腫れ、カサカサになる、等々。

今年はずいぶん楽。藁をもすがる気持ちで西洋フキのエキスとゆー奴を入手し、おっかなびっくり、飲んでいるところ。これもこの前から続いているマイブームのハーブ活用の一環である。本来の好みから言うとハーブティーで飲むのが一番安心なのだが、西洋フキは行きつけのハーブ屋さんに置いてなかったんで、ネットでいろいろ調べてやっとエキス(錠剤)にたどり着いた次第。Nec_0006

例年だと10月と年末の2回、症状のピークが来る。10月が鼻炎中心、12月が眼の炎症中心。特に年末の症状はここ数年おもく、楽しかるべき正月休みが気の重いものに成り果てていたのだ。それが今年はまだ一度も眼の洗浄も点眼もせずに済んでいる。

ひとつには大阪と東京の植生の差、ということもあるのかもしれない。大阪にいたころ、近所の公園に行くと一気に症状が突発したりしていたが東京の公園でそういう突発になったことないし。でも軽度の症状は東京だろーが大阪だろーが秋の間はずーっと続いていたのである。それがこのエキスを飲み始めてから一気に軽快した。ちょっとびっくりである。

例年年が明けたあたりから快方へ向かうので、今年はこのまま再発せずにいってくれると大変有難いのだが、さて、どうでしょう?

ちょうどもうすぐ買った分が切れる。年末の運送便休止に備えて備蓄をすべきかどうか、悩ましいところなのだ。どーよ?

↓引用

【初回限定価格】西洋フキのサプリ『ペタドレックス』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

あんな雑貨こんな雑貨ま雑貨

コップ

【カラースパイス】という、アシッドカラーのキッチン用品お風呂グッズトイレ用品のレビューである。んだが、写真の色がNGです。もちろんシリーズの中に青が入っててもいいんだけど、カラースパイスという名前が表す「派手な色彩が日常をちょっと楽しくする」というコンセプトを表現しようと思ったらここはシリーズ全カラーをずらっと並べた写真を使うべきでしょう。こんなふうに。

Photo_3どーよ?ホントはもっとカラーバリエーションが欲しいところだがな。

個人的にはこーゆー派手な色彩のグッズは好きです。ネクタイとかも地味目のストライプとか小紋柄でなくプッチとかベルサーチとかの大柄のプリントが好みだし。てゆーか派手目ネクタイは私でなく私のヨメさんの趣味ですが。いつの間にか感化されて自分の趣味になってしまってるなー。

話は戻ってカラースパイス、どーよ?もっとこう、色にしろグッズの種類にしろ、これでもかっ!ってくらいいろいろないと、ちょーっとインパクトが足りないのではないかしらん?ええっ!急須と歯ブラシがショッキングピンクでお揃いでタオルと靴下がアシッドグリーンでコーディネート?みたいな。思うんだが、この辺の派手な色を使ったコーディネートの楽しさの本質は「派手な色シリーズから一色選んでその色で揃えることによる統一感」にあるのではなく、「派手な色シリーズからいろんな色を選んで、しかもそれが全体として統一感を持っている」ということにあるのではないでしょーか。だからシリーズのカラーは全体としてのトーンを崩さないように慎重に、豊富なバリエーションを持たなければならない、と。その辺の配慮が欠けているとなかなか難しいんでしょうなー。ということで今回は★1つ(何の★だ?)

↓引用

マーナ商品を専門に販売しているスマイルデスでは、マーナの新しい商品ライン「カラースパイス」シリーズの販売を開始しました! 「カラースパイス」シリーズは、壁に取り付けられる 吸盤付きコップ、受け皿つきのソープディッシュ、たっぷり600mlサイズのディスペンサー、取り付けると花びらの形の歯ブラシホルダー、シャワーホルダー差込型のランドリーフック、シンプルなデザインの「トイレブラシ」や「トイレポット」などなど10種類の商品を4つのカラーで楽しんでいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

柿渋石鹸

柿渋石鹸のレビューです。なんで柿渋?それはおいおい。柿と言えば干し柿、柿の葉寿司、柿の葉エキス、柿の葉茶、といろいろあるわけですな。この際だからネットで調べると。実が食用。これは最も身近だね。二日酔いには柿がいいと言うが、ちゃんと根拠があって、柿に含まれるタンニンがアセトアルデヒドと反応して体外排出を助けると。それから渋柿を潰した果汁を発酵させて柿渋を作りこれを塗料に。抗菌防臭、防カビ性能だそーだ。それから葉っぱが1.ビタミンCとカリウム豊富、2.弱酸性、なので、薬用、飲用、化粧水に昔から使われてきた由。そうか、一種のハーブなんか?最近ハーブづいている私としては、なんとなく納得。

で、今回の柿渋石鹸は加齢臭を消す、というのが売りです。加齢臭という言葉が市民権を得たのはここ4-5年のことですかねー。昔聞いたときには「は?カレー臭?あの、スパイシーな?」てな感じだったが今ではちゃんと「ああ、あれね」って話通じるもんね。・・・まてよ。これ一般論として通じる話だよね?考えたくもないがここ4-5年でワタクシ自身が年齢的に加齢臭に近づいたために話題として身近になったというようなことは・・・。ないない。それはない。

少なくともワタクシは(今のところ)加齢臭とは無縁であります。って、あれは自分じゃ気づかないもんなのか?じゃどうやって「ない」ことを証明するんだ?聞くのか?例えば自分のヨメさんに?おれ、加齢臭する?って?そんなかっこ悪いことできるかっ!

とひとりで興奮しててもしょうがない。とにかく加齢臭、どんな臭いかは知っている(会社のIさんとか、取引先のSさんとか、いっぱいいらっしゃいます)が、自分にはない。そこへ加齢臭対策の石鹸を使ってもしょうがないでしょう、と突っこまれれば悔しいがまったくもってそのとおりである。

でもさー、体によさそうと聞けばなんとなく試してみたくなるのは人情というものであろう。或いは一種の実験ギャグ?

因みに私は買ってはいけない (『週刊金曜日』ブックレット) を読んで以来、シャンプーは使わず、髪を洗うのも体を洗うのも顔を洗うのも全て、石鹸一本槍である。(「買ってはいけない」はいろいろ批判もあるが、少なくともシャンプー、リンス、それから化粧品関係に対する批判はそこそこ当たっているとおもう。)これを習慣にしてからもう10年以上が経つ。おかげさまで髪の毛は致命的な状態(それはどんな?)には至らず、踏みとどまっている。シャンプーを使っていたら今頃は壊滅的な状態(だからそれはどんな?)に至っていたに違いないと信じている。

で、柿渋石鹸。それまではなんというメーカーのかは忘れたが無香料・無着色・無界面活性剤のデカくてゴツい奴を使っていました。今回柿渋石鹸に替えて10日間ほど使ってみた。どうだったかというと、

1.加齢臭についてはもとからないので判断できず(しつこい?)。

2.冬場にアレルギー性のかさかさが出る、今回左目の脇に広範囲に出ていたが、これが治った。柿渋?断定は出来ないが、とりあえず今はすべすべに戻った。

3.泡立ちはもとのデカゴツ石鹸より良い、泡も細かい。

てとこでしょうか。私にとっては2.は期待していなかっただけにうれしかった。アトピーではないと思うが皮膚と目が弱いのだ。すべすべだと気分まで軽くなるかんじ。

とゆーわけで、今のところこの石鹸はワタクシ専用である。嫁さん・子供には分けたらへん。切れたら次を買うのか?小遣いを減らされた昨今、なかなか悩ましい選択だ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)