510 経済

2010年5月23日 (日)

【書評】マネーの進化史 著者:ニーアル・ファーガソン

マネーの進化史読了◎。原題は”THE ASCENT OF MONEY”。このタイトルは科学評論家ブロノフスキーの”The Ascent of Man”(人類の進化)のもじり。サブタイトルは”A FINANCIAL HISTORY OF THE WORLD”。著者はハーヴァード大学の歴史学教授。

マネー=お金、なんだけど、ここで扱っている題材はもっと広く、これ、金融システムの進化史ですね。それも、基本の基本から始める。つまり、古代メソポタミアで誕生した金貸しからスタートするわけですから。

中身はこんな感じ。例によって・・・以下はワシのメモ書き。

はじめに・・・マネーの本質とは何か?
第1章 一攫千金の夢・・・信用制度。銀行の誕生。いまのマネーは、銀行によって作られた、ある種の負債。
第2章 人間と債券(ボンド)の絆・・・債券市場。全ての市場の基礎。ロスチャイルド一族。アルゼンチンの経済史。
第3章 バブルと戯れて・・・株式市場。会社組織の誕生。ジョン・ロー。エンロン。
第4章 リスクの逆襲(リターン)・・・保険。スコティッシュ・ウィドウ。福祉。ヘッジ取引。
第5章 家ほど安全なものはない(as safe as houses)・・・不動産。住宅所有民主主義。
第6章 帝国からチャイメリカへ・・・金融市場。前回のグローバリゼーション(1914)。ジョージ・ソロス。LTCM。チャイメリカ(中国からの輸入品がアメリカのインフレを抑える、中国の貯蓄がアメリカの金利を抑える、中国の安い労働力がアメリカの賃金を抑える、だから、企業は儲かり、住宅ローン市場はだぶついた)。アメリカと中国の政治的な関係の悪化に注目すべし。
終章 マネーの系譜と退歩・・・リスクと不確実性。行動経済学的視点。産業資本主義は進化のプロセスというアナロジー。この20年=カンブリア大爆発。金融という種の起源。人間を映す鏡。

経済学がらみの本とは思えない、無味乾燥な教科書的な記述とは最も遠い、登場人物が生きて動いているかのような記述。興味深いエピソードてんこもり。著者はスコットランド人ですが、欧米の(特にイギリスの)サイエンス読本の系譜にも連なる本なんだなあ、と思いました。基本からきちんと説明する。手は抜かない。生き生きとした具体的なエピソードで語る。現在との関連性を意識する。

そして立ってるスタンスがね。各章のタイトルを見てもわかるとおり、基本から網羅的に説明しているけど、ただの通史じゃないんだよね。静的(スタティック)な歴史の記述でなく、動的(ダイナミック)な変化の模様を描き出すってゆーか。金融システムを進化論的に見てるってゆーか。視点が新鮮なんだな。

個人的には第一次グローバリズムの進展とその破綻(つまり第一次世界大戦)と、チャイメリカの今後、って視点がゾッとするほど面白かったな。果たして、人は歴史から学ぶことが出来るのか?ねえ?

それから、行動経済学。やっぱりちゃんと勉強してみようかな、って気になりました。そう、金融市場が人間を映す鏡であるならば。

読み応えのある、ええ本です。一読をお奨めします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

続きを読む "【書評】マネーの進化史 著者:ニーアル・ファーガソン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

【書評】世界金融危機 著者:金子勝(岩波ブックレットNo.740)

世界金融危機読了◎。著者が2008年7月から10月に掛けて雑誌「世界」に連載した、現在進行中の金融危機に関する解説。僅か71ページのぺらぺらな、味も素っ気もない装丁の本ですが、エッセンスが詰まってます。この薄さに価値がある。厚いと最後まで読めないもの。

図書館で借りて読んだんですが「書込みしながら再読」したくなったんでアマゾンに注文してしまいました。

内容は、現象の捉え方としては、ぐっちーさんのブログ やらをまじめに読んでいれば特段に目新しくはない。ただWeb上ではどうしても断片的な理解になりがちなんで、改めて書籍と言う形で読むことでアタマが整理された感じがGOODです。

後半、日本の政策の失敗の指摘は個人的には新鮮でした。変な話ですが。なんでか、ってーと、経済と政治を切り離して考えてしまっているんですね、たぶん。だってさー、この本読んでまず思ったのは、じゃドルは売っとこう、とか、んじゃ最長10年凌ぐ準備せにゃ、とか、で、次は何のバブル?とかであって、次の世代のために政治をなんとかしなければ、じゃなかったものなぁ。ちょっとだけ反省。ちょっとだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

ウチのエコライフって

景気が悪くなってきて、日経新聞にエコロジー関連の記事が載る頻度が減っていますね。洞爺湖サミット前後には毎日数件の記事が掲載されていたものですが、業績悪化の記事に押しのけられて、明らかに扱いが小さくなっています。紙面には限りがあるので当然の結果ではあるのだが。

皮肉なことに、景気が悪化して経済活動が停滞することで、CO2排出量等は下手な環境対策を打つよりも効果的に減っているんだよね。資源・エネルギーを出来るだけ使わないことが、なにより地球には優しいわけですからな。不況に勝る環境対策なし、か。なんとも。

一方、個人としてみても、エコロジーに配慮した活動は結果的にエコノミー(経済的な・安上がりな)なことが多いわけで。不況で経済的に余裕がなく「もったいない」から、という理由でのリサイクルなりは、結果的にエコロジーに配慮した活動になることが多いわけですね。ウチの嫁さんとかは貧乏くさいのはキライですが、エコロジーなら許せるか?

んん。言い方だけ変えても、駄目だろうな。節約じゃなくてリサイクル系で、しみったれた感じのしないもので、本人の気に入らないとねー。

因みに私自身は、節約とか我慢とかリサイクルとかですね、そういうのはわりと好きですね。結果、私がせっせと節約し、貯めて、ウチのヨメさんががんがん遣うと、そういう図式に我が家はなっています。いいのかこれで?と思わなくはないが、ま、しょうがないんでしょうな。性分だからね。

そこんとこを踏まえて、具体的に、ウチでやってるエコライフ。ってーと、歩くことですかね。前にも書いたが1時間=4.8km以内は徒歩圏内。自転車でもいいのだが、歩くほうが楽しくていい。一人で歩くときにはiPodで音楽聴いたり、英語の勉強したり出来ますからね。移動する書斎です。だから車はいらない。必要ない。興味がない。生まれてこの方、車を所有したことないです。免許は一応持っているんだけどね。これはヨメさん判定ではビンボくさくない。一緒に歩いてます。

まあ地方に住んでたら車がないと生活できない、ってとこはあるんでしょうけど、少なくとも東京の23区に住んでいる限り、車はいらん、と思います。徒歩+電車でどこへだって行けてしまう。

そういえば、書いてるうちに思い出したけど、昔は徒歩を確かに一段低いものと思っていたぞ。歩く=負けた、って感じ。何に?今となっては謎だが。

もうひとつそういえば、散歩という習慣を教えてくれたのはウチのヨメさんだな。一緒にがんがん歩くうちに歩くのが普通になっていった、っていうか。んで歩きながら会話するのがデートの基本。対面より並んでる方が会話しやすいからね。

運動にはなるし、体重は減るし、書斎にはなるし、夫婦の会話も出来る。いいことづくめですな。これにエコロジーという大義名分まで。ま、大義名分よりもね、ポイントは負けた感じを脱却することなんでしょうね。負けた感じを持ってる限り、楽しくないからね。


パソコン廃棄
エコ&節約&お片付け一石三鳥!リサイクル活用術♪- ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

アルバイトで高収入って

おせち料理を見ると思い出す、短期アルバイト の思い出。大学時代、12月の25日~31日という短期でおせち料理のバイトをやった。結構いい時給で、先輩と一緒にやれて楽なバイトだった。パーツ毎に分かれている料理を詰め合わせるというような仕事だったように思うが、内容は殆ど忘れた。

肉体労働でない・・・肉体的には疲労しない、仲の良い先輩と一緒・・・人間関係で気を使わなくていい、短期・・・手っ取り早く金になる、と、いいことづくめのバイトであった。にもかかわらず、終わるとどっと疲れた感じが残ったのを覚えている。

年末のある種浮かれた感じから隔絶されて、遊びもせず仕事するというその感じそのものに疲れたのかも知れない。確かまだ大学1年の頃で初バイトだったということもあるかもしれない。とにかくどっと疲れていた。

一週間働いてこれかよ?貰った何万だかのバイト代を手に思ったのはそのことだった。いい時給のはずだったのにね。高校のときはバイト禁止だったので、思えばあれが自分で稼いだ始めてのお金だったのだな。

今から思うと、相場、というものを知らないので、自分の手持ちの時間に無意識のうちにすごく高い値段をつけていたんだな。俺を1時間縛るんなら1万円は貰わないと、みたいな。

ごーまんとゆーか、あほとゆーか、世間知らずとゆーか。

親が仕送りしてくれるその金で生活しているので、基本的にはお金に困っていない=お金の有難味がわかってなかったんだなー、と思う。

その後、お金に困り、生活のために仕事をし、相場というものを知って、今ここにあるわけですが。

いまウチの息子(中二、高二)たちを見ていて、ああ同じだなと思う。お金に関してごーまんであほで世間知らずだ。お金の有難味をわかってない。ま、しょうがない。これは自分で働いてギャップに驚きながら学んでいくしかないんだろうなあ、と思います。やれやれ。

アルバイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

アスト覚書

今日の値動きをどう見るのか?勢いがないとみるか、良くここまで戻したと見るのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

この市場の混乱をどうやって利益に結びつけるのか、という話

金融関係の株を買う?この先もどんな爆弾が破裂するかわからない。その度に巻き込まれて乱高下されたんじゃたまりません。

じゃ、金融関係の株を売る?とはいうものの各国政府も必死な訳で、いろいろと手を打ってくる。市場にサプライズを与えるべく。売ってたらサプライズ=大損、ですからこれは毎週末心臓に悪い、と思うのです。

そんならお堅い事業会社の株を買う?この先世界経済が減速するのがみえてんのに?今割安に見えてもそれは過去の数字に基づく幻想。

では株はやめてFXか商品先物で勝負?博打としてはありなのかも。博打としてはだが。こんだけボラティリティ高いと一喜一憂しそうでんな。

思うに、アストの株を持つということは、強い博打打ちの外馬に乗るようなもんではないのかしらん。んで、ここまでの推移を見る限り、統合に伴う混乱を収拾して、安定して稼げる体制になってきたような気がします、この博打打ちは。

自社株買いはその宣言でしょう。

今後も暫くは市場の乱高下は続くでしょうけど、乱高下=ボラティリティが高ければ高いほど、プロは稼ぐチャンスが増えますから。こっから先何に投資すべきか迷っている人にとっては、アストの株はボラティリティを安定収益に変換する装置になりうると。

ま、しょせんはポジショントークですけどね。でもまだ小ポジなもんで、全然買い足りてない。そーゆー意味では一服して欲しい。まさか続けて自社株買い発表するなんて思わなかったよなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)