200レシピ

2009年12月 6日 (日)

【レシピ】超簡単!うまい!ビスケット

超簡単な、ビスケットのレシピです。ワシ、小麦粉系のデザートはあんまり好きじゃなかったんですよ。クッキーとかサブレとか、なんかこう歯とのどに詰まりそうな感じがヤだ、ってゆーか。でも、このビスケットはうまい。食べだすと止まらなくなって、翌朝腹が張って気持ち悪い、ってトコまでいってしまうほど。気をつけましょう。

んでもってすげー簡単なんです。どれくらい簡単かというと。朝メシ喰ってたらヨメさんが小麦粉でなんかやってんですよ。「それ何?」「ビスケット」「へー」という夫婦の会話があり、朝メシを喰い終わるくらいがちょうど生地を切るトコで、シャワーを浴びて出てきたら焼いてる最中で、出掛けるときには焼きあがってて、2-3個つまみ食いできてしまった、ってくらい。あ。・・・説明になってないですか?

記事を書いた後で、写真が欲しいな、と思い、今日作ってもらってケータイで写真を撮った。初の、写真入レシピです。写真の質がイマイチなのは御愛嬌。てゆーか、作るの早っ。雑っ。どんどん先に進んでいくんですぅ。・・・それでもうまい、ってことで。

<つくりかた>
材料:
A(薄力粉220g、ベーキングパウダー小匙3、グラニュー糖30g、粗塩小匙1/4)、
食塩不使用バター100g、
B(卵1個、サワークリーム40g、牛乳小匙1)
チョコチップ適当、その他なんでも適当(今回はチーズ&ふかしジャガイモ&コーン)

1.バターを大きなボウルに入れ、やわらかくしておく。後で指で崩すからね。Nec_0173

2.Bを小さなボウル(てゆーかお椀)に入れ、よく混ぜ合わせておく。Nec_0179

3.Aを1の大きなボウル(バターの塊が入れてあるやつね)に入れる。秤の上にボウルを載せたまま、量りながらどんどん足してく。こうすれば洗い物が増えないんだそうで。なるほど。

Nec_0175

4.3を、指先でバターの塊を崩すようにする。全体がサラサラになるまで。
Nec_0188

5.4に2を加え、こねる。生地がまとまってきたら具の種類に応じて生地を分け(今回は2種類)、具を入れ、こねる。
Nec_0191 Nec_0199

6.打ち粉をした台の上に生地を載せ、練っていく。麺棒で伸ばして折り返して、を2-3回。

Nec_0222

7.麺棒で厚さ1-2cmに伸ばし、適当に切る。

Nec_0207

8.オーブンシートを敷いた天板に間隔を空けて並べる。

9.180℃のオーブンで25分焼く。

今回はNec_0226具が2種類だったので、先にチョコ入りを焼き、焼きあがるのを待つ間にジャガ&チーズ&コーン入りを伸ばして切って、ってやってた。合理的だ。

Nec_0231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

【レシピ】早い・安い・うまい・健康にいい!カミナリ丼

レシピを載せるのは久しぶりだ。実は今オックスフォード・サイエンス・ガイドという本を読んでまして。これがまあ、2段組767頁という結構なボリュームの本なんですな。そうするとそうそう書評を書いてらんない。読んでも読んでも終わんないんだから!で、まあウメクサとしてですね、ウチのヨメさんからの聞き書きレシピの登場、となるわけです。今日のお題は節約料理ってことで、早い・安い・うまい・健康にいい!カミナリ丼です。

<材料>どんぶり二人前

木綿豆腐一丁、天かす大匙3、砂糖大匙1、日本酒大匙2、醤油大匙1、ご飯どんぶり2杯分

<つくりかた>

①なべに天かすを入れ、からいりする。ちょっと強めの中火。

②油が滲み出たら四角く切った豆腐を入れる。一丁を8~10等分に切る感じ。

③酒をいれ、砂糖、醤油を入れて、ざっくり混ぜ合わせる。豆腐がちょっと崩れるような。

④ご飯に乗っける。好みで七味唐辛子を振ってもおいしい。

何でカミナリ丼って言うかというと、とうふを入れたときに「ばりばりばりっ」と景気のいい音がするんですよ。その音をカミナリに見立ててあるわけです。

豆腐料理って、健康にいいんだろうけどなんか物足りない、って感じが残るでしょ?いや正直に答えていいんですよ。コクが足りないだろ、みたいな。でもね、このカミナリ丼は、大丈夫。えっ?っと驚くぐらいコクとボリュームのある丼物です。ホントです。保証します。騙されたと思って是非是非一度お試しあれ。

パートナーの上手な動かし方 - ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!

みんなの「食品の値上げ?節約料理で乗り切ろう!はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

【レシピ】森のパイ、又は、ウォールナット・レーズン・パイ

超簡単なんだけどとてもそうは見えない、そんなお菓子のレシピが欲しい、そんなあなたに。これで彼のハートもいちころ。って一体なにを煽ってんだか(笑)。

ええっと、ホントに簡単なレシピです。このブログは一応、書評中心のブログなんですが、ついでで乗せてる手抜き系レシピ(ヨメさんからの聞き書きです)のページが意外と好評なんですね。ううん。ちょっと悲しいかも。

でもま、それはそれとして、そういうニーズがあるなら、ってことで、今週は忙しくってあんまり本読めてないことだし、ネタとしてつかっちまおう、と。

今回のコレは、冷蔵庫の残り物を始末するために生まれた、ホントに簡単なレシピです。でも、おいしいよ。いやまじで。

<材料>

冷凍パイシート 1枚、

A{レーズンひとつかみ、キットカットミニ3個(ザク切り)、胡桃ひとつかみ(細かく砕く)}、

メープルシロップ大匙1、生クリーム大匙1

<作り方>

① Aをボウルに入れて、メープルシロップと生クリームで和える。パイシートの真ん中に置く。四隅を中心に向かって折り、覆う。オーブンで200度で25分焼く。

あ。もう終わってしまった。果たしてこれをレシピと呼んでいいものかどうか。ね、ホントに簡単でしょ?ポイントはキットカットかな。知らずに食べるとね、入っているとはまず気づかない。ドラッグストアとかで売ってる袋入りの小さなヤツ3つね。

なんかいい名前ないすかね?何たらかんたら風、みたいな。おもいっきり長ったらしい勿体をつけた名前にした方が中身とギャップがあって面白いと思うんですけど。それをバラすかどうかは、ま、相手との関係次第ということで。お菓子作りの名人を装うのもよし。実は・・・と告白してウケを狙うもよし。これで彼のハートはあなたのもの。って同じネタだ(笑)。

ソレ、捨てるの待った!上手にやりくり残りものレシピ♪ - ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!
サービス満載!
参考にしたいレシピが見つかるかも!?
click
→やりくり上手の強い味方!役立つ情報を紹介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

【レシピ】マーラーカオ(馬拉糕)

ええっと。習慣というのは恐ろしいもので。ウチでは夕食後にデザートを食べます。それはロールケーキだったりシュークリームだったりアイスクリームだったりドーナッツだったりクッキーだったり羊羹だったり大福だったり白玉だったりゼリーだったり、します。夕食に何を食べても、どんだけたくさん食べても、デザートは必ず食べる。所謂別腹とゆーヤツですなあ。

デザートって西洋料理にはあるけど、普通、家庭料理ではそういう習慣はないよね?ウチのヨメさんは料理好きなんで、むかし、作ったものを食べるところからスタートしたように思うが、今では私も息子達も、食後になにか甘いものを食べないと物足りない、と感じるようになってしまった。ヨメさんが作ったりヨメさんが買ってきたり、します。

マーラーカオはうちのデザートの定番です。漢字で馬拉糕。マレー風蒸しパン。なんで定番かというと、簡単だから。

<材料> 直径18X高さ5cmのセルクル1台分

A:薄力粉100g、ベーキングパウダー小さじ2、重曹小さじ1/4、

食塩不使用バター40g、卵2個、

B:グラニュー糖100g、はちみつ大さじ1、

牛乳1/4カップ

<つくりかた>

下準備Aをふるい合わせる。卵を室温に戻す。敷き紙を5cmの帯状に切りセルクルの内側に貼る。中華せいろを火にかける。

生地を作る耐熱容器にバターを入れ、ラップをかけて電子レンジで溶かす(1分30秒)。割りほぐした卵にBを加え、グラニュー糖が解けて白っぽくなるまで泡だて器で混ぜる。これに牛乳と溶かしたバターを加えて混ぜ、Aを加えてゴムべらで切るように良く混ぜる。

蒸す蒸気の上がった中華せいろに固く絞った濡れ布巾を敷き、セルクルを乗せて生地を入れる。蓋をし、中火で25分蒸す。

と、まあ、こんな感じ。熱々でもおいしいし、冷ましてもおいしい。私は冷ましたヤツにメープルシロップをだぼだぼにかけて食べるのが好きです。んん。体が甘いものを求めているぅ。

click★人気ブログ集まれ!『ログスターバズ』
健康的で簡タン・楽チン♪
今年大流行!蒸し料理をマスター★
☆増毛を体験しよう!
髪のこと、悩んでいませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

【レシピ】鳥皮の煮凝り

おせち料理って、年に1回しか食べませんね?

だから有難味が増すのかなあ。ウチのおせちは基本ウチのヨメさんの手作りですが、私が最も好物なのは鳥皮の煮凝りです。ホントは毎週でもいいくらいなんだが、なんせホラ、おせちなんで、一年に一回しか食べられない。なんかこう、もったいないというか。もどかしいというか。くやしいというか。

他の人気メニューは牛タンの塩蒸し(「一年滑舌よく過ごせるように」)、鴨のロースト(「労すといいことあるかも」)、牡蠣のオイル漬け(「おお、いいスターに油が乗った一年でありますように」)などなど。やっぱおせちは駄洒落が入ってないと。

因みに鳥皮の煮凝りは、「今年は二個合理的に取り交わして」或いは「ゼラチンでプルプルな一年」だから。なんだそれ?うーむ。苦しい。もっといい語呂合わせがあったら一報ください。

<材料>

鳥皮三枚から四枚、だし汁(大阪にいるときはイカリ(という高級食材スーパーがある)の旨だしを使っていました、一袋300cc?)

<つくりかた>

1.皮を千切りにして(これがけっこう大変、鳥皮は滑って切れないからね)、油をひかないフライパンに入れ中火で乾煎りする。鳥皮がちりちりになったらざるにあける。(残った油は取って置くと何にでも使える。)

2.鳥皮をキッチンペーバーでよく拭いて、だし300ccに入れて、沸騰したら中火で10分煮込む。

3.バウンドケーキの型(金属製)に入れ、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

4.一晩で固まるので、スプーンで適当にしゃくって盛り付ける。

簡単で安あがりなわりに美味しいです。上品で。難点は鳥皮を売ってる店が限られる点ですかね。次に食べるのは来年の正月か。あ、ヨソのご家庭の方はですね、そういう縛りはないと思うんで、明日にでも作って食べてみても可ですね。

「美味しい!」と褒められる★絶品おせち料理レシピ大募集!- ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!
★食品のことならこちら!
豊富なグルメ情報が満載!click
→ネットショップなら24時間注文可能で自宅に発送!
バイト 長崎 click
→年始年末を楽しく過ごす前に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

【レシピ】牡蠣のオイル漬け

ウチのヨメさんのとっておきの一品である。美味しいです。生牡蠣が苦手な人も調理した牡蠣が駄目な人も、これなら食べられる、かも知れない。

<材料>

牡蠣500g、オイスターソース大匙2、月桂樹の葉2枚、赤唐辛子1本、サラダ油

<つくりかた>

1.牡蠣は塩水で洗って水気をよく切る。

2.厚手の平鍋を十分に熱し牡蠣をからいりする。色が変わり始めたらオイスターソースを廻しかけ弱火にして蓋をしてじっくりと蒸し煮にする。

3.完全に汁気がなくなったら鍋をゆすりながら水分を蒸発させる。

4.バットに並べて冷まし、冷めたらタッパーに入れ、かぶる位までサラダオイルを注ぎ、月桂樹の葉と赤唐辛子を加えて一日置く。(サラダ油はお好みでオリーブオイルや胡麻油を使っても。)

5.しらがねぎを添えてレモンをかけていただく。

と、まあ、こんな感じです。美味しいです。冷蔵で一週間はもつ。

ウチではおせち料理にもこれ、入ってます。ウチの上の息子(高2)は牡蠣は基本的には好きでないのだが(生は気持ち悪い、加熱は臭いがきつい)、このオイル漬けは好物です。お勧めです。ぜひおためしあれ。因みにお取り寄せはワールドシー。

伊勢海老・牡蠣・あわびのお取り寄せワールドシー

| | コメント (0) | トラックバック (0)