100書評

2012年10月 8日 (月)

気がついたら読んでいた本その2

早ええよ。もう10月だよ。びっくりだ。

8月のお盆頃に改善多項制について悩んでブログ上で色々教わってた、あれからもう2ヶ月も経つの?そんな馬鹿な。
この2ヶ月、勉強したか?そしてそれは身についたか?地道に条文素読と過去問やってるんですけれども。

どうなんだろう。なんだか自信がないなー。

とか考えてても仕方ないね。

ってわけで気分転換に、気がついたら読んでいた本その2ってことで。因みにこの読んで「いた」ってのは完了だけではなく進行形を含みます。

会計リテラシーが仕事も人生も変える! 久保憂希也 ◯
イメージでモノにする!英語基本動詞ドリル30 森本俊・細井京子 ◯
最終講義 内田樹 ◎
スケッチは3分 山田雅夫 △
一生モノの英文法 澤井康佑 X
知財戦争 三宅伸吾 X
1分スケッチ! 山田雅夫 △
新・特許戦略ハンドブック 鮫島正洋 途中
知的財産会計 広瀬義州 途中
知財信託の基本と仕組みがよーく分かる本 渡辺宏之 途中
黒船特許の正体 松倉秀美 X
なぜ日本経済は世界最強といわれるのか ぐっちーさん ◎
人生がガラリ変わる!美しい文字を書く技術 猪塚恵美子 ◯
TPP知財戦争の始まり 渡辺惣樹 △
テルマエ・ロマエⅤ ヤマザキマリ ◯

へえ。結構読んでんな。ってか、いいのか?これでいいのか?随分偏ってますが。
そう意外なことに小説の類を一冊も読んでないんだなー。(いやそこじゃなくて!)ああーそう思ったらなんだか無性に読みたくなってきた。これはヤバイ。(いやだから!)

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

気がついたら読んでいた本

書評を書くとなるとそれなりにチカラが入ってしまって、どうしても時間が掛かる。それは受験生にとっては死の罠、なので、試験直前期、読んだけど書評に至ってない本、というのが、何冊かある。(ってゆーか、読むなよ直前期にな)結局書評者としてのアイデンティティをとるか、受験生としてのアイデンティティをとるか、迷った末、受験生としてのアイデンティティを取ってしまった、ってことなんですねえ。

しかしやはり読み手としての責任ってものがありますから、一応ここにリストアップして置くことにする。・・・そーか、ネタが無いときに思い出して書けばいいのか。よしよし。(って、覚えていればな。今回リストアップしてて思ったが、読んだら書いておかないと、感想ってすぐ忘れるのな。あんだけ感動したのに!→極北。やっぱ読んだら書く、これ基本な。)

関西赤貧古本道      山本善行
極北           マーセル・セロー
宇宙の果てのレストラン  ダグラス・アダムス
デカルトの誤り      アントニオ・R・ダマシオ
経済予測脳で人生が変わる 中原圭介
私の資産告白       本多静六

試験直前期でも1冊/月は読んでた訳か。ってゆーかもっと読んだ気がするが、すでに思い出すことすら出来てない気が。←記憶力やばいな。そら短答落ちるわな。

え、もう時間オーバー?ではでは。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

100書評

この記事はカテゴリ説明の記事です。大カテゴリ「100書評」の下位カテゴリは110小説、120エッセイ、130マンガ、140新書、150ノンフィクション、160学術書、170ビジネス本、180詩歌、190雑誌、です。左サイドバーにあります。どれかクリックしてみてください。

カテゴリが階層付け出来ればいいんだけど、ココログの仕様ではそれは無理なんです。ごめんなさいね。

ついでにこのブログに於ける書評についての考え方を少し書いておきます。(同じ文章をプロフィールにも入れてあります。)

書評は読む楽しみを奪うものであってはイケナイ、これが基本です。特に小説、中でもミステリでは、ストーリーを追う楽しみがメインなわけですから、あらすじと称して話を全部バラしてしまうようなのは論外です。あらすじは3行、ホンの冒頭部分だけ、続きを読みたくなるように、ってのが理想。感想も、分析とかはうっとおしい。自分が何を感じたか、エッセンスを簡潔に短く、ってのがポリシー。ただ、世の書評サイトに乗っけて貰おうと思うとある程度の長さがなきゃいけない。600-800字程度ってのが目安かな。これ以上長いとワタシは読む気をなくすね。

学術書とかだと、要約を中心にします。このブログはもともとは個人的な読書備忘録としてスタートしてまして、こういうことが書いてあった、っていう記録が残ってるのが大事なわけです。

評価は◎、○、△、Xの4段階評価。でも実を言うとXというのはまだつけたことがないので(2009年8月28日現在)、実質3段階評価ですね。それぞれの意味するところは、

◎=すっごく面白かった、将来再読するだろう、手許に置いておきたい本だ。

○=まあ面白かった、さて読み終わったのだから図書館に返そう(例えですよ)。

△=ん?ちょっと問題ありだな。ワタシのテイストではない。人にはあまり奨めない。

って感じですかね。あまり細かく点数をつけるのもねえ。本人の体調とかにも左右されるでしょうから、おおざっぱな感じがわかりゃいいんだよね。

ってことでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)