« 特許権の消尽と改善多項制(つづき) | トップページ | 気がついたら読んでいた本その2 »

2012年8月13日 (月)

人間界に夏休みがあるならば、ブログ界にも夏休みはある、しかし・・・

ケータイでご覧になってる方には、なんのこっちゃ、なんですけど、PC版でこのブログを見ると、ページ右のサイドバーには、カレンダー、最近の記事、に続いて訪問者数のカウンタがついていますね。iPad(縦)で見るとちょうど右まんなかあたり。ね?先日気がついたらそれが77733、とかだったわけです。おお、こりゃもうすぐ77777人じゃないか、いやめでたいめでたい(って何がだろ?)、とか思っていたのですが、今日気がついたら77952,通りすぎてやんの。

まあこれは通過点に過ぎませんから。ってそれはそのとおり。

消尽論と改善多項制の話題で、たくさんコメントを戴き、アクセスも増え、ピーク時は一日200名を超える訪問者があったのですが、ここ数日アクセス急降下。昨日なんて40数名。それも昔書いた書評関連のアクセス中心。

なんというか、ネット世界も全体的に夏休み、なんだなあ、と思ったことであります。そりゃまあ、サマーバケーション、どっか遊びにいくわな。そしたらネットなんて見るひまないし、ましてカキコなんてしないよねえ。

しかし!人間界は夏休みでも、ブログ界はサマーバケーションでも、受験生には、そんなものはない!ないんだあ!!

ってわけで、下の息子(高3)は今もせっせと(自宅で)お勉強してます。暑いのによくやるな。偉いぞ。ってそれはオレもか。

夏休み、おウチでお勉強。疲れたら読書。これはこれで、なんだか幸せですなあ。一週間もあるからね。アマゾンでどさっと注文してしまったぜ。殆どが知財関係の読み物ってのが、ちょっとマニアック過ぎて悲しいか。

さて、改善多項制。ワタシ的には論点は整理できた、気がしてます。これはねえ、意外と根の深い問題でしたな。あまりに基本的根本的なことであるが故に逆に盲点になっているってかんじ。歴史的経緯(一発明一出願から多項制へ)も絡む。試験に受かったら、判例を丁寧にチェックしてみたいと思います。直感だが裁判官の中にもここの理解がヤバい人がきっといる。

以下、最近のコメントをコピペしておきます。このコメントの元となったコメントへのリンクはこちら。そもそもの発端となった改善多項制の記事へのリンクはこちら
-------------------------------------------------------------------------------
さて次の話題です。特許権は、特許(という行政処分)ごとに発生します(66条)が、特許権が、特許(という行政処分をされた客体)ごとに存在しているのか、請求項ごとに存在しているのか、意見が分かれている、のですよね?

ワタシ、最初一企業内弁理士様の言わんとすることがよく分からなかったのですが、読み返すうちに漸く、理解できました。なるほど!おもしろいおもしろい。これはアタマの中の理解のレベルが一段階上がった感じがします。

つまりこれは、特許権とは具体的に何なのか、というイメージの問題なのだと思います。さて、ここからしばらく、用語は法律を離れ、文学的になること をお許し下さい。(いやホントは法律用語で書かなきゃいけない、書きたいんですけど、そのチカラがワタシにはまだない、たぶん。)

確かにワタシは特許権の行使、という言葉を使うときに、抽象的な意味で使っていました。一企業内弁理士様がいいたいのは、その特許権の行使とは、抽 象的なもんぢゃなく、具体的に「請求項1のこの物を実施(例えば生産)しとるやろ(だから差し止めるぞ)」と「言う」こと、だろ?ということですね?

そう理解すると、特許「権」が(つまり権利が)、具体的に「請求項」の「形をしている」のが、くっきり見えるような気がします。なるほど。特許権は確かに請求項の形をしている。逆に言えば、そのように具体的な形をしていないと、この権利は使いようがないのだな。

そこで翻って考えてみると、ワタシのイメージは、特許(査定という行政処分)によって、請求項の数だけの「権利の形」を持つ特許権が(ひとつ)成立する、とい うもの。発明は技術的思想の創作ですから、その中心にあるのは、発明された物(ブツ)でなく、思想ですよね。それを権利行使の際、外縁がはっきりするよう にブツやら方法やらに具体的に落としこんだもの、これが請求項というものであると。

だから、請求項ごとに特許権がある、ように見えるのですが、それらは根っこの部分の「思想」は同じなのです(単一性の要件)。と思っている。

ワタクシ思いますに、この部分を、あたかも各請求項ごとに特許権がある、というふうに思ってしまうと、BBS判決を読み誤る、のではないか、と。

適法に譲渡したってことは、その色々な形を取りうる思想を、ある具体的な形に落としこんで、その対価を得たわけでしょう。だからその時点で(その製品に係る)その思想 の賞味期限は切れたんだよね。その上再度権利行使して二重利得を得ることは許されないよっと。BBS判決が言っているのは、ただそれだけのような気がする んですけど。

>消尽するか否かは、特許権者が二重に利益を得るか否か(以下、二重利得論といいます)で判断するのが、通説

なぜこの読み方になるのかが、どうも分からないのです。(因みに判例百選は所持しております、BBS判決は傍論部分は流してあって、あまり役には立ちません、Webの判決文コピペが一番と思いました。)

------------------------------------------------------------------------
コメント投稿時、説明不十分だった部分に、かっこ書きで補足を数ヶ所入れてあります。さてこれで一気に見通しがよくなった、気がしていますが、さて?

あくまで一受験生の考えた悩み多き議論ではありますが、これはこれで興味深い視点ではないかと。議論の内容、展開、等に関するツッコミ、等々ありましたらご指導ご鞭撻、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

|

« 特許権の消尽と改善多項制(つづき) | トップページ | 気がついたら読んでいた本その2 »

310 ブログ運営」カテゴリの記事

720 弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

toppo さんが辿り着いた結論を纏めると以下のようになるでしょうか。私も、ほとんどtoppo さんと同じ考えです。

ただ、以前のコメントにも書きましたが、特許権が「請求項ごと」であるのか「一体不可分」であるのかについては、現在、大きく揺れ動いている過渡期に入っているのではないかと思っています。

------------------------------

・特許権は、請求項という具体的な形をしていないと、使いようがない。

・特許(査定という行政処分)によって、請求項の数だけの「権利の形」を持つ特許権が(ひとつ)成立する。

・発明は技術的思想の創作であるから、その中心にあるのは、発明された物(ブツ)でなく、思想であり、それを権利行使の際に外縁がはっきりするようにブツやら方法やらに具体的に落としこんだもの、これが請求項というもの。

・だから、請求項ごとに特許権がある、ように見えるが、それらは根っこの部分の「思想」は同じ(単一性の要件)。

・この部分を、あたかも各請求項ごとに特許権がある、というふうに思ってしまうと、BBS判決を読み誤る。

・適法に譲渡したということは、その色々な形を取りうる思想を、ある具体的な形に落としこんで、その対価を得たということになる。

・だから、その時点で(その製品に係る)その思想の賞味期限は切れており、その上再度権利行使して二重利得を得ることは許されない、BBS判決が言っているのは、ただそれだけ。

投稿: 中堅実務者 | 2012年8月13日 (月) 14時06分

中堅実務者様。コメントありがとうございます。心から感謝いたします。

ずばりポイントを纏めて戴き、お陰様で余計なモノが剥落し、とても理解しやすくなりました。そればかりでなく、ここに至るまでの過程において、随所で流れを整理され、とても上手に導いて戴いた、と認識しております。

ホントにありがとうございます。

また、「過渡期なのでは」とのご指摘、実務をなさっている方ならではの含みのある重い提起と受け止め、まずは無事に試験に通ることを念頭に、真面目に精進しようと決意を新たに致しました。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

投稿: toppo | 2012年8月14日 (火) 11時58分

たいへんユニークで示唆に富む内容を拝見し、特許業界・知的財産業界情報トップス(http://iptops.com/)にリンクを追加させていただきました。なお、特許業界・知的財産業界情報トップスをリンク集などに加えていただくようなことがございましたら幸いでございます。今後もよろしくお願い申し上げます。

投稿: 特許業界・知的財産業界情報トップス | 2012年9月 1日 (土) 00時53分

特許業界・知的財産業界情報トップス様。
コメントありがとうございます。
リンクを張らせて戴きました。
よろしくお願いしますぅ。

投稿: toppo | 2012年9月 4日 (火) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間界に夏休みがあるならば、ブログ界にも夏休みはある、しかし・・・:

« 特許権の消尽と改善多項制(つづき) | トップページ | 気がついたら読んでいた本その2 »