« 【疑問】今更ながら消尽論、発明の単一性、ってアンタ | トップページ | 答えは、自分で、なんとか、しろ、と! »

2012年7月22日 (日)

【疑問】改善多項制って

先日の疑問が未だ解けず、モヤモヤしております。
コメント欄にリンクを貼って置きます)
あれから色々と考えたのですが、これは消尽論の問題というよりは、改善多項制の問題なのではないかと。

つまり私が(受験生として)わかっていないのは、改善多項制における特許権の効力(及びその根拠)、とでもいうべきことなのだと思います。即ち請求項 1,2,3からなる特許権(特許12345号とします)が存在するとして、適法に販売された「請求項1に係る物」で購入者が「請求項2に係る物」を生産し た場合、それが特許権侵害になるのか、ということです。

それを別の面からいうと、特許権の行使の際に、「特許12345号により」権利行使する、のか、「特許12345号請求項2により」権利行使する、のか、実際はどっちなのだろうか、ということかと思うのですが。

んで、これは、たぶん実務をやってらっしゃる方にとっては自明のことなんですよね?そうかぁ。そうするとやっぱ**さんの解釈(権利侵害になる)が正しいのか・・・?ショック。

でもなー。だったらわざわざ「一の請求項に係る発明と他の請求項に係る発明とが同一である記載となることを妨げない」(36条5項)って書くか?夫々が別個の権利になりうるのに?ワタシ、5項の但し書きは「どーせひとつの権利なのだから」と読んでましたよ。

ああもう。まさかここで悩むなんてねえ。日暮れて道遠しですなあ・・・(涙)。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

|

« 【疑問】今更ながら消尽論、発明の単一性、ってアンタ | トップページ | 答えは、自分で、なんとか、しろ、と! »

720 弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【疑問】改善多項制って:

« 【疑問】今更ながら消尽論、発明の単一性、ってアンタ | トップページ | 答えは、自分で、なんとか、しろ、と! »