« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

【書評】これが見納め―― 絶滅危惧の生きものたち、最後の光景 著者:ダグラス・アダムス、マーク・カーワディン

これが見納め読了◎。副題は「絶滅危惧の生きものたち、最後の光景」。イギリスのSF作家ダグラス・アダムスが、地球上の絶滅危惧の生きものたちに出会う旅に出た、その旅行記。彼らが棲むのは辺鄙な辺鄙なところ。(なぜかと言うに、人間の近くに棲んでいた連中は既に絶滅してしまったから。)飛行機を乗り継ぎ、若しくは無人島にわたり、或いはサバンナを歩いて、それともジャングルの中で野宿して。ひとめその姿を見るために、ただそのために。

相棒は動物学者のマーク・カーワディン。デコボココンビ二人の現地人との抱腹絶倒のやりとりあり、文明と進化についてのピリッとした考察あり、そして「彼ら」に対する深い愛情に満ちた描写あり。面白くほろ苦くそして魂を揺さぶられる一冊。是非是非一読をお薦めします。

イギリス人らしい、皮肉で内向的でユーモアに富んだ文章がとても良い。扱っているテーマは実はシリアスで重たい、んだけど、敢えてそれを感じさせない文章だよね。文章の波長が相性ピッタンコだなあ。

そうなのよ。ダグラス・アダムス、読んでなかった。SF者としてはこれはきっと大ポカ。ナンセンス・フェチとしても。とゆーわけで銀河ヒッチハイク・ガイドをアマゾンで注文(いつ読むんだいったい?)。ついでにAmazon.comでは原書をダウンロード(だからいつ読むんだよ?)。

えーと、せっせと四法対照に書き込みながら、息抜きに読むくらいは許されるのではないかと・・・。なんだかんだでもう2011年も終わり。短答まであと半年弱。早えなー。

なんだか纏まりがなくってすんません。朝から短答漬けで脳みそが働かん(ほんとにか?)。えーと、それではみなさま、良いお年をお迎え下さい〜。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村→ポチッとクリックしていただけると大変有り難いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

【書評】おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2 著者:村上春樹

おおきなかぶ、むずかしいアボカド読了○。雑誌「アンアン」に連載中のエッセイ、村上ラヂオを一年分まとめたもの。

いつものノリの、肩の凝らない軽いエッセイ。アンアンだしね。楽しく読ませていただきました。変わってないよねー。この人の正直で真面目なんだけどユーモラスな感じが好きだなー。こんな風に生きていきたいと思います。うん。

いつだったか、たしか「卵と壁」のスピーチの時かな、動画を見て、いきなり顔がおじさん化してたんでびっくりしたことがあったが、この本読むと中身は変わってないんだな、と安心する。昔からの読者の人はきっとこの感じ、わかるんでないかなー。

逆にあとがきで挿絵家が舞台裏の話をしたり、お礼を読者にでなく村上春樹にしている図ってのは、なんだか違和感があるんですけど。村上春樹が世の中に認められていくのは一ファンとして純粋に嬉しいんだけど、それがこういう「偉くなったのに書いてもらえて光栄です」的な扱いをされているのを見ると、それはちょっと違うだろ、って思う。本人もそんなん鬱陶しいだけなんではないかしらん?せっかく本人がおんなじようにやってんのに、回りがぎくしゃくしてちゃあ興が醒めるってぇもんだよ。

顔がおじさん化してても、中身は変わらない、こともある。前回の話題、変わらない内面の話にも繋がりますが。というわけで、アンケートを取ってみることにした。そういえばココログのツールにそういうのがあった気がするが、だめだ。見つけられないな。ってわけでいまwebを検索したら、アンケート作成ツールがあったので試してみることにする。

アンケートを行うにはここをクリック

質問はひとうだけ。自分の内面を覗いてみて変わったと思うかどうか、だけ。
これに何の意味があるのか。意味はない。でも回答がある程度溜まったら発表してみることにします。思いつきでなんでもやれるのがネットのいいとこだな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村→ポチッとクリックしていただけると大変ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

久しぶりに会う友達に会って思うこと

週末、ちょっと帰省してました。会社は有給とって、一泊二日で。両親とも実家(熊本です。あ、くまモンがゆるキャラグランプリだそうで。おめでとうございます。)でまだ存命しているので、年に一回は顔を見に(或いは見せに)帰省するってのが、子供としての最低限の義務かな、って思うので(我ながらハードル低っ!)。

んで、夜は、小学校のときからの友達と飲んで、アホな話をして、帰って来る。これが年末恒例の行事となっております。今回は私を入れて三人で。獣医と外科医と弁理士(予定)。自分の知らん業界の話は面白いねえ。知ってた?太ってる人を手術すると脂肪が邪魔で邪魔で、思わず看護婦が罵るのを聞きつつ執刀する(「このデ*め!」)ことになるんだって。だから今度、保険の点数に脂肪加算が導入されるとか(もちろんウソだが)。

んで、二人に、自分の内面て自分にしか分かんないでしょ?自分の内面を覗いて見ると、10代のころとちっとも変わってないんで、驚くんだよね(普段からね)。って話をしたらば、後の二人からは、「そりゃそうだオレもだ」「当然だ」みたいな反応が返って来てほっとすると言うか嬉しいと言うかそんな気持ちがしたんだが。

実は「自分の内面云々」の話をして、そういう反応が返ってことは滅多にないんだよね。普通は「いやいやそんなことは」とか「またまたあ」みたいな話になるんだよ。本気にしてもらえない。で、ええーっ、成長してないの、オレだけ?って不安になってたのですが、今回、同意してもらって超安心した。

さて、ここで考えたわけですよ。たまたまこの三人は40過ぎても10代のころから内面がちっとも変わってないのか。それとも40過ぎても10代の頃と内面がちっとも変わんないような三人であるがゆえにこの三人は10代の頃に知り合っているのか。偶然か必然か。

だいたい、内面が変わった、変わるものである、変わるべきである、ってヤツの話を聞くと、それって社会的な役割とセルフイメージが一体化しているだけじゃん。ってのが多いんだよな。私は部長である、私は医者である、私は父親である、みたいなね。「役割」と「私」は別だよ、って思うけど、もう一体化しちゃってるから会話も咬み合わない。

逆に言うと一体化してない(出来ない)オレらみたいな人種は、ちょっとした違和感を常に抱きつつ、社会で「役割」を演じてるんだよな。うん。そういう意味ではオレ、昔よりウマく演じる自信は、あるな。

必然だよなあ。どう見ても。こういう友達は大事にしなきゃね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村→ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »