« 【知財トンデモ話】商標法上の登録異議の申立て | トップページ | 【書評】ハーモニー 著者:伊藤計劃 »

2011年11月 6日 (日)

【疑問?】不正競争防止法の2条1項13号の品質誤認て?

たまには勉強ネタを(笑)。
不正競争防止法を勉強してて湧いてきた疑問です。まあ試験とはあんまり関係ないな、どっちかというと実務的なことなんですが。
分かりやすくするために、商標「ぶどう」指定商品「パン」で商標登録出願し、拒絶された、としましょう。4条1項16号の説明で必ず出てくる例ですな。

さて、商標法4条1項16号違反として拒絶された商標を、登録なきまま使用することは、商標法上は問題ない。(問題ないよね?)
しかし(問題になるとすれば)不競法2条1項13号で問題となる。(問題となるよね?)
ところが不競法の実効を担う部分である差止請求権(不競法3条)等は、主体的要件として「営業上の利益を侵害され又は侵害されるおそれのある者」と規定する。
では、商標「ぶどう」を指定商品「パン」で使用する行為により、営業上の利益を侵害され又は侵害されるおそれのある者とは、誰か。

なんで、これが疑問になるのかというと、4条1項16号って公益保護のための規定、でしょ?営業上の利益を侵害され又は侵害されるおそれのある者、っていう主体的要件と相性が悪い気がするんだよな。だから、商標「ぶどう」を指定商品「パン」で使用する行為により、営業上の利益を侵害され又は侵害されるおそれのある者、なんて居るの?って思っちゃう、っていう、そういうこと。

これが原産地表示とか原料とかならまだ分かる気がするんだが。そんときの根拠というか考え方はパリ10条の「日本産のチーズをオランダ産と偽ってアメリカで販売」した場合の「オランダのチーズ業者」と「アメリカのチーズ業者」ってことで、するっと頭に入る。

でもこれを「ぶどう」「パン」に応用していいものか。ちょっと迷うな。ぶどう屋さんとパン屋さんは、商標「ぶどう」を付した商品「パン」が販売されたことにより、営業上の利益を侵害されたのか?(又は侵害されるおそれがあるのか?)ちょっと違う気がしてしょうがないんだが。

これ結局、商標法4条1項16号でいう品質誤認と不競法2条1項13号でいう品質誤認の、指してる内容が違うってことだよな。そうそう4条1項16号の品質誤認のトコでクドいほど注意されたけど、4条1項16号でいう品質は「特性」であって「優劣」を含まない、もんね。

或いは、商標法が直接的に公益保護のための規定も持つのに対し、不競法はあくまで私益調整のための規定(いや解説本読むと公益っぽいことも書いているがそれはあくまで私益調整の結果でね)、その差が出た、っていうことかね。そういえば商標法は「あわせて需要者の利益を保護することを目的とする(1条)」って書くけど、不競法にはこれに該当する文言はないもんな。

って、ことは、だ。商標法4条1項16号に該当するとして拒絶された商標で、且つ、その品質の指す内容が産地・原材料・品質等でなく、あくまで「特性」である場合、実務上は問題にはならないんではないか、って気がしてしょうがない。つまり誰が訴えんねん?って話。(逆に言うと、試験対策としては、ぶどう屋さんとパン屋さんで納得しておこうと思ってる。間違ってる?)

法学書院の「不正競争防止法」(著者:青山紘一)の該当箇所の事例を見てみても、ぴったり来るような例は載ってないよなー。

どなたか、ご存知の方、或いはこの辺のモヤモヤについてあるあるあるって方、いらっしゃいましたら、ご教授又はご一報願えれば幸いですぅ。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村←ポチッとクリックしていただけると大変ありがたいです。

|

« 【知財トンデモ話】商標法上の登録異議の申立て | トップページ | 【書評】ハーモニー 著者:伊藤計劃 »

720 弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

不競法2条1項13号に違反する表示は、需要者を錯誤させた結果、競合者の利益を損ねる。かたや、商標法4条1項16号は、需要者を錯誤させる。
したがって、商標標示に限定すれば、不競法2条1項13号違反は、必ず商標法の「誤認混同」にあたると思います。でも、逆は必ずしも成り立ちません。

投稿: TARO | 2013年1月18日 (金) 05時18分

TARO様。
コメントありがとうございます。心から感謝します。

なるほど。
そもそも商標法4条1項16号違反であっても不競法2条1項13号違反とは限らないわけですよね。わかっているはずなのに自家撞着的な議論にハマっていました。明快で簡潔なご指摘有難うございました。
今後ともご指導ご鞭撻、よろしくお願い致します。

投稿: toppo | 2013年1月19日 (土) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【疑問?】不正競争防止法の2条1項13号の品質誤認て?:

« 【知財トンデモ話】商標法上の登録異議の申立て | トップページ | 【書評】ハーモニー 著者:伊藤計劃 »