« 【疑問?】不正競争防止法の2条1項13号の品質誤認て? | トップページ | 久しぶりに会う友達に会って思うこと »

2011年11月20日 (日)

【書評】ハーモニー 著者:伊藤計劃

ハーモニー読了◎。21世紀前半、北米の内乱に端を発した戦争は世界中に伝播し、使用された兵器の影響による新しい疫病が世界を覆った。<大災禍(ザ・メイルストロム)>と呼ばれるこの時代を経て、21世紀後半の地球上では権力としての国家は消滅し、代わって生府(ヴァイガメント)による統治が行われている。人を、公共のための貴重なリソースとして大切にする、共感と思いやりに満ちた社会。人々はナノマシンWatchMeを体内にインストールして医療サーバの管理下にあり、病気や痛みとは無縁だ。

おとなになること=WatchMeを体内にインストールすること=医療サーバの管理下に入ること。そして、おとなになること=おもいやりに満ちた人間になること=お互いがお互いを慈しみ支え合うこと。

そんな、清潔で調和のとれた社会に違和感を抱き、女子高生御冷ミァハ、零下堂キアン、霧慧トァンの3人は拒食による自殺を企てる・・・。

ああ。読み終わってしまった。いい。いいなあ。勿体無いので、惜しみ惜しみ読みました。伊藤計劃さんの本、2冊目ってことで。「虐殺器官」と地続きの、「虐殺器官」後の世界。ざっと数十年後の。それで、いきなり「女子高生」ですぜ?凄えな。

深く考えさせられる本でもありました、ワシにとっては。実はいろいろ言いたいことはあるのだが、ネタバレになるからなあ。でもこのブログに書くのはちょっと違う気がするな。ってわけで、考察については又の機会に。

とにかくSFとして、小説として、とても面白く、せつなく、且つ考えさせられる本です。日本SFの底ヂカラだなあ。日本でなければ書けない。SFでなければ書けない。伊藤計劃さんでなければ書けなかった。ああ。ぜひぜひ一読をお薦めします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村→ポチッとクリックしていただけると大変ありがたいです。

|

« 【疑問?】不正競争防止法の2条1項13号の品質誤認て? | トップページ | 久しぶりに会う友達に会って思うこと »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】ハーモニー 著者:伊藤計劃:

« 【疑問?】不正競争防止法の2条1項13号の品質誤認て? | トップページ | 久しぶりに会う友達に会って思うこと »