« 【書評】特別な場所 パワースポット巡礼1993-2010 著者:本間日呂志 | トップページ | 【書評】カラー版 小惑星探査機はやぶさ ―「玉手箱」は開かれた (中公新書)  著者:川口淳一郎 »

2011年2月26日 (土)

【書評】凍りのくじら 著者:辻村深月

凍りのくじら読了○。主人公の高校生、芦沢理帆子は心の中で周りの人間の個性を全てSF(スコシ・ナントカ)と表現している。この言葉遊びは、理帆子の尊敬する藤子・F・不二雄先生が、ドラえもんをSF(Sukoshi Fushigi 少し・不思議)と呼んだことにちなむもの。理帆子自身は自分をSF(Sukoshi Fuzai 少し・不在)だと思う。どこにいてもそこを自分の居場所だと思えない。

読書家の理帆子だが、過去に読んだ本の中でのベストワンは、ドラえもん。同じく藤子・F・不二雄先生を尊敬しドラえもんのファンだった、父親の影響だ。父親の芦沢光は一部で高い評価を受けるフォトグラファーだったが、若くして病に侵され、理帆子が小学生のときに失踪した。

そんな理帆子の前に、3年生の先輩別所あきらが現れ、写真のモデルになって欲しいと頼む。別所は芦沢光のファンで、病院で理帆子を偶然見かけ、イメージにぴったりだと思ったのだと言う。理帆子は断るが・・・。

うーむ。普通3行で紹介するのが基本ポリシーなんだけど、なんでか、うまく要約出来なかった。すんません。

このヒトの本を読むのは初めてです。キッカケは例によってウチのヨメさんから廻ってきて。で、ウチのヨメさんには、ヨメさんの友達の女子大生の娘から廻ってきて。最近の若いコはこーゆーの読むのよねえ、でもこれは面白かった、これ読むとドラえもん読みたくなるのよ、みたいなコメントに釣られて読んでみた次第。

うん、面白かったですよ。確かにドラえもん、懐かしく思い出して読み返したくなる感じ、あるある。そうですね、この本、見かけによらず、イロイロな読み方が出来るんですわ。オレにとっては、だけど。だから、要約がしづらいんだ、と納得。

ひとつめ。純粋にドラえもんへのオマージュとして。全部で10章からなる小説ですが、全ての章にはドラえもんに登場する道具の名前がついており、とても上手にストーリー進行を助ける役割を果たしています。そして、作中の随所で語られるドラえもんというマンガに対する愛。そうそう、昔、あれを楽しみに読んだよなー。

ふたつめ。広義のミステリとして。ワタシはミステリはあんまり好きではない。(ヨメさんは対照的にミステリしか読まないヤツですが。)読むならSF(サイエンス・フィクション)の方が好みなんですけどね。読んでる途中でアレ?と思う箇所が幾つかあったのだが、実は、アレ?と思わせるのも含めて、伏線。なかなか練れていて、それでいてイヤミでない。

みっつめ。最近の日本のライトノベルとして。ワシここ、殆ど読めてないんですわー。莫迦にしてるわけではないが、食指が動かん。でもこの本についてはヨメさんによると読みやすく、また水準も高い、ってことだったんで。確かに。ちゃんと小説世界がそこにあり、現実と向き合い悩み、そして人生を前に進めていくメッセージが込められています。

よっつめ。最近の若いコの社会習慣紹介本として。小説ではあるけれど、主人公や主人公の友達の、振舞い、考え方、等々、興味深く読んだ。

ってわけで、なかなか良い本です。一読をお奨めします。

ヘンな話ですが、ドラえもん、いつの間にか「のび太の教育上云々」なんて世間に出回っているピントのズレた批判に、自分が影響されていたんだな、と気付かされ驚く感じがありました。そーいえばiPhone版が出てたな、確か。ちょーっと読み返してみよか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ→ポチっとクリックしていただけるとありがたいです。
にほんブログ村

|

« 【書評】特別な場所 パワースポット巡礼1993-2010 著者:本間日呂志 | トップページ | 【書評】カラー版 小惑星探査機はやぶさ ―「玉手箱」は開かれた (中公新書)  著者:川口淳一郎 »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメント失礼します。

私もこの作品を読んでドラえもん読みたくなりました。

道具の名前が出てくるとすぐ浮かぶのは不思議ですよね。

投稿: サカトモ | 2011年3月 4日 (金) 19時33分

サカトモさん、コメントありがとうございます。
そうですよねー。
で、iPhone版が出てたはず、ってんで調べたんですが、どーもワタシの勘違いだったようで、見当たりませんわ。
うーむ。
45巻、買っちゃう勇気はない・・・。
ヨメさんと折半とか。それもなあ。
もちょっと悩みます。
ではでは。

投稿: toppo | 2011年3月 4日 (金) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】凍りのくじら 著者:辻村深月:

« 【書評】特別な場所 パワースポット巡礼1993-2010 著者:本間日呂志 | トップページ | 【書評】カラー版 小惑星探査機はやぶさ ―「玉手箱」は開かれた (中公新書)  著者:川口淳一郎 »