« 【書評】KAGEROU 著者:齋藤 智裕 | トップページ | 【書評】アナーキー・イン・ザ・JP 著者:中森明夫 »

2011年1月30日 (日)

【書評】顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか 著者:トニー・シェイ

ザッポス関連書籍一覧。いっぱい出てますね。これの上から二番目がこの書評で取り上げている本ですよ。なんでいつものリンクの形式でないのかというと、この本はアマゾンのアフィリエイトのリンクの対象外になっていて、リンクが張れないのです。こんなのはじめてだよ。

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説読了○。2009年7月、米アマゾン・ドット・コムは靴のネット販売で急成長するザッポス・ドット・コムを買収することで合意と発表。買収額は8億5千万ドル。ザッポスは1990年創業。若きカリスマ経営者トニー・シェイの自伝と、自らが語る、顧客を感動させるサービスはいかにして生まれたか、について。

アップルのiTunesストアで、電子書籍(つーかapp)として売っていた(つーか期間限定で無料)のでダウンロードして読んでみました。いま見たら定価は600円なのね(ダウンロードはこちら)。リアルな紙の本でも売ってる。冒頭のリストの上から二番目、著者がZapposの箱を持って笑ってる表紙のヤツ。

前半がトニー・シェイの自伝。中国系アメリカ人で、教育熱心な家庭に育ち、ハーバードを出てオラクルに就職するも、退屈な仕事がイヤになって友人と一緒に会社を辞め、ネット起業。なんだけど、子供の頃のミミズ牧場のエピソードとか、大学でのピザ屋の営業とか、いい感じにユーモラスで、いい感じに起業家的な挿話がいろいろ。ハーバード出、ってゆーエリート臭はない。読み物としてソコソコ面白いです。オラクル辞めたあと、ダラダラとなんとなくウツっぽくなるあたり、リアルでいい感じ。んで、なんとなく、で始めたインターネット広告ネットワーク会社LinkExchangeを、わずか数年でマイクロソフトに2億6500万ドルで売却、ってのも凄いなー。んで、ふつう、そこで一回話は終わりなんだよね。

ところが、ここから話は別の展開を見せる。中盤は、お金を持ってしまった人間が、何のために働くのか、について真面目に考える、話なんですね。ここがなかなか面白い。オレはまだ(まだ?)お金をもってしまってはいませんが、とても参考になります(何の?)。

んで、ザッポスに関わり、個人資産をつぎ込み殆ど使い果たし、倒産の危機を何度も乗り越え、ついに立て直す。アマゾンに買収されたのも、負けではなく、理想の結婚なんですな。この部分、ある意味、なんのために働くのか、という思考実験と実体験が一致していく過程として、これもとても面白いドキュメンタリです。

そして、終盤、ザッポスの体験を通して進化していった、仕事に対する考察、人生に対する考察、幸せに対する考察、が語られる。ここがまたなかなか面白い。そう、こういう風にシンプルに仕事ができたらいいよなー。羨ましいぜ。って他人事として読んでちゃいかんな。

ってわけで、面白い読み物であり、仕事と人生に対する指南書であり、企業経営の新しい軸を提案するビジネス書、と、一粒で三度おいしい本でした。うん。意外とお奨めですよ。

電子書籍をiPhoneで一冊まるまる読んだのはこれがはじめてかも知れない。読む分には、別に不自由は感じなかったな。ちょっとした時間に読めるし。あ、でも書評を書くのにパラパラと中を確認するのには不便だ。なるほどね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

|

« 【書評】KAGEROU 著者:齋藤 智裕 | トップページ | 【書評】アナーキー・イン・ザ・JP 著者:中森明夫 »

150 ノンフィクション」カテゴリの記事

170 ビジネス本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224195/50729020

この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか 著者:トニー・シェイ:

« 【書評】KAGEROU 著者:齋藤 智裕 | トップページ | 【書評】アナーキー・イン・ザ・JP 著者:中森明夫 »