« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

【書評】アメリカン・デモクラシーの逆説 著者:渡辺靖


アメリカン・デモクラシーの逆説読了◎。(政治学者でも社会学者でもなく)人類学者である著者が、アメリカという社会を25年に亘りフィールドワーク。この社会の中心軸である”デモクラシー”という機構の動作の模様(そして動作不良の模様)を観察・分析した記録。ってゆーとちょっと極端な紹介かな。しかしこの本の面白さの半分はその独特の(人類学者的)視線にあるんだから。うん。

目次はこんな感じ。詰まっているのは逆説と逆説と逆説だあ。例によって”・・・”以下はワシのコメント。生煮えなマトメでスマンな。取り敢えず殴り書き抜粋。

第1章 アメリカン・デモクラシーの光と影・・・カトリーナが暴いたものは何か?政治への不信と他者への恐怖。アメリカ的自由の行き着く先が、ソレであるという逆説。

第2章 政治不信の根源・・・個人献金、ロビイスト、超資本主義=新自由主義、政治的妥当性とイデオロギー=文化戦争。包摂されるジャーナリズム。権力を行使する側も権力を監視する側も超資本主義に包摂されてしまうという逆説。

第3章 セキュリティへのパラノイア・・・ゲーテッド・コミュニティ=新しい中世の増殖。自由の喪失。ヨーロッパで壁が壊れていく時代に、アメリカで壁が作られているという逆説。信仰の世界でのマーケティング手法の浸透=メガチャーチ。近代の象徴であるアメリカで保守派教会の存在感が増しているという逆説。メガチャーチは福祉に於いて新自由主義を補完するが、一方メガチャーチそのものが新自由主義的な論理と力学に従うという逆説。オーディット文化。新自由主義の下で、自らの精神性や身体性さえ自らの責任や判断によって統治・所有することが困難になっているという逆説。私的領域の植民地化。孤独な個人が権力に自ら隷属していく。

第4章 多様性の行き着く先・・・ボストンのバラモンの話。能動的社会関係の構築、服従から交渉へ。個人化・多様化する家族と「家族の価値」。新自由主義と家族の価値の共通項はセルフガバナンス。内包的な自己理解の努力と、対極にある原理主義の台頭。強制バス通学の話。分裂は多様性によるのでなく、原理主義の押し付けによる。市場主義が歪める多様性。農民の小作人化。市場に飼いならされることなく市場を飼いならすことは可能か。インディアン・カジノの例。

第5章 アメリカニズム再考・・・多文化主義が原理化する可能性について。アメリカ例外主義とアメリカニズム。ダブルスタンダード。帝国的動機。ソフトパワーを巡る逆説。タカ派による理想主義的振舞いを懸念してつくられた中立的な概念が、帝国的動機のカモフラージュであると看做された。「アメリカ史のアイロニー」byラインホルド・ニーバー(1952年)。反米主義の本場はアメリカであるという逆説。グローバル化とはアメリカを包摂化していくプロセス。<帝国>的と「帝国主義」的。そして自己修正力。つまりこれら逆説のみにアメリカンデモクラシーを回収することの逆説。

今年アメリカ関係の本は数冊読んだが、オレ、この辺の政治的或い社会的な問題を扱った本を読むには、基本的な素養が欠けているんだな、ってのを改めて自覚しました。この本は、その手の教科書的基礎知識をお勉強する、って意味でも、とても手頃で分かり易かった。例えば、こういう基礎知識。

・連邦政府は「自由への脅威」か、それとも「自由への手段」か。アメリカでは後者がリベラルと称される。ヨーロッパでは保守主義ー自由主義ー社会主義という三竦み。アメリカでは自由主義を前提とした保守主義と、自由主義を前提としたリベラリズムの対立。

・アメリカの保守大連合の中身。強いアメリカの復権を目指す安保保守(ネオコン、新保守主義)。小さな政府を目指す経済保守(新自由主義)。「伝統的価値」の回復を目指す経済保守(宗教右派)。従来からの穏健保守(オールド・リパブリカン)。

そしてそいういう教科書的な読み方だけでなく、読み物(というとちょっとアレですけど)としても、非常に面白い。なんて言うんでしょう、意表を衝かれる感じというか。異質な社会を旅するSF的な読み物を読む感覚で、怒りながら驚きながら感心しながら、読んでいました。事実は小説より奇なりっていうかさ。もちろんそんな読み方は著者の望むところではないだろな、ってのは分かってますけどね。なんにしろ、アメリカ社会の手触りの正体と、今、世界の置かれた状況がなんとなく見えてくる、ええ本です。一読をお奨めします。

さてと、んな訳で今年ももうすぐ終わりですな。最後の書評がこんな雑なメモ書き抜粋でなんだかちょっとアレなんだけど、ま、しょうがない。そのうちもうちょっと整理することもあるでしょう。それでは、みなさま良いお年をお迎えください。

にほんブログ村 本ブログへ →ポチっとクリックしていただけると大変有難いです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

【書評】よつばと! 10 (電撃コミックス) 著者:あずまきよひこ


よつばと! 10 読了◎。いやもうホントに今更説明の必要はないとは思いますが、念のために書いておくと、小岩井よつば(5歳、おんなのこ)のわくわくする毎日を描く、いろんな意味で、とてもクオリティの高いマンガです。

第63話 よつばとあそぶ
第64話 よつばとホットケーキ
第65話 よつばとジャンボ
第66話 よつばとでんきや
第67話 よつばとかでん
第68話 よつばとうそ
第69話 よつばとさいかい

発売前から我が家では話題になってたんだ。誰が買うのか(オレか?上の息子か?下の息子か?ヨメさんか?)、どういう順番で廻すのか。前回あやうくダブって買いそうになったからな。今回も結局発売日にオレが買って、下の息子⇒上の息子⇒ヨメさんと廻り、勢い余ってヨメさんの友達にも廻り、やっと今日戻ってきた。おいおい。一ヶ月近く経ってるじゃねーか。書評をアップするのが遅れたのはそういう訳です。

と言っても、ま、いやー相変わらずいいよねー。で終わりなんですけどねえ。絵は描き込みが凄いし、絶妙な間(ま)の取り方は気持ちいいし、エピソードはいい感じにリアルだしね。やっぱりくり返しくり返し読んでしまうなあ。

10巻ではとーちゃんの出番が多いね。ちゃんと教育している、躾をしている、ってお話が前面に出てて。ホットケーキの回の対応とか、うその回の対応とか、いやたいしたもんだ。なかなか出来ることではないですよ。とーちゃんのこの育て方があってよつばのこの性格が出来た、ってのがよくわかる。この自然体で泰然とした感じに憧れるぜ。と思わせる人物造形の妙だよね。つくづく、いいマンガだ。

そういえば「よつばとひめくり2011」の申し込み用紙が入っていたな。どうしようかなあ。月めくりは、写真とのコラボっでトコが、ちょっと違う気がするんでウチではつかってないんだが、日めくりは魅力かも。でもなんでスクールカレンダー(4月始まり)なんだよ?1月からだったら間違いなく買ってたのに。もう。どうしようかなあ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

【書評】NHKスペシャル 老化に挑む よみがえる脳、延びる寿命 著者:NHK「老化に挑む」プロジェクト

NHKスペシャル 老化に挑む よみがえる脳、延びる寿命読了○。2004年9月に放送された番組、NHKスペシャル「老化に挑む」、の単行本化。

30年前、日本で100歳を超える老人(センテネリアンというそうだ、初めて知ったぜ)は、僅か500人余りだった。それが今では2万人を超えているという。

老化とそれに伴う死は、誰にでも訪れる。しかし、近年の研究により、老化と戦う術があることがわかってきた。実際に元気に活動している超高齢者の日常を密着取材し、長寿のヒントを探る。そしてそのヒントに最新科学の光を当て、理論的な裏づけを試みる。

オレまだ40代だけど、最近身内(みうち)に不幸があったりして、「老化」とか「死」を強く意識したのよ。んで、老化についてちょっと調べてみた次第。

従来、脳の神経細胞は約10万個/dayのスピードで死んでいき、新しく生まれることはない、と考えられていたが、これは誤りで、神経細胞が新生することが発見された。本書のタイトル「よみがえる脳」とは、この発見を指す。

また、老化とは活性酸素によって細胞が傷つき、臓器の能力が落ちていく一連のプロセス。その活性酸素から身を守る抗酸化能力は、運動によって高まることが証明された。本書のタイトル「延びる寿命」とは、主にこの発見を指す。

登場する超高齢者は、92歳から103歳まで。現役の医師だったりスキーヤーだったり日舞の師範だったりと、皆さんお元気。すげえな。皆さんに共通するのは、趣味や生きがいを持って、社会と関わっている、という点。このモチベーションが、健康長寿の”前提”であり、”鍵”であり、”支え”である、と、理解しました。うん。

良くも悪くもTV番組の単行本化ということで、薄味っちゃー薄味、スカスカっちゃースカスカ。でもまあ、誰にでも易しく分かりやすく前向きな本になっています。確かに、科学的な発見だけを報告するのと、実際に元気な老人をドキュメンタリとして追うのとでは、説得力が違うもんね。

さて、で、オレは何を生きがいにするのかな?って自分で自分に聞いてみると。このブログですか?いやー。どーよ?うーむ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

【書評】スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活 著者:アラン・デウッチマン

スティーブ・ジョブズの再臨読了◎。副題は「世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活」。ジョブズがアップルを追われ、ネクストが失敗に終わり、しかしピクサーと共に蘇って、そしてアップルに返り咲くまで。ジョブズ周辺の人物への徹底した取材によって、生身のスティーブ・ジョブズ像を描き出す。

よくあるジョブズ礼賛本、ではない。アップル神話本ではない。寧ろ暴露本に近い。神話としてのジョブズでなく、生身のジョブズ。んで、こーゆー切り口だと、「カリスマでなく悩み多き人間」、ってのがひとつのパターンですが、それとも違う。ジョブズの、魅力的で人を惹きつける部分をグッド・スティーブ、傲慢で人を傷つける部分をバッド・スティーブと呼び、この二つの相反する性格が並存する不思議な人物としてジョブズを描く。これは人を操作するための意識的な方法なのか?それとも?

今までの礼賛本では曖昧にしか、或いは、カリスマ性に華を添えるためのスパイスとしてしか、描かれていなかった、その手の「バッド・スティーブ」の振舞いを、遠慮解釈なく書く。しかし描くそこに悪意はない。一方で「グッド・スティーブ」の行いも描かれているが、これもまたそのこと自体を評価する書き方ではない。この本の中で”評価”されているのは、その”結果”だ。結果的に何が起こったか、もたらされたか、実現したか。ジョブズが、何に成功し、何に失敗したか。その原因はなんだったのか。それを見据える視点にブレはない。

ってわけで、まず、伝記として、アップル裏話本として、なかなか迫力のある興味深い本でした。特にアップルのネクスト買収によるジョブズ復活の舞台裏とかは、今までマック雑誌経由で知らされていた情報とは、大分異なる印象を受けるな。うん。だってこの本にはネクストのソフトウエアの話は出てこないんだよ?next-stepもObjective-Cも全然。それはそれでちょっと偏っているなあ、って思うけどね。

それから、個人的には、一種のビジネス本として、読んだような気がする。即ち組織をコントロールするための方法論、組織を破滅させるための方法論、としてね。で、そこからイロイロと発想が飛んで、アマゾンでマキャベリの君主論とアウレリウスの自省録を注文。後日感想をアップすることになると思います。

ジョブズはスゴイけど、一緒に仕事するには、どーよ?ってのは昔から言われてることではある。てゆーか、オレは一緒に仕事すんのは絶対ヤ だ、と思うわ。この本読んで尚更その感を強くした。でも、面白かったのと、ちょっとした発想のヒントを貰ったってことで、評価としては◎。そう、結果よ結果(笑)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変有難いです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

【書評】 タネも仕掛けもございません 昭和の奇術師たち (角川選書) 著者:藤山新太郎

タネも仕掛けもございません読了◎。副題は「昭和の奇術師たち」。自身も奇術師である著者による、昭和という時代を代表する、奇術師たちの伝記。引田天功、アダチ龍光、伊藤一葉、島田晴夫ら、一世を風靡した、懐かしの奇術師たちの人生を丁寧に描き出す。

これ、ええ本ですよ。著者が、江戸時代から続く手妻を継承する、自身も奇術師であり芸人である人なので、視点がとても安定しています。同じ世界に生きてきた人でないと分からない、それぞれの奇術師の”芸”の本質を掴んで、核心を突くコメントがサラリと述べられる。そしてなにより、その奇術師と奇術に対する愛に溢れています。そうだよなあ。好きでなきゃやれないよね、この仕事はね。

ある一面、奇術師のヒトとナリを辿ることで、奇術という「芸」のポイントが分かるようになる本だと思います。そしてまた同時に、奇術という一種の「道(どう)」を通して、人生について考えさせる好著になっています。一読をお奨めします。

ワタシ自身は、奇術には特に思い入れないんで、この本はまあ出会い頭(がしら)みたいなもんです。いや面白い世界ですねー。秘密を共有している者同士の連帯の強さというか。マイナーで特殊な業界に生きる人同士の仲間意識というか。独特のノリだよなあ。

著者の藤山新太郎という方については、不勉強ながらこの本で初めて知り、早速ネットで検索して、動画を拝見(しかし便利な世の中になったものですな)。なるほどねー。

・・・オレやっぱ奇術には向かんな。観客としてね。奇術だろ?って思っちゃうもの。ごめんな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ→ポチっとクリックしていただけると大変有難いです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »