« 【書評】実用 青春俳句講座 著者:小林恭二 | トップページ | 【書評】飢えたピラニアと泳いでみた へんであぶない生きもの紀行 著者:リチャード・コニフ »

2010年11月 2日 (火)

【疑問?】補正却下の決定に対しての不服の申し立て

偶(たま)の勉強ネタです(笑)。

LECの2010年度版弁理士試験体系別短答過去問、特許法・実用新案法を解いていて、わからないところがあったので、頭を整理するという意味も含めて、書いてみたいと思います。

第8章 訴訟の379頁、正誤問題。枝の(イ)にこうあります。
「拒絶査定不服審判において、補正の却下の決定を受けた場合には、東京高等裁判所に補正の却下の決定に対する訴えをすることができる。」

で、解答にはこうあります。
「特159条1項で準用する特53条3項は、補正却下の決定に対して不服を申し立てることは出来ない旨を規定している。したがって、拒絶査定不服審判において受けた補正却下の決定に対しては、東京高等裁判所に訴えを提起することはできない。よって本枝は誤り。」

???しかし53条にはこうあるではないですか?

「(補正の却下)
第五三条 第十七条の二第一項第一号又は第三号に掲げる場合(同項第一号に掲げる場合にあつては、拒絶の理由の通知と併せて第五十条の二の規定による通知をした場合に限る。)において、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面についてした補正が第十七条の二第三項から第六項までの規定に違反しているものと特許をすべき旨の査定の謄本の送達前に認められたときは、審査官は、決定をもつてその補正を却下しなければならない。
2 前項の規定による却下の決定は、文書をもつて行い、かつ、理由を付さなければならない。
3 第一項の規定による却下の決定に対しては、不服を申し立てることができない。ただし、拒絶査定不服審判を請求した場合における審判においては、この限りでない。

これ、3項が言っているのは、補正却下に不服を申し立てることは出来ないが、拒絶査定不服審判においては不服申し立てしてもいいよ、ってことではないんですかね?ワタシはそう読んで、本枝は正しい、と思ったのですが。でも冷静に考えて、解説でこんな明白な間違いをするとは思えない。

そういえば「拒絶査定不服審判を請求した場合における審判においては」という言い回しはなんとなくヘンだ。何かワタシ、根本的に勘違いしていますか?

どなたか、御教授願えれば幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

|

« 【書評】実用 青春俳句講座 著者:小林恭二 | トップページ | 【書評】飢えたピラニアと泳いでみた へんであぶない生きもの紀行 著者:リチャード・コニフ »

720 弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
53条但書ですが、拒絶査定不服審判中にされた補正却下の決定に対しては補正却下決定不服審判を請求できるという意味ではありません。
そもそも特許法には補正却下決定不服審判はありませんし。
この解釈は、拒絶査定不服審判を請求したときには、拒絶査定不服審判において拒絶査定の是非と併せて補正却下の決定の是非についても審理させることができるということなんです。
青本には上記のことが記載されていると思いますので一度確認をしてみてください。

投稿: ピッピ | 2010年11月 2日 (火) 21時07分

ピッピさん、レス有難うございます。
>53条但書ですが、拒絶査定不服審判中にされた補正却下の決定に対しては補正却下決定不服審判を請求できるという意味ではありません。そもそも特許法には補正却下決定不服審判はありませんし。

はい、それは理解しています。ではどのように理解していたかと言うと、次のA.B.のように理解していたのでした。
A.53条3項前段にいう「却下の決定に対しては、不服を申し立てることができない」とは、「行政不服審査法に基づく不服の申し立てはできない」という意味である。
B.また、3項但書にいう「ただし、拒絶査定不服審判を請求した場合における審判においては、この限りでない」とは、「ただし、拒絶査定不服審判を請求した場合に、その審判に於いてなされた却下の決定に対しては、行政不服審査法に基づく不服の申し立てが出来る」という意味である。

ピッピさんの指摘はつまり、B.の理解が間違っている、ということですね。正しくは、
C.3項但書にいう「ただし、拒絶査定不服審判を請求した場合における審判においては、この限りでない」とは、「ただし、拒絶査定不服審判を請求した場合に、その審判に於いて不服を申し立てることは出来る」という意味である。
という風に読まなければならないのだ、と。

なるほど。だから、「拒絶査定不服審判を請求した場合における審判においては」という表記になるわけですね。B.の意味なら「拒絶査定不服審判を請求した場合は」或いは「拒絶査定不服審判を請求した場合になされた却下決定に対しては」とでも書くでしょうから。

すっきりしました。心からお礼申し上げます。ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

投稿: toppo | 2010年11月 3日 (水) 06時31分

ユニークで示唆に富む内容を拝見し、特許業界・知的財産業界情報トップス(http://iptops.com/)にリンクを追加させていただきました。なお、特許業界・知的財産業界情報トップスをリンク集などに加えていただくようなことがございましたら幸いでございます。今後もよろしくお願い申し上げます。

投稿: 特許業界・知的財産業界情報トップス | 2010年11月 4日 (木) 22時24分

特許業界・知的財産業界情報トップスさま。
レス、リンク、ありがとうございます。
ってわけでリンク集に加えさせて戴きました。
よろしくお願い致します。

投稿: toppo | 2010年11月 5日 (金) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【疑問?】補正却下の決定に対しての不服の申し立て:

« 【書評】実用 青春俳句講座 著者:小林恭二 | トップページ | 【書評】飢えたピラニアと泳いでみた へんであぶない生きもの紀行 著者:リチャード・コニフ »