« 【書評】政治をするサル―チンパンジーの権力と性 著者:フランス・ドゥ・ヴァール | トップページ | 【書評】 タネも仕掛けもございません 昭和の奇術師たち (角川選書) 著者:藤山新太郎 »

2010年11月29日 (月)

【書評】寝ても覚めても 著者:柴崎友香

寝ても覚めても読了○。1999年、大阪。22歳の会社員朝子は、麦(ばく)という名の青年と出会う。「好みとかそんなんじゃなくて、ああ、これがわたしを待っていたそのものやったんやなって」。麦は写真を撮られるのが好きでない。麦にはふっと居なくなる癖みたいなものがある。そして。麦が居なくなって。朝子は趣味として写真を撮り始める。数年後。東京に越した朝子はバイト先で麦とそっくりの男、亮平と出会う・・・。

このヒトの小説を読むのは初めてです。きっかけは覚えてないけど、たぶん日経の日曜版の書評で紹介されていたのを見て、だと思う。なにしろ慣れていないもので(このヒトのリズムにね)、最初、流れについていくのがなかなか大変でしたが、乗ってしまえば意外なほどするすると読めてしまいました。んで、読みながらなんでオレはこれ読んでるのかな、ってちょっと不思議な感じがしておりました。一種の恋愛小説で、現代もので、22歳の女性が主人公?明らかに私のテイストではないからなんだが、でも読み終っての感想は、といういと、これが意外と面白かったのですよ。

何が面白かったか、ってのはちょーっとまだ説明しづらいんですけどね。ひとつには主人公の意識の描写かなあ。その漠然とした感じ、その見えるものと実在するものとの間の距離に、意識が振り回される感じが、妙にリアルでね。とても面白い。そのための演出として、”写真”が効果的に使われています。

で、もうひとつは、先が読めなかった、ってことですね。この話が一体どこに落ちるのか、さーっぱりわかんない。以前に、社会的な常識が全く異なる世界が舞台の物語は、オレにとって下手なSFより面白いかもって書いたけど、これもその口?確かに、ある面、とことん異世界ですなあ。

でもね、どうも、そればっかりではないような気がする。面白いかどうかは別にして、妙に”来る”感じ。読み終ってイロイロと考えてしまう感じ。これはなかなか、ありそうでない。決して好みではないけどれど、ちゃんと浸って小説世界を体験した、という実感があるんですわ。へえー。

そうそう。最近、自分が自分としてしか体験できないことが不満でな。で、もしかしたら小説は自分が自分としてでなく世界を体験できる凄い道具なのかも、って思ってて。その意味では、全然自分と関係のないものを読む、知らないものを読むってのはなかなかいいのかもしれないねー。ってことで、この本。試しに一読をお薦めします。あと一冊、同じ著者の書いたもの、読んでみようかなー。この独特の語り口が、”わざと”なのか、どうか。ちょっと興味があるから。うん。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

|

« 【書評】政治をするサル―チンパンジーの権力と性 著者:フランス・ドゥ・ヴァール | トップページ | 【書評】 タネも仕掛けもございません 昭和の奇術師たち (角川選書) 著者:藤山新太郎 »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】寝ても覚めても 著者:柴崎友香:

« 【書評】政治をするサル―チンパンジーの権力と性 著者:フランス・ドゥ・ヴァール | トップページ | 【書評】 タネも仕掛けもございません 昭和の奇術師たち (角川選書) 著者:藤山新太郎 »