« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

【書評】実用 青春俳句講座 著者:小林恭二


実用 青春俳句講座読了◯。俳句は現代人にとって「謎」である。しかしものは考えようで、その謎を自分流に解くところに、真の俳句と接する醍醐味があるのかもしれない・・・。学生時代から俳句にどっぷりとはまり、現在も尚創作の傍ら句作に励む、小説家小林恭二による、俳句への誘い。

小林恭二と俳句、結構有名だよね?前から気にはなっていたんだが、読む機会がなかったんだよ。今回縁あって文庫で手に入ったんで、早速読んでみた。

自身の俳句との出会いと学生時代の句会の思い出を語り、当時の自作を「筋が悪い」と評しつつ、どこがどう筋が悪いのか、丁寧に解説を加える。その上で、俳句とは何か、を考察し、「句会」という共同体における「言葉」である、と。それ自体で完結したものでなく、ましてや作者の分身などではなく、読み手のものなのだと。だから、仲間を集め、句会を開くことが大事だよ、という、そういう話。

学生時代の句会の模様、合宿の様子が、独特のトボけたユーモアを持って語られ、いい味を出してますな。うんうん。この、気の合うもの同士で、ひがなダラダラと一緒に居て別れがたい感じ、学生時代特有のこの感じは良く分かる。それは別に俳句でなくっても?って思わなくもないけど、読んでて楽しいんで、よしとしましょう。逆に言えば、あのだらだら遊ぶ感じを、大人になっても出来るものなら、俳句をやることでそれが出来るものなら、それは、俳句をやる価値は確かにあるな。オレにとってね。と思ったことであります。

ひまをもてあまし、下らない(って悪い意味でなく)ことを考え、その考えについてお互いに批評しあう、そうそう、そういうことをやりたいんだよなあ。そのためのツールに俳句はなりうる。ここら辺はなんとなくそう睨んだとおりというか。無事にリタイアできたら、馬鹿話の出来る仲間を集めて、楽しく句会を催したいと。

んでも、それはまだ先の話。今はホラ、お勉強があるから、な。老後の楽しみにとっときたいと思います。

以上、「青春俳句講座」の感想。本書で言うとこれが9頁~77頁。このあと、いろいろと俳句がらみのエッセイというか紹介記事が収められてます。でもなあ。「青春俳句講座」ほどのインパクトはないな。辛うじて「新鋭俳人の句会を大実況中継する」(121頁~151頁)が臨場感があってわくわくするんで○。あ、それから「純情のひと」(213頁~227頁)が意外と面白くって○。これ、ある俳人の俳句を取り上げて批評を加えているのですが、さて「純情のひと」それは誰でしょう?ヒントは元首相。

答えは本書を読んでくださいな。思わず笑ってしまうこと請け合い。ではでは。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

【書評】黒檀 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集) 著者:リシャルト・カプシチンスキ

黒檀読了◎。著者のカプシチンスキは、ポーランド人ながらアフリカに魅せられ、現地を精力的に取材し、第三世界の生の姿を活写する優れたルポルタージュを残した。ルワンダの大量虐殺を生んだ歴史の解説、ウガンダのアミン大統領の恐怖政治の現状、食事は一日一回のセネガルの片田舎の村の一日、等々、アフリカの過去・現在・未来を見据えるルポ、29篇を収める。

面白いです。面白いっていうとちょっとアレですが。アフリカ。一筋縄ではいかない。汚職と暴力と貧困と。砂漠と熱帯雨林と都市と。黒人と白人とアラブ人と。奴隷貿易と植民地主義と革命と。オ レ、アフリカについて、なーんにも知らなかったんだなー、と改めて驚いた。ま、ガッコじゃこれ教えてくんなかったよな。歴史でも地理でも公民でもね。

自分の知らなかった事実、想像だにしなかった世界、がここにある。人間が生きていくにはあまりに過酷な、生きるということが自然環境との不断の戦いであるような、生き残っているだけでひとつの達成であるような、そんな暮らし。或いはまた、社会基盤がぐずぐずに崩れ、軍隊が自国の女・子供から富を収奪し、難民キャンプには人が溢れているような社会。はあー。このぬるい日本に生きていることがとても幸せなことに思えてきます。

んでもって、書かれている事実の面白さと併せて、この著者の視線と文章がまたいいですねえ。自らの体験と内省に照らした、静かだが迫力に溢れた文章です。終わり方に独特の余韻があるよね。私は全く存じ上げませんでしたが、世界的には有名な作家でありルポライターなんですねえ。しばらく他の本も追掛けて読んでみようと思います。

自分の常識がぐらっと揺れる一冊。一読をお奨めします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ←ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

【アプリレビュー】Tabio Slide Show for iPad、お好きな方には堪らないかと。谷崎!

ふう。息抜きです。

お勉強の方の進捗はというと、目下のところ、短答の過去問を解いて解説を読み条文を確認する、必要なら書き込む、という地道な活動を中心に行っています。ただ本を読むという行為に比べると、能動的に動く部分がある分、飽きないというか。LECの2010年度版弁理士試験短答過去問特許法・実用新案法の、今2/3程度を終えたトコ。正答率(枝毎の正誤判定ベース)は5-6割ってトコかな。でも根拠条文まではっきり分かった上で自信を持って答えられるものは1割もない感じ。うーむ。道は遠いなあ。

「条文を捉える」は2廻し目の途中。3巻目(意匠法)に入ったトコ。思ったほどペースが上がらないな。困ったものだ。

ってわけで、息抜きの話題。記事タイトルのアプリ「Tabio Slide Show for iPad」、靴下屋さんである、Tabioが作った、ま、自社の靴下の宣伝の無料アプリ。僅か数分間のビデオクリップなんですが。

Slide1___2

全編に流れるゆるいフランス語のアンビエントっぽい音楽、二人の女の子が旧いモダンなお屋敷に到着、板張りの廊下を靴下で滑りながら、いそいそと屋敷の中を探険する・・・。因みにSlide Showってのはだから掛け言葉になってますね。

これが驚くほどクオリティが高いのです。音楽といいカメラワークといいカット割りといい、とてもとても気持ちがいい。あまりに”良い”ので、思わず何度も繰り返し観てしまう、って感じ。この趣味の良さは、なんだか久し振りですなあ。うん。

それから、ワタクシ、そっち方面の(谷崎!)趣味はございませんが、靴下屋さんのアプリである以上、主役は、足。脚。これは、お好きな方には(谷崎!)堪らないかと。

Slide3__

ってわけで、(特に足フェチの方は是非!)一度ご覧になることをお奨めします。同じ内容をiPad上だけでなく、Web上でも観れるそうです・・・。一番お奨めはなんと言ってもiPad上で観ることですけどね。それにはちゃんと理由がある。ここには書かないけどね。

息抜き終了。ではでは。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ ←ポチっとクリックしていただけると大変有難いです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

先週末更新してません、すんません

週一更新の予定です、なんて言っときながら、昨日一昨日の土日での更新、出来てない。それが心に刺さった棘のようにチクチクしてな。なんだか落ち着かないんで、月曜朝の忙しい時にこうやって言い訳の記事を書いている。生ログ見ると毎週定期的に見に来てくれるヒトも居るみたいだし、更新ナシでほったらかし、ってーのはまずいんじゃないかと。

この土日は専ら会社の会議の資料作りでバタバタしてましたぁ。気掛かりがあると勉強にも読書にも身が入んないよね。しょーがない、先に片付けちまお、ってんでパワポで資料作りだしたらこれがずぶずぶの泥沼で。凝りだすとキリがない。

それと、友人の誕生祝で広尾のアクアパッツァでゴハン。初めて行きましたが、ええ店でんな。とても美味しかったですぅ。値段も比較的リーズナブルで。昼からワイン飲んでしまっていい気持ちになって、帰ったら熟睡。

結果的にブログの更新の時間がなくなってしまった、という次第。

まったく、会社の仕事にかまけて勉強を疎かにするなんざ、受験生の風上にも置けねえな。我ながら。うん。猛省しております。すんません。

あまり内容のある記事でなくてごめんなさいね。取り敢えず言い訳ってことで。(いい若ぇもんが、言い訳すんじゃねえ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »