« 【書評】条文を捉える 著者:久野浜男 | トップページ | 【書評】死にとうない 著者:堀和久 »

2010年9月 5日 (日)

【書評】モスラの精神史 著者:小野俊太郎

モスラの精神史読了◎。1961年に制作費2億を掛けた東宝スコープ総天然色大作として、日米合作で製作され、配給された怪獣映画「モスラ」。なぜ”蛾”なのか?印象的なあの歌の意味は?当時の社会状況を踏まえ、あの映画に託されたメッセージを読み解く。

いやー面白い面白い。どれくらい面白いかってゆーと、この本読んで、早速アマゾンで「モスラ」のDVD注文してしまった、ってゆーくらい面白い。

オレ、1962年生まれで、世代的に「怪獣映画」の洗礼を受けた世代なんで、ゴジラもモスラもキングギドラもガメラもウルトラマンも、基礎的な教養として、当然知ってる、つもりだった。でも「モスラ」って1961年なのね。生まれる前じゃん。そーか、オレが記憶しているモスラはその後の続編のモスラなんだな。これはいけない。オリジナル、観なきゃ。

っていう、オタクとしての矜持(なのか?)の問題を別にしても、この本読むと「モスラ」観たくなると思いますよ。因みに中身はこんな感じ。

プロローグ モスラの飛んだ日
第1章 三人の原作者たち
第2章 モスラはなぜ蛾なのか
第3章 主人公はいったい誰か
第4章 インファント島と南方幻想
第5章 モスラ神話と安保条約
第6章 見世物にされた小美人と悪徳興行師
第7章 『モスラ』とインドネシア
第8章 小河内ダムから出現したわけ
第9章 国会議事堂か東京タワーか
第10章 同盟国を襲うモスラ
第11章 平和主義と大阪万博
第12章 後継者としての王蟲
エピローグ 「もうひとつの主題歌」

繰り返しますが、面白い。思うに、著者の立ち位置、絶妙にバランスが取れていますね。これが大きい。時代の無意識に対する精神分析的なアプローチと、実際に映画が製作された現場や過程を実証するスタンスとが、いい感じで混ざっている。バランスが取れている。独りよがりの決め付けに走らず(二流の学者が陥り勝ち)、トリビア知識の自慢に堕さず(二流のオタクが陥り勝ち)、一見無関係或いは瑣末と見える知識を結びつけて、時代を語る。押し付けがましくなく。様々なレベルで。愛を持って。

だから、ある意味とてもオタクっぽい本なんだけど、鬱陶しくない。胡散臭くない。ええ本です。一読をお奨めします。

なるほど。この立ち位置か。勉強になりますぅ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけるとたいへん有難いです。
にほんブログ村

モスラの歌、歌詞。

モスラヤ モスラ
ドゥンガン カサクヤン
インドゥムゥ
ルスト ウィラードア
ハンバ ハンバムヤン
ランダ バンウンラダン
トゥンジュカンラー
カサクヤーンム

ああこれでカラオケの持ちネタが増えた。うれしい。

|

« 【書評】条文を捉える 著者:久野浜男 | トップページ | 【書評】死にとうない 著者:堀和久 »

140 新書」カテゴリの記事

150 ノンフィクション」カテゴリの記事

530 文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】モスラの精神史 著者:小野俊太郎:

» 【マジコン】ポケモン ホワイト ブラック【エミュ】 [【マジコン】ポケットモンスターブラック・ホワイト【攻略】]
ポケットモンスターブラック・ホワイトのROMデータが!マジコン対策回避方法!? [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 17時56分

« 【書評】条文を捉える 著者:久野浜男 | トップページ | 【書評】死にとうない 著者:堀和久 »