« iPad買っちゃった!・・・その6。【アプリレビュー】HElexiconLite、近頃コレにハマってます。 | トップページ | 【書評】条文を捉える 著者:久野浜男 »

2010年8月25日 (水)

【書評】わたしの渡世日記 著者:高峰秀子

わたしの渡世日記読了◎。昭和四年に五歳でデビューしてから、五十五歳で引退するまで、きっかり半世紀、実に三百本を越える作品に出演した、”大女優”高峰秀子の一代記。

いやー面白い。高峰秀子の流儀で紹介されていた高峰秀子という人物像が、あまりに強烈だったので、これは読まずばなるまい、と購入。期待は裏切られませんでしたよ。

一種突き放した視線。歯切れのいい文章。当時の映画界、のみならず、戦争を含む時代の雰囲気やら、当時の著名人の生身の姿やら、が活写され、単なる自伝を超えた、ありえない面白さ。すげえすげえ。

なんていうんでしょう。モノゴトを突き詰めたヒトだけが持つ、大胆さというか。思い切りの良さというか。自然体な感じというか。ひとことで言うと「悟っている」って感じ、ですかねえ。

んでまた当時の写真が載ってたりするんですけど、これがまたえらい美少女或いは美女、なんだよねぇ。昔のソフトフォーカスのブロマイド(が多い)ってトコを差っ引いても。そりゃ、これはたいていの人間を武装解除してしまうよな。はー。凄いヒトがいるもんだ。

戦争をとりまく時代の手触りが、こんだけ身近にありありと迫ってくる本、ってのも珍しいと思います。ありそうでないですよ、これ。あくまで高峰秀子さん自身の自伝、渡世、がテーマなんですけど、社会背景としての「戦争の時代」の描写にはかなりの分量が割かれており、なんともいえないリアリティがあります。同様に、背景としての「映画業界」もね。

映画、一本も観てないのも失礼かな、と思うんで、そのうちなんか観てみようと思います。やっぱ「二十四の瞳」かなあ・・・。あと、他の著作も読んでみたくなりますな。勉強の息抜きにぼちぼち読んでいこう。なんとなくいいわけ臭いねえ。スンマセン。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

|

« iPad買っちゃった!・・・その6。【アプリレビュー】HElexiconLite、近頃コレにハマってます。 | トップページ | 【書評】条文を捉える 著者:久野浜男 »

120 エッセイ」カテゴリの記事

150 ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】わたしの渡世日記 著者:高峰秀子:

» 24時間テレビ マラソンランナー・はるな愛 秘められた過去 [24時間テレビ マラソンランナー・はるな愛 エッチな過去]
24時間テレビ マラソンランナー・はるな愛 エッチな過去を発見 [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 12時38分

« iPad買っちゃった!・・・その6。【アプリレビュー】HElexiconLite、近頃コレにハマってます。 | トップページ | 【書評】条文を捉える 著者:久野浜男 »