« iPad買っちゃった!・・・その4。【アプリレビュー】handwrites Lite、このシンプルさがたまらんな | トップページ | iPad買っちゃった!・・・その5。【アプリレビュー】電子法令検索、凄え! »

2010年7月24日 (土)

【映画レビュー】赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道 脚本・監督:高畑勲

行ってきました「赤毛のアン グリーンゲーブルズへの 道」◎。日本アニメの日曜名作劇場枠でTV放映された、あの名作「赤毛のアン」の、劇場公開版。第1話から第6話を高畑監督自身が再編集したもの。 TV放映は1979年。ってーと、あーた、31年前ですぜ?

最初、ネットで劇場公開って話を見つけたとき(しかしよく見つけたもんだよ)、冗談だと思った。31年前のTVアニメの再編集版が今頃なんで、劇場 公開?って思うよね?んで、どうも冗談でなく本当だ、ってわかって。うん。思えば「赤毛のアン」はワシの青春だったんですわ。前に「ミゼラブル・ハイス クール一九七八」んトコでもちょっと書いたけどね。んで、思った、「オレが行かないでどうする?!」。

0C25C3D1-7E0D-461D-98EB-64DCA3E05E36

上映館(ハコ)は渋谷のシネマ・アンジェリカ。ワシには初めてのハコです。収容100名ちょっとのところに、5分~6分の入りか。客層、40代後半 の正統派オタクがぞろぞろ、熱気むんむん、だったらどうしよう?とちょっとドキドキしていたのですが、存外普通の親子連れとか、若い女の子のグループとか もいて、普通の子供向け映画の客層とそう変わらない。ほっとしたような、拍子抜けしたような。時代を超えて、世代を超えて、やっぱり、いいものはいい!っ てことですなあ。

オープニングでいきなりいまどき珍しい上映事故。主題歌が途切れ、画面真っ暗。おいおい。オレが昔のオレだったら怒ってるぞ。コラ。以後気をつける よーに。

さて、肝心の中身は?観る前、イロイロ考えて、ドキドキしてました。オレは何のために、コレを観に行くのか?そう自分に問うて、思った、知りたかっ たのは、31年前の自分が何に惹かれたのか?何を考えていたのか?ってこと。

それから、観て、面白くなかったらどうしよう?気恥ずかしい思いをしたらどうしよう?観るに耐えなかったらどうしよう?ってのもマヂで心配しました ね。

でもね。結論を言うと、とてもとても面白かった。ちゃんとドキドキしたし、ちゃんとウルウルしたし、ちゃんとホッとした。全然古くない。丁寧な演出 が素晴らしい。例えば、アンがマリラと一緒に馬車に乗ってスペンサー夫人のところへ向かう途中の原っぱのシーン、あの雲の影、あの音楽、あの間(ま)が。 そしてアンのキャラは魅力的だ。今観ても。

ってわけで、今回分かったこと。ひとつめは、オレは高校生の頃から、見る目があったんだな、ってこと。ふたつめは、オレはひょっとして高校 生のころから、成長してないんじゃないか、ってこと。そーかそーか。うん。このまま行きたいと思います。

ってわけで、今日は全然勉強ネタでない。いやいや帰りの井の頭線の中でホラiPhoneで暗記カードめくってましたがな。って言い訳がましいね。ご めん。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へにほんブログ村 本ブログ 
書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。

|

« iPad買っちゃった!・・・その4。【アプリレビュー】handwrites Lite、このシンプルさがたまらんな | トップページ | iPad買っちゃった!・・・その5。【アプリレビュー】電子法令検索、凄え! »

630 おたく系」カテゴリの記事

440 映画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画レビュー】赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道 脚本・監督:高畑勲:

« iPad買っちゃった!・・・その4。【アプリレビュー】handwrites Lite、このシンプルさがたまらんな | トップページ | iPad買っちゃった!・・・その5。【アプリレビュー】電子法令検索、凄え! »