« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月24日 (土)

【映画レビュー】赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道 脚本・監督:高畑勲

行ってきました「赤毛のアン グリーンゲーブルズへの 道」◎。日本アニメの日曜名作劇場枠でTV放映された、あの名作「赤毛のアン」の、劇場公開版。第1話から第6話を高畑監督自身が再編集したもの。 TV放映は1979年。ってーと、あーた、31年前ですぜ?

最初、ネットで劇場公開って話を見つけたとき(しかしよく見つけたもんだよ)、冗談だと思った。31年前のTVアニメの再編集版が今頃なんで、劇場 公開?って思うよね?んで、どうも冗談でなく本当だ、ってわかって。うん。思えば「赤毛のアン」はワシの青春だったんですわ。前に「ミゼラブル・ハイス クール一九七八」んトコでもちょっと書いたけどね。んで、思った、「オレが行かないでどうする?!」。

0C25C3D1-7E0D-461D-98EB-64DCA3E05E36

上映館(ハコ)は渋谷のシネマ・アンジェリカ。ワシには初めてのハコです。収容100名ちょっとのところに、5分~6分の入りか。客層、40代後半 の正統派オタクがぞろぞろ、熱気むんむん、だったらどうしよう?とちょっとドキドキしていたのですが、存外普通の親子連れとか、若い女の子のグループとか もいて、普通の子供向け映画の客層とそう変わらない。ほっとしたような、拍子抜けしたような。時代を超えて、世代を超えて、やっぱり、いいものはいい!っ てことですなあ。

オープニングでいきなりいまどき珍しい上映事故。主題歌が途切れ、画面真っ暗。おいおい。オレが昔のオレだったら怒ってるぞ。コラ。以後気をつける よーに。

さて、肝心の中身は?観る前、イロイロ考えて、ドキドキしてました。オレは何のために、コレを観に行くのか?そう自分に問うて、思った、知りたかっ たのは、31年前の自分が何に惹かれたのか?何を考えていたのか?ってこと。

それから、観て、面白くなかったらどうしよう?気恥ずかしい思いをしたらどうしよう?観るに耐えなかったらどうしよう?ってのもマヂで心配しました ね。

でもね。結論を言うと、とてもとても面白かった。ちゃんとドキドキしたし、ちゃんとウルウルしたし、ちゃんとホッとした。全然古くない。丁寧な演出 が素晴らしい。例えば、アンがマリラと一緒に馬車に乗ってスペンサー夫人のところへ向かう途中の原っぱのシーン、あの雲の影、あの音楽、あの間(ま)が。 そしてアンのキャラは魅力的だ。今観ても。

ってわけで、今回分かったこと。ひとつめは、オレは高校生の頃から、見る目があったんだな、ってこと。ふたつめは、オレはひょっとして高校 生のころから、成長してないんじゃないか、ってこと。そーかそーか。うん。このまま行きたいと思います。

ってわけで、今日は全然勉強ネタでない。いやいや帰りの井の頭線の中でホラiPhoneで暗記カードめくってましたがな。って言い訳がましいね。ご めん。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へにほんブログ村 本ブログ 
書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

iPad買っちゃった!・・・その4。【アプリレビュー】handwrites Lite、このシンプルさがたまらんな

便りのないのは良い便り、なんてェことを申しますが。これもう現代では通用しない”コトワザ”になってしまいましたな。しようと思えば、いつでも、すぐに、”便り”が出来ちゃう、って世の中だからね。便りのないのはマメじゃない、とか、便りのないのは失礼ね、とか、どうかすると、便りのないのは絶交よ、とか、ってことになってしまいます。ものぐさな人間には生き辛い世の中になったものだ、ぶつぶつ・・・。

ってわけで(もないんだが(どっちだ?))、やっぱりね、いくら時間がない、勿体ない、つっても、週に一回位はブログを更新するってのは、最低限の礼儀でもあるし、息抜きにもなる、と思うわけです。で、こうして駄文を綴っている。週一ペースの更新。暫くはこれで行きたいと思います。

で、何を書こうか。書評?読んだら書くってルールは生きてるんだけど、何しろ読んでないからなー、書けないわな。しかしアレだね、せっせと書評を書いていた時代は、”とっかえひっかえ本を読まない生活”なんて想像も出来ない、って感じでしたが、読まなきゃ読まないでなんとかなるもんなんですな。我乍ら意外だ。てっきり勉強の合い間にぞろ小説を読み出すのかと思っていたのだが、全然浮気せずにせっせと勉強しているのは、エライ、と思う。って自分で褒めてちゃ世話ないな。

昔読んだ本の書評、ってのも考えた。お気に入りの本の紹介、みたいな。ってなると、まずはコードウェイナー・スミス本だよな。ノーストリリア、竜と鼠のゲーム、ショイヨルという名の星、それからそれから。んでもって次はディックかコニー・ウィリスか。ううーん。いいんだけど、気軽に書けないんだよな。思い入れがありすぎるので、肩に力が入ってしまいそう、ってのが自分でもわかる。空いた時間に息抜きでちょこちょこっと書くって訳にはいきそうもないよなあ。書きながら最初っから読み直しだしたりして・・・。ううーむ。明らかに勉強の邪魔になるよー。

勉強ネタも書いていきたいのだが、まだ知識をインプットしている段階なんで、面白い記事が書けないんだよ。年内で基本インプットは終えたいところだがなあ。

勉強法ネタ、これも書くことない。たいしたことしてないからなあ。因みに今は「条文を捉える」のⅠを読んでいます。ええ本です。来週はこれの書評書けるかな・・・。

で、困ったときのiPadネタ、ってことでどうでしょ?ちょっと勉強法ネタ絡めて。

つーことで、やっと本題handwrites Lite。超シンプルなメモパッド。iPadを手書きのメモ帳にしてくれる。どんだけシンプルか、ってーと、紙の外観はイエロー横罫の一種類、ペンの色は黒のみ、太さは一種類、その上、キーボード入力なし、メール転送なし、アンドゥなし、リドゥなし、ナイナイづくしです。ただ、横罫ノートにペンで書き殴る、のみ。このシンプルさが、いいんですわ。

Kintou

これ、handwrites Liteの画面をスクリーンショットで撮ったもの。どういうわけだかどうもピントが甘いね。実際の画面はもっと鮮明です。

本を読んだだけじゃ、分かってるかどうか、分からない。んで、分かった(と思った)ことを、書いてみる。そうすると、何が分かったのか、分からなかったのか、ちょっとは見えてくる。アウトプットは大事だね。

それ、紙でやりゃいいじゃんって?その通りでございます。そのとおりなんだけど、iPadでやると、なんとゆーか、気持ちがいいんで、勉強がはかどる、と。自分の字の汚さにホトホト嫌気がさすけど、ほら、iPad的汚さ(デジタルゆびお絵かき的汚さ)だと思えばそれほど嫌じゃない、ってゆーか。ははは。殆ど冗談ですが。

んで、iPadでこれをやるメリット、それだけじゃない。handwrites Liteに書いたメモをパシャパシャ撮って、MACminiと同期、引き続きiPhoneと同期。そう。これらのメモが全てiPhoneに移せる。作業といえば何も考えずにパシャパシャ撮るだけ。後は勝手に同期。ちょっとした空き時間にiPhoneで復習しようって寸法です。どーよ?

9mai

うーん。どおしてもピンボケ。不思議だ。そういう設定なのか?ま、それはそれとして、超シンプルなソフト、handwrites Lite。余計なことをなんも考えんでいい、ってトコが、毎日乱暴にブンブン扱うにはちょうどええ、ってコトで。んで、これ、タダだし。あなたのiPadにも是非。

っとまあ、iPadかわいさに勉強に精を出す、オタクの性(さが)のお話でした・・・。
おおっと、思ったより長くなっちまったぜ。また、便りのないのは勉強中、って状態(モード)に戻りますぅ・・・。ではでは。

<追記>
ええっと。handwrites Liteについて、ひとつ、わかんないトコがあったんだった。画面上方に4つのアイコンが並んでいますが、右から順に、拡大、消しゴム、鉛筆、なんですよ。んで、一番左端にあるアイコンの意味がわかんない。ええー?こんなにシンプルなのに、わかんないって、どゆこと?ってわけで、スンマセン、ご存知の方、ご一報を。

<さらに追記>
アイコンの件、わかったわかった。そうか。よく出来ている。よく出来ているぞ。ええっとですね、一番左のアイコンを押した状態だと、自動的にスクロールしてくれるんだ。普通にフルスクリーンの状態で使う分にはこのアイコンは意味がないのだ。こいつが生きるのは拡大モードで書いてるとき。拡大モードで書くと、当然のことながら字はすげえきれいに書ける。でも、スペースの一部にだけ注目している状態なんで、書きづらい。このアイコンが押してあると、注目スペースの右いっぱいまで来たら、注目スペースを送ってくれるのだ。おお。偉いじゃないか。親切じゃないか。タダなのに。うんうん。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ   →ポチっとクリックしていただけるとたいへん有難いです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

【書評】弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法 著者:大塚康英、廣田浩一

弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法読了○。近年の弁理士試験問題の傾向である判例重視の傾向に対応すべく、判例のポイント部分のみを抽出し、コンパクトにまとめた本。事件名、事案の概要、争点、結論、理由、アドヴァイス、が見開きに収まっている。アドヴァイスでは、他の判決との関係、学説の紹介の他、過去の弁理士試験出題情報等も記載してあります。

ってわけで、えーっと、もともとこのブログは書評ブログだったわけで(いや今でも書評ブログなわけで)、ルールは読んだら書く、ってことになっています。で、読んじゃったんで、書こうかな、と。つーても、ま、普通の所謂”読書”とは違うのは、あたりまえの話だけどね。なんというかこう、一種の習慣というか中毒というか、一定のペースで書評をアップしていかないとなんだか落ち着かなくてねぇ。・・・でも考えてみたらこの記事、一般人がググりそうなキーワード入ってないよな。

お勉強のつもりで読んだけど、いやなかなか面白かったよ。青本ばっか読んでるとなんだか飽きてくるじゃないですか。といって他の本をじっくり読むほどの余裕はない。判例って、ちょっとドラマ仕立てな感じが飽きなくっていい、ってゆーか。ってわけで、続編(弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法〈2〉 )が出ていたのでそれも注文してしまった。アマゾンってホント便利なー。

この本(1の方ね)の出版は2003年。ヤフオクで古書店から手に入れた。ここ数年の怒涛の改正で、古本はもう役に立たないのかな、って思ってたけど、いやいや。改正に関係ない部分での論点の理解・整理には十分使えますね。さっきも書いたが、ドラマみたいなもんで、論点が印象に残りやすいしね。んで、それもこれも、超コンパクトにホントのエッセンスだけを抽出して抜粋してあるワザがあればこそ。判例そのものをイチから読んでたら逆に頭ぐちゃぐちゃになっちゃうよーな気がする。

ってわけで、なかなかええ本です。2005年の”2”以降、出てないのは残念だなー。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ→ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

iPad買っちゃった!・・・その3。改めてEverNoteに感動

まずはMACmini君がiPad君を認識してくれない不具合のその後について、ご報告。
アップルストアに電話して、症状を説明。いつも思うけどアップルストアの電話対応は完璧です。*iftyとかS*ftbankとかに、アップルの爪の垢でも煎じて飲め、と言いたい。
んで、どうもいくつかのファイルがMACminiで壊れているらしいということになり。ゴミ箱にファイルを2つほど捨てて、再起動、アップルのホームページからファイルをダウンロードしてもう一度再起動、無事認識出来るようになりましたがな。

ホントは具体的なファイル名とかダウンロードのページの名前とか、書いといた方がこのページの資料的な価値が高まるかな、とも思うんだが、正確な名前を忘れちゃったので、今回はパス。ま、それ以前にレアケースだと思うし、システムファイルをいじることなんで、ちゃんとアップルに確認しながらやったほうがいいでしょう。

無事、同期が取れて、一安心ってとこ。といってもだからどう、ってわけでもなく、今のところ単なる青本(工業所有権法逐条解説18版)リーダーと化しているウチのiPad。考えてみたら休日ただ黙々と本を読むってのは、書評書きとしてここんとこずーっとやってきたことのわけでな。全然違和感ないぞ。

紙の本とiPad。どっちがいいか、こういう形で比較することになるとは思ってなかったな。iPadのいい点は、軽いこと(そりゃ1800頁分の紙の重さと比べたら)、どこまで読んだか記録が残ること。悪い点は、書き込みが出来ないこと。

書き込みと検索のできるpdfリーダーはまだないようですな。iAnnotate PDFってのがソレ狙いみたいなんだけど、惜しいかな縦書きに対応してない。同じ会社のお試し板iRead PDFで試した。うーん。青本のPDFを横書きにする、ってのも考えたが(全選択でコピーしてテキストとして貼り付け、PDF出力する)、それもちょっとなあ。

いかん。ダラダラ書いてたら結構な時間が経っている。Ever Noteネタはまた今度。因みにこの記事はiPadで書きました(リンク設定以外)。ちょーっと句読点とか文章の流れがへんだよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »