« 【書評】スノーボール 著者:アリス・シュローダー | トップページ | 【書評】高峰秀子の流儀 著者:斎藤 明美 »

2010年6月21日 (月)

ランキングから降りるっていうことは

土日で本を一冊も読まないっていうのは久し振りのことだな。いや実を言うと何冊か読んではいるんだが、あくまでもお勉強の合い間に息抜きとして読んでるんで、読み上げるに至らず、ってことです。んで、更新頻度が低下して、書評ブログとしてのランキングが低下する。それはなんだか寂しいなあ。ってのが正直な気持ち。

ランキングから降りるっていうことは、かなりの勇気がいることなんだな。と改めて思ったことであります。お金と幸福のおかしな関係でもその問題は扱ってたよな。自分の中の、ランキングマニアと戦え!ってことですね。まあ当分は、更新度低下も訪問者数低下もランキング低下も受け入れていかなきゃなんないんでしょうねえ・・・。

昨日は青本読みと講座のCDを聴いて過ごしてました。昔に比べたら格段に勉強しやすくなっていると思う。そうそう、特許庁のIPeラーニング、なかなか良いです。タダだし。弁理士の勉強のために作られたものではなく、庁内の審査官とかの実務の教育のためのものだと思われますが、弁理士の勉強にも十分使える。平成18年改正のポイントとか、とてもわかりやすくてイイ感じです。部外者にこれを開放してるってのはある意味驚き。

人数には制限があるようなので、あまり大々的に宣伝しない方がいいのかもしれないけど・・・。これ、みんな知らないのかなあ?それともこんな内容はホンの初学者向けでみんなとっくに卒業してるってことですかね?道程は長いな。ま、ぼちぼち行きましょう。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

|

« 【書評】スノーボール 著者:アリス・シュローダー | トップページ | 【書評】高峰秀子の流儀 著者:斎藤 明美 »

310 ブログ運営」カテゴリの記事

720 弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランキングから降りるっていうことは:

« 【書評】スノーボール 著者:アリス・シュローダー | トップページ | 【書評】高峰秀子の流儀 著者:斎藤 明美 »