« 【書評】1Q84 BOOK 3 著者:村上春樹 | トップページ | 【書評】フグはなぜ毒をもつのか―海洋生物の不思議 (NHKブックス) 著者:野口玉雄 »

2010年5月 2日 (日)

【書評】会社のお金を学べ!! (マジビジ11) 著者:坂口孝則

会社のお金を学べ!!読了○。帯のアオリ文句は、<あなたの”本気”を応援する「マジビジ」シリーズ第12弾!!欲しかったけど無かった。「社会人3年目」の視点で、テーマを選び、編集した新感覚のビジネス書、登場!>。

薄いんですぐ読めてすぐ書ける、って意味ではビジネス本はブログ更新のいいネタになってくれる。中でもこのマジビジというシリーズの薄さは格別。暇つぶしに、手当たり次第にマジビジの書評、ってのはどうかな?・・・それはそれで飽きそうだから却下。

MISSION 1 会社の数字を知っておかないといけない理由
MISSION 2 商品の原価の謎を解け! 【管理会計の基本】
MISSION 3 決算書の基本を学べ! 【財務会計1 :損益計算書】
MISSION 4 決算書で会社のウラを読め! 【財務会計2 :貸借対照表】
MISSION 5 家計簿感覚で会社のお金を把握せよ! 【財務会計3 :キャッシュフロー計算書】
MISSION 6 常に利益を意識せよ! 【応用編:管理会計+財務会計】

MISSION 1が”会社の数字を知っておかないといけない理由”から始まっているってトコが、このシリーズの特徴をよく表しているねえ。ソコからかい!みたいな。んで、本文の中身は物凄く易しく。うん。この思いっきり削りに削ったトコが、いいよな。広く浅く、敷居をとことん下げる。これまで読んだこの手の本(会社の数字を云々、とか、決算書の読み方云々、とか)の中では簡略化度ナンバーワンだと思う。ふつう、もうちょっと色々と開陳したくなるもんなんだと思うんですよ。薀蓄を傾けたくなるもんだと。

普通の”本”だと、書き手は、その誘惑に勝つのは難しい。著者としてのある種の見栄が、邪魔をするんだと思うんだ。ところが、①社会人3年目向けの、②薄い新書、装丁は③このマンガっぽい感じ、っていう強力な縛りが掛かると、バッサリやれてしまうんだなー、とヘンなトコで感心。そういう意味では、このマジビジというシリーズは、他のビジネス本との差別化には成功しているんだと思う。

で、バランスを取る意味で、次に進みたいヒト向けに、ブックガイドがちゃんと巻末に用意されているのは良心的ですね。そこでいきなり「クルーグマン マクロ経済学」を紹介するのはちょっとどうか、と思わなくもないが。

ま、帯のアオリ文句的には、ワタシは対象外なんで、書評を書く意味があんのか、っても思うんですけど、読んだら書く、ってのがルールなんでなあ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

|

« 【書評】1Q84 BOOK 3 著者:村上春樹 | トップページ | 【書評】フグはなぜ毒をもつのか―海洋生物の不思議 (NHKブックス) 著者:野口玉雄 »

170 ビジネス本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】会社のお金を学べ!! (マジビジ11) 著者:坂口孝則:

« 【書評】1Q84 BOOK 3 著者:村上春樹 | トップページ | 【書評】フグはなぜ毒をもつのか―海洋生物の不思議 (NHKブックス) 著者:野口玉雄 »