« 【書評】ザ・パニック 1907年金融恐慌の真相 著者:ロバート・F・ブルナー、ショーン・D・カー | トップページ | 【書評】Mac People 1月号 »

2009年12月 6日 (日)

【レシピ】超簡単!うまい!ビスケット

超簡単な、ビスケットのレシピです。ワシ、小麦粉系のデザートはあんまり好きじゃなかったんですよ。クッキーとかサブレとか、なんかこう歯とのどに詰まりそうな感じがヤだ、ってゆーか。でも、このビスケットはうまい。食べだすと止まらなくなって、翌朝腹が張って気持ち悪い、ってトコまでいってしまうほど。気をつけましょう。

んでもってすげー簡単なんです。どれくらい簡単かというと。朝メシ喰ってたらヨメさんが小麦粉でなんかやってんですよ。「それ何?」「ビスケット」「へー」という夫婦の会話があり、朝メシを喰い終わるくらいがちょうど生地を切るトコで、シャワーを浴びて出てきたら焼いてる最中で、出掛けるときには焼きあがってて、2-3個つまみ食いできてしまった、ってくらい。あ。・・・説明になってないですか?

記事を書いた後で、写真が欲しいな、と思い、今日作ってもらってケータイで写真を撮った。初の、写真入レシピです。写真の質がイマイチなのは御愛嬌。てゆーか、作るの早っ。雑っ。どんどん先に進んでいくんですぅ。・・・それでもうまい、ってことで。

<つくりかた>
材料:
A(薄力粉220g、ベーキングパウダー小匙3、グラニュー糖30g、粗塩小匙1/4)、
食塩不使用バター100g、
B(卵1個、サワークリーム40g、牛乳小匙1)
チョコチップ適当、その他なんでも適当(今回はチーズ&ふかしジャガイモ&コーン)

1.バターを大きなボウルに入れ、やわらかくしておく。後で指で崩すからね。Nec_0173

2.Bを小さなボウル(てゆーかお椀)に入れ、よく混ぜ合わせておく。Nec_0179

3.Aを1の大きなボウル(バターの塊が入れてあるやつね)に入れる。秤の上にボウルを載せたまま、量りながらどんどん足してく。こうすれば洗い物が増えないんだそうで。なるほど。

Nec_0175

4.3を、指先でバターの塊を崩すようにする。全体がサラサラになるまで。
Nec_0188

5.4に2を加え、こねる。生地がまとまってきたら具の種類に応じて生地を分け(今回は2種類)、具を入れ、こねる。
Nec_0191 Nec_0199

6.打ち粉をした台の上に生地を載せ、練っていく。麺棒で伸ばして折り返して、を2-3回。

Nec_0222

7.麺棒で厚さ1-2cmに伸ばし、適当に切る。

Nec_0207

8.オーブンシートを敷いた天板に間隔を空けて並べる。

9.180℃のオーブンで25分焼く。

今回はNec_0226具が2種類だったので、先にチョコ入りを焼き、焼きあがるのを待つ間にジャガ&チーズ&コーン入りを伸ばして切って、ってやってた。合理的だ。

Nec_0231

|

« 【書評】ザ・パニック 1907年金融恐慌の真相 著者:ロバート・F・ブルナー、ショーン・D・カー | トップページ | 【書評】Mac People 1月号 »

200レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【レシピ】超簡単!うまい!ビスケット:

« 【書評】ザ・パニック 1907年金融恐慌の真相 著者:ロバート・F・ブルナー、ショーン・D・カー | トップページ | 【書評】Mac People 1月号 »