« 【書評】分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか 著者:三中信宏 | トップページ | 【書評】お金と幸福のおかしな関係 著者:マティアス・ビンズヴァンガー »

2009年12月10日 (木)

【書評】叡智の断片 著者:池澤夏樹

叡智の断片読了○。英題は「Fragments of Wisdom」。月刊PLAYBOYに連載された、あるテーマについての”引用”を、解説しながら紹介する、というコラムをまとめたもの。軽めの、でもスパイスの効いたエッセイ。テーマってゆーかお題は「政治家」であったり、「愛国心」だったり、「結婚」だったり、「アメリカ」だったり、「酒飲み」だったり、「戦争」だったり、「王様」だったり、「恋愛」だったり、「ジャズ」だったり。いろいろ。因みにすべての引用には英語の原文が注釈で付いていますから、英語の勉強にも(なる人には)なる。

ちょっと考えて”にやっ”てのが多い。おもしろいおもしろい。因みにこの本はウチのヨメさんが、珍しく、「面白いから読め」っつって廻してくれたもの。ヨメさんは電車の中で読んでて不覚にも爆笑してしまい、とてもとてもバツの悪い思いをしたそうです。みなさんも外で読む際には気をつけましょう。

「引用」だけで一冊の本になる、ってのがすごいな。んで、たしかにおもしろい「引用」はおもしろいんですよ。お題で一番ウけたのはなんといっても「結婚」。引用からの引用になりますけど例えばこんな感じ。

「本当の幸福がどんなものか、僕は結婚するまで知らなかった。知ったときにはもう手遅れだった」byマックス・カウフマン。とか、

「私たちの結婚生活が長く続いている理由をよく人に聞かれるんですよ。そう難しいことじゃない。週に二度はレストランで食事をするんです。ロマンチックな蝋燭の明かりで、気の利いた会話を楽しみながら、おいしいものを食べる。妻が行くのは火曜日で、私は金曜日です」byヘニー・ヤングマン。とか、

「男とチンパンジーはどこが違う?一方は毛深くて、臭くて、いつもお尻を掻いているでしょ?そうでない方がチンパンジー」とか。あはあはあは。ね?なかなかイイでしょ?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ →ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

|

« 【書評】分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか 著者:三中信宏 | トップページ | 【書評】お金と幸福のおかしな関係 著者:マティアス・ビンズヴァンガー »

120 エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】叡智の断片 著者:池澤夏樹:

« 【書評】分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか 著者:三中信宏 | トップページ | 【書評】お金と幸福のおかしな関係 著者:マティアス・ビンズヴァンガー »