« 【書評】思考する言語(中) 著者:スティーブン・ピンカー | トップページ | 【書評】味方をふやす技術 著者:藤原和博 »

2009年10月10日 (土)

【レシピ】早い・安い・うまい・健康にいい!カミナリ丼

レシピを載せるのは久しぶりだ。実は今オックスフォード・サイエンス・ガイドという本を読んでまして。これがまあ、2段組767頁という結構なボリュームの本なんですな。そうするとそうそう書評を書いてらんない。読んでも読んでも終わんないんだから!で、まあウメクサとしてですね、ウチのヨメさんからの聞き書きレシピの登場、となるわけです。今日のお題は節約料理ってことで、早い・安い・うまい・健康にいい!カミナリ丼です。

<材料>どんぶり二人前

木綿豆腐一丁、天かす大匙3、砂糖大匙1、日本酒大匙2、醤油大匙1、ご飯どんぶり2杯分

<つくりかた>

①なべに天かすを入れ、からいりする。ちょっと強めの中火。

②油が滲み出たら四角く切った豆腐を入れる。一丁を8~10等分に切る感じ。

③酒をいれ、砂糖、醤油を入れて、ざっくり混ぜ合わせる。豆腐がちょっと崩れるような。

④ご飯に乗っける。好みで七味唐辛子を振ってもおいしい。

何でカミナリ丼って言うかというと、とうふを入れたときに「ばりばりばりっ」と景気のいい音がするんですよ。その音をカミナリに見立ててあるわけです。

豆腐料理って、健康にいいんだろうけどなんか物足りない、って感じが残るでしょ?いや正直に答えていいんですよ。コクが足りないだろ、みたいな。でもね、このカミナリ丼は、大丈夫。えっ?っと驚くぐらいコクとボリュームのある丼物です。ホントです。保証します。騙されたと思って是非是非一度お試しあれ。

パートナーの上手な動かし方 - ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!

みんなの「食品の値上げ?節約料理で乗り切ろう!はこちら

|

« 【書評】思考する言語(中) 著者:スティーブン・ピンカー | トップページ | 【書評】味方をふやす技術 著者:藤原和博 »

200レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【レシピ】早い・安い・うまい・健康にいい!カミナリ丼:

« 【書評】思考する言語(中) 著者:スティーブン・ピンカー | トップページ | 【書評】味方をふやす技術 著者:藤原和博 »