« 【書評】鐵のある風景 著者:森雅裕 | トップページ | 【書評】オババコアック 著者:ベルナルド・アチャーガ »

2009年10月30日 (金)

ウメクサでございます

ええっと。タイトルどおり、ウメクサでございます。ってか、カレンダー見るとね、もう一週間書けてない。この一週間、読んではいるんだがどの本も終わりまで到達しないんだよなー。これはいかん、何か書かねば、って、ただそれだけなんですけどね。

書評ブログにしよう、って思ってからブログの更新は楽になった。ある意味、記事のフォーマットが出来てるわけですから。あらすじを紹介する、感想を書く、自身の体験を少し、みたいな。今読み返すと、最初の頃はそれぞれ一行、全部あわせても三行、ってゆーよーな、ごくごく簡単な書評だったんですね。でも書いてるうちにどんどん長くなっていく。まあこれはそういうもんだ、と思います。慣れると書くのが苦にならなくなる。加えて、書評ブログサイトに登録とかすると、あまりに短いのはカウントしてくれないので、ある程度以上の記事を書くようになると。

しかし欠点もあって、ひとつは書評以外の記事を書くことをしなくなってしまう、ってこと。もうひとつは、同じことなんですが、本を読まないと記事が書けない、ってこと。書評が楽なのと、ランキングをあげるのが面白いので、他の記事を書くという発想がなくなってしまってました。

書評、する。ってことにしよう。考えて書くためのネタとして”本”はいいツールなんだけど、本末転倒になってはいかんよな。ネタはいろいろあるはずだ。考えて書くための。うん。

|

« 【書評】鐵のある風景 著者:森雅裕 | トップページ | 【書評】オババコアック 著者:ベルナルド・アチャーガ »

310 ブログ運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウメクサでございます:

« 【書評】鐵のある風景 著者:森雅裕 | トップページ | 【書評】オババコアック 著者:ベルナルド・アチャーガ »