« 【書評】1Q84 著者:村上春樹 | トップページ | 【書評】打たれ強くなるための読書術 著者:東郷雄二 »

2009年7月 7日 (火)

【書評】コズミック・マインド 著者:西垣 通

コズミック・マインド読了△。中堅地銀である倉光銀行は、大手都市銀行の住菱銀行との合併を控え、オンラインシステム統合の作業を急ぐ。しかし作業は難航している。不可解なプログラムがシステムの中に組み込まれているようなのだ。それは?退職したシステムエンジニアの朽木に問い合わせがいく・・・。

何週間か前の日経の書評欄で取り上げられていて、面白そう、てんで読んでみました。結構楽しみにしてたのよ。が、うーん。ちょっと。ミステリにしてはネタがすぐ割れるし、コンピュータに絡んだ薀蓄本にしては通り一遍の議論しか出てこないし、文学的な深みがあるわけでもないし。ストーリーが平坦で人物描写がありきたり。なんじゃそりゃ。いいトコ一個もないわけ?うーん。困ったね。わがままな読者ですんません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ   →ポチっとクリックしていただけると大変有難いです。
にほんブログ村

|

« 【書評】1Q84 著者:村上春樹 | トップページ | 【書評】打たれ強くなるための読書術 著者:東郷雄二 »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】コズミック・マインド 著者:西垣 通:

« 【書評】1Q84 著者:村上春樹 | トップページ | 【書評】打たれ強くなるための読書術 著者:東郷雄二 »