« 【書評】雪屋のロッスさん 著者:いしいしんじ | トップページ | 【書評】あの娘は石ころ 著者:中島らも »

2009年6月15日 (月)

【書評】ナンパを科学する 著者:坂口菊恵

ナンパを科学する読了○。副題は「ヒトのふたつの性戦略」。何度もナンパされた経験を持つ著者は、大学入学後、それが女性一般に共通の経験ではないと知る。ナンパに会いやすいタイプと会いにくいタイプに分かれるようなのだ。ではどんな女性がナンパされるのか?また、どうやってそれを研究するべきか・・・?

って感じで煽ってみました(笑)。テーマがテーマだけになんかこう、面白そうだなーってワクワクする感じがしますね。ってそれは私が男性だから?

先に言っておくと、内容はとても真面目な、ガッチガチと言ってもいい本です。安手の科学本にありがちな、憶測、ごまかし、過度の一般化、等は一切なく、生真面目に考察をし、データを解釈していくといいうことの繰り返し。愛想もなにもない。ま、論文てそういうもんだから。それでも面白いもんは面白いもんです。

詳しくは内容に触れないのがこのブログのポリシー(だって読む楽しみを削がれる気がしませんか?内容が詳しく書いてあると)なんですが、この本に関してはちょと内容を整理してみたいので、もう少し続けます。

序章:ナンパ・痴漢をどうやって研究するか
人間行動学という手法、進化心理学という手法。究極要因と至近要因。

第1章:女性にスキがあるの?:待合室実験・・・分析プログラムTHEMEによるパターンの測定。ナンパに会いやすい人はシグナルを出している?著者の実験ではネガティブ。

第2章:ふたつの性戦略:学問的背景。文化相対主義から社会生物学へ。行動生態学、進化生物学。性差の普遍性と個人差。短期的配偶行動と長期的配偶行動。

第3章:ナンパ相手の選び方:女性の短期的配偶行動戦略指向は男性にはわかる。痴漢被害者と歩き方の話。セルフモニタリングという性格特性。

第4章:悪い男がモテるわけ:良い父親かごろつきか。父親の養育行動の個人差。好みは生理周期上の時期で変わる。

第5章:芸能人は離婚が多い?:生物学的な素質として。短期的配偶行動戦略とセルフモニタリング、胎児期の男性ホルモンの影響。

第6章:環境に応答するホルモン:クーリッジ効果。テストステロン濃度との関係。プロラクチンの分泌との関係。配偶努力と養育努力。ピーク時のテストステロン濃度。

終章:配偶行動にはコミュニケーションが必要だ:性行動を巡る利害関係は男性と女性では一致しない。繁殖戦略の個人差。コミュニケーション能力との関係。

ううむ。例によって抜書きではなんだかわけがわかりませんが、今日はこの辺で。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ←ポチっとクリックしていただけると大変有難いです。
にほんブログ村

|

« 【書評】雪屋のロッスさん 著者:いしいしんじ | トップページ | 【書評】あの娘は石ころ 著者:中島らも »

160 学術書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】ナンパを科学する 著者:坂口菊恵:

« 【書評】雪屋のロッスさん 著者:いしいしんじ | トップページ | 【書評】あの娘は石ころ 著者:中島らも »