« 【書評】不透明な時代を見抜く「統計思考力」 著者:神永正博  | トップページ | 【書評】チャット隠れ鬼 著者:山口雅也 »

2009年6月13日 (土)

【書評】脳と創造性 著者:茂木健一郎

脳と創造性読了○。副題は「「この私」というクオリアへ」。脳科学者茂木健一郎が、人間が持つ創造性というものについて、その本質を考察する。

「創造性」に関する最新の研究結果を並べた科学論文、ではありません。寧ろ「生きる」とか「この私」とかを巡る文学的・哲学的・宗教的なエッセイに近い。最初論文にしてはなんだか期待はずれだーって感じで読み始めたのですが、エッセイだと思えばこれが滅法面白い。「意識」というものに興味があって、「体験」だとか「気づき」だとかが「何を」指しているのかが「具体的に(実感を持って)わかる人」には、とても良い本です。言わばヨガで学んだことを脳科学で説明しなおしてくれる、という感じかな。そうでない人にはこの本はぬるい、くどい、ピンボケ、ってことになるんでしょうねえ。

脳科学はいま一番ホットな(つーかクールな)研究分野だよね。その中で茂木さんの立ち位置ってどのへんなのかね?バリバリの理系にはこの本は書けない。文学系人種への橋渡し?一般大衆への広報係?大事な役割だとは思うのですが、これやってると仲間内(脳学者学会)での評判は良くないだろうなあ、って気はするなあ。めげずにがんばってね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ   ←ポチっとクリックしていただけると大変ありがたいです。
にほんブログ村

|

« 【書評】不透明な時代を見抜く「統計思考力」 著者:神永正博  | トップページ | 【書評】チャット隠れ鬼 著者:山口雅也 »

120 エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】脳と創造性 著者:茂木健一郎:

» ホットヨガ 大阪 [ホットヨガ 大阪]
ホットヨガについての情報です。 ホットヨガは高温多湿な室内でヨガに取り組むことで、 大量の汗をかき、体内の老廃物が排泄されますので ダイエットにも効果バツグンです。 [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 18時29分

« 【書評】不透明な時代を見抜く「統計思考力」 著者:神永正博  | トップページ | 【書評】チャット隠れ鬼 著者:山口雅也 »