« 【書評】脳と創造性 著者:茂木健一郎 | トップページ | 【書評】雪屋のロッスさん 著者:いしいしんじ »

2009年6月13日 (土)

【書評】チャット隠れ鬼 著者:山口雅也

チャット隠れ鬼読了△。主人公の私立高校教師祭戸浩美はチャットで出会った「いぜるべる」という女性にある疑念を抱く・・・。チャットを舞台にしたミステリ。

うーん。読んでて途中でネタが割れちまったからなー。でもそれを差し引いてもあまり良い出来の作品とは言い難い。手抜きなのか、それとも?

発行が2005年というのはちょっと意外。もっと昔に書かれたものと思いながら読んでました。ニフティが全盛だった頃、15~20年位前のものかと。割と最近だったのね。どーよ?新しい風俗をいち早く取り入れて、ってわけでもないのか。どうしちゃったんだよー山口雅也。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ←ポチっとクリックしていただけると有難いです。
にほんブログ村

|

« 【書評】脳と創造性 著者:茂木健一郎 | トップページ | 【書評】雪屋のロッスさん 著者:いしいしんじ »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】チャット隠れ鬼 著者:山口雅也:

« 【書評】脳と創造性 著者:茂木健一郎 | トップページ | 【書評】雪屋のロッスさん 著者:いしいしんじ »