« 【書評】ベトナム・ストーリーズ 著者:神田憲行 | トップページ | 【書評】眠れぬ夜のグーゴル 著者:A・K・デュードニー »

2009年6月 1日 (月)

【書評】セルフアサーショントレーニング 著者:菅沼憲治

セルフアサーショントレーニング読了○。アサーティブ行動の理論を学び、アサーションの観点から自分の行動を自分でチェックし、エクササイズで自らをトレーニングする。という、アサーションについて自分で全部やれる教科書になっています。教科書なんで、当然ですけど、教科書的で、総花的で、あまり読んで面白い本ではない。

で、アサーションとは、アサーティブ行動とは何か?自らの欲求・感情・基本的人権を後回しにして相手を優先する行動パターン(受身的行動)でなく、自らの欲求・感情・基本的人権を優先させ、相手を後回しにする行動パターン(攻撃的行動)でもない、行動パターンのことを言います。一言で言うと、相手のことを思いながら、自分らしくある、行動ということですね。それってあり?つーかまるで禅問答?

うーん。エッセンスをまとめたいんですけど、まとまらんなー。これはまだオレが良くわかってないってことですかねー。うーん。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ←ポチッとクリックしていただけると大変有り難いです。
にほんブログ村

|

« 【書評】ベトナム・ストーリーズ 著者:神田憲行 | トップページ | 【書評】眠れぬ夜のグーゴル 著者:A・K・デュードニー »

160 学術書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】セルフアサーショントレーニング 著者:菅沼憲治:

« 【書評】ベトナム・ストーリーズ 著者:神田憲行 | トップページ | 【書評】眠れぬ夜のグーゴル 著者:A・K・デュードニー »