« 勉強のコツ、或いは、頭がいいとはどういうことか その3 | トップページ | 【書評】国のない男 著者:カート・ヴォネガット »

2009年5月10日 (日)

【書評】続・日本の歴史をよみなおす 著者:網野善彦

続・日本の歴史をよみなおす読了○。日本は農業社会だったのか?定説に異を唱え、古代-中世の活発な海上交易の様子を描き出すとともに、”百姓”が必ずしも”農民”ではないという事実を検証し、日本社会への新たな視点を提案する。

名著日本社会の歴史 が出版されたのが1997年4月。この本の出版が1996年1月。名著への助走って感じですかね。包括的網羅的でない代わり、能登の時国家とかの、よりフィールドワークに近い記述があって、ライブ感がある。別の意味で面白いです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

|

« 勉強のコツ、或いは、頭がいいとはどういうことか その3 | トップページ | 【書評】国のない男 著者:カート・ヴォネガット »

140 新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】続・日本の歴史をよみなおす 著者:網野善彦:

« 勉強のコツ、或いは、頭がいいとはどういうことか その3 | トップページ | 【書評】国のない男 著者:カート・ヴォネガット »