« 【書評】ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 著者:スティーグ・ラーソン | トップページ | 【書評】ベトナム・ストーリーズ 著者:神田憲行 »

2009年5月26日 (火)

【書評】日本人とアラブ人 著者:吉村作治

日本人とアラブ人読了△。エジプトの発掘調査で有名な吉村作治教授が、自身の豊富な体験をもとに語る、日本人とアラブ人の違いとそのために起こりがちなトラブルそしてその対処法。

発行が1992年なので、情報鮮度としてはちょっとアレです。なんとなくは知ってますよ、といいう情報が多い。当時と比べるとアラブ民族あるいはイスラム教に関する情報も増えているんだなあと実感。でもどっぷり中に使った人の体験なので、それなりに説得力があり新鮮でした。ここまでアラブ側のスタンスに立てる人もちょっといないんじゃなかろうか、と思うくらい。

しかし。この方、文章はあんましうまくないね。なんだろう、深みがないというか。専門外とは言え、とても学者の書いた文章とは思えないなー。ってことで申し訳ないが△。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ←ポチッとクリックしていただけると有り難いです。
にほんブログ村

|

« 【書評】ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 著者:スティーグ・ラーソン | トップページ | 【書評】ベトナム・ストーリーズ 著者:神田憲行 »

150 ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】日本人とアラブ人 著者:吉村作治:

« 【書評】ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 著者:スティーグ・ラーソン | トップページ | 【書評】ベトナム・ストーリーズ 著者:神田憲行 »