« 【書評】日本人とアラブ人 著者:吉村作治 | トップページ | 【書評】セルフアサーショントレーニング 著者:菅沼憲治 »

2009年5月31日 (日)

【書評】ベトナム・ストーリーズ 著者:神田憲行

ベトナム・ストーリーズ読了◎。ベトナムの裏も表も知り尽くした感のある著者による、ベトナムで見つけたちょっといい話、或いはちょっと間の抜けた話、ちょっと切ない話、などなど、エッセイとルポ。

ええ。あまり期待もせずに、わりと軽い気持ちで読み始めたのですが。まあ軽めのエッセイってーか、小ネタ集かなって感じでね。それはその通りなんですが、著者のキャラクターがなんだかすごく良くってねえ。お人よしでストレートで。等身大の、しみじみと味わい深い本でした。あとがき読んでなんだか泣きそうになりましたよ。

なんていうんでしょうね。社会に居場所がなくって、うろうろする感じ、自分でいろんなことを壊してしまう感じ、自分でレンガを積んでこもっちゃう感じ。私もオタクの端くれとして、その居心地の悪さ、良くわかりますよ。それでも折り合いをつけてやってかないといけない。そういうもんですね。この本の中には、一切そんなことは書いてないけどね。滲み出るというか、通奏低音というか。その部分に自分がとても共鳴したのがわかります。
この人の他の著書も読んでみたいねえ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ←ポチッとクリックしていただけると有り難いです。
にほんブログ村

|

« 【書評】日本人とアラブ人 著者:吉村作治 | トップページ | 【書評】セルフアサーショントレーニング 著者:菅沼憲治 »

120 エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】ベトナム・ストーリーズ 著者:神田憲行:

» ベトナム・ストーリーズ [書評]
ベトナム・ストーリーズの書評のリンクです。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 9日 (金) 01時38分

« 【書評】日本人とアラブ人 著者:吉村作治 | トップページ | 【書評】セルフアサーショントレーニング 著者:菅沼憲治 »