« 【書評】東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ 著者:遥洋子 | トップページ | Googleの順位ってヤツは »

2009年4月15日 (水)

【書評】パンク侍 斬られて候 著者:町田康

パンク侍、斬られて候読了○。町田康の時代小説。って説明になってる?時代小説の舞台を借りた町田康の小説、ってほうが良くない?はいはい。

ありがちな性格の男たちの、妙に正確に写し取られた、考えかた、喋りかた、動きかた。とても現代的な。思わず笑ってしまいます。でも今回、二重丸ではないんだよなあ。なんでだろ?

この人の小説はまず言葉ありきですよね。その意味では筒井さんの衣鉢を継ぐ者と聞くとこの人を思い浮かべるなあ。

|

« 【書評】東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ 著者:遥洋子 | トップページ | Googleの順位ってヤツは »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】パンク侍 斬られて候 著者:町田康:

« 【書評】東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ 著者:遥洋子 | トップページ | Googleの順位ってヤツは »