« 【書評】よのなか 著者:藤原和博、宮台真司 | トップページ | 【書評】勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド 著者:勝間和代 »

2009年4月11日 (土)

【書評】童貞放浪記 著者:小谷野敦

童貞放浪記読了○。表題作「童貞放浪記」のほか、「黒髪の匂う女」、「ミゼラブル・ハイスクール一九七八」、を収める。特に最初の二作は、露悪趣味・うじうじした主人公・時代風俗と三拍子揃った”正統派”私小説。

こ、ここまで書いちゃうんですか・・・。驚愕とゆーか当惑とゆーか。著者の関係者にとってはシャレになってない内容ですなあ。マジで。いやマジで。・・・でもホラ、これ私小説だから。これはこれでありということで。うん。うん。・・・という意識の変遷を、読み進みながら経験した気がします。

そう思ってしまえばこれはこれで面白い。我乍ら意外でしたが。そういう意味では私小説として成功していると言えるんじゃないでしょうかね。てゆーか、今時私小説を書く人、いないからなあ。ニッチ戦略?

著者が偶然にも同い年であることも関係しているかもしれないな。「ミゼラブル・ハイスクール一九七八」に出てくる諸々にはノスタルジックに共鳴してしまいました。高畑勲の「赤毛のアン」とか。いろいろ思い出してしまいました。時代、だったんですねえ。

|

« 【書評】よのなか 著者:藤原和博、宮台真司 | トップページ | 【書評】勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド 著者:勝間和代 »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】童貞放浪記 著者:小谷野敦:

« 【書評】よのなか 著者:藤原和博、宮台真司 | トップページ | 【書評】勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド 著者:勝間和代 »