« 【書評】イメージ脳 著者:乾敏郎 (岩波科学ライブラリー156) | トップページ | 【書評】よのなか 著者:藤原和博、宮台真司 »

2009年4月 8日 (水)

【書評】ないもの、あります 著者:クラフト・エヴィング商會

ないもの、あります読了△。自分を上げる棚、口車、左うちわ、等々の良く聞くけど見たことはないという商品のカタログ。個人的には「先輩風」が欲しいかな。ここぞというときに、しゅっと吹かせるといいんだって。

雑誌で読む分には「くすっ」或いは「にやっ」でいいんでしょうけどねえ。まとめて一冊読んだらなんだか飽きてしまいました。説教臭くて飛び方がたりないよー。って、それはないものねだりですか?

|

« 【書評】イメージ脳 著者:乾敏郎 (岩波科学ライブラリー156) | トップページ | 【書評】よのなか 著者:藤原和博、宮台真司 »

120 エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】ないもの、あります 著者:クラフト・エヴィング商會:

« 【書評】イメージ脳 著者:乾敏郎 (岩波科学ライブラリー156) | トップページ | 【書評】よのなか 著者:藤原和博、宮台真司 »