« 【書評】ヤクザ的な人々に学ぶ負け知らずのススメ 著者:小野登志郎 | トップページ | 【書評】どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 著者:小宮一慶 »

2009年4月20日 (月)

【書評】オデット 著者:ロナルド・ファーバンク

オデット読了○。原題は「Odette: A Fairy Tale for Weary People(オデット、疲れた大人のための童話)」。主人公の少女オデットは叔母と一緒に大きな屋敷に住んでいる。彼女はマリア様に会うために真夜中の庭園で薔薇を摘むことを思いつく。そこで彼女が見たものは・・・。

山本容子さんが挿絵をつけている、これは一種の絵本です。心が洗われます。なんでこれ読んだん?って聞かないでね。なんでもあり、手当たり次第、がこのブログの持ち味なので。あまり気にしないように。

|

« 【書評】ヤクザ的な人々に学ぶ負け知らずのススメ 著者:小野登志郎 | トップページ | 【書評】どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 著者:小宮一慶 »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】オデット 著者:ロナルド・ファーバンク:

« 【書評】ヤクザ的な人々に学ぶ負け知らずのススメ 著者:小野登志郎 | トップページ | 【書評】どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 著者:小宮一慶 »