« 【書評】コカイン・ナイト 著者:J・G・バラード | トップページ | 【書評】新編 八犬伝綺想 著者:小谷野敦 »

2009年3月 2日 (月)

【書評】運動神経の科学 著者:小林寛道

運動神経の科学読了○。脳がブームだよね。この本もある意味、脳の本です。動作をイメージし体感することで神経回路が改善されていく、その様子を理論と実践両面で明らかにしていく。

特に原理を抽出して「認知動作型トレーニングマシン(筋力向上でなく脳をはじめとする神経回路の再構築を目的とするトレーニングマシン)」として実際に形にして、それを使って成果を挙げてしまうのがすごい。このほか武道における同側型動作の話とか、興味深い話題がてんこもり。

個人的には四足動物の歩行を体験できる認知動作型トレーニングマシン「アニマー」にとても惹かれます。是非体験してみたい。

|

« 【書評】コカイン・ナイト 著者:J・G・バラード | トップページ | 【書評】新編 八犬伝綺想 著者:小谷野敦 »

140 新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】運動神経の科学 著者:小林寛道:

« 【書評】コカイン・ナイト 著者:J・G・バラード | トップページ | 【書評】新編 八犬伝綺想 著者:小谷野敦 »