« 【書評】ツレがうつになりまして。 著者:細川貂々 | トップページ | 【書評】東京人生 著者:荒木経惟 »

2009年3月25日 (水)

【書評】非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門 著者:飯間浩明

非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門読了○。言いたいことが伝わる文章を書くにはどうすればいいのか?「・・・か?」と読み手に問題を出し(この本ではクイズ文と呼ぶ)、その答えを提示し、その理由を述べる、という形式で書くと良い。なぜならこの形式を使うことで、読み手と問題を共有し、ひとつの結論に導くことが出来るからである。・・・という本です。合ってますか?てゆーか、伝わった?

そんなんあたりまえやん、というツッコミはありです。はい。でもこの手のフレームはちゃんと「意識して」持っている方がいいと思います。この方法の限界とか陥りやすい落とし穴とかも書いてあるし、面白い本ではないが、意外と役に立つ本でした。

|

« 【書評】ツレがうつになりまして。 著者:細川貂々 | トップページ | 【書評】東京人生 著者:荒木経惟 »

140 新書」カテゴリの記事

170 ビジネス本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門 著者:飯間浩明:

« 【書評】ツレがうつになりまして。 著者:細川貂々 | トップページ | 【書評】東京人生 著者:荒木経惟 »