« 【書評】グラスホッパー 著者:伊坂幸太郎 | トップページ | 【書評】越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 著者:越前敏弥 »

2009年3月15日 (日)

【書評】オーケストラ楽器別人間学 著者:茂木大輔

オーケストラ楽器別人間学読了○。N響オーボエ奏者の著者が管楽器専門誌(そんなものがあるんですねぇ・・・)に連載したユーモアエッセイ。一貫するテーマは「どんな楽器がどんな性格を生み、どんな性格がどんな楽器を選ぶのか」。

ウチの上の息子が学校でテューバを吹いているので、書店で見かけてなんとなく買ってしまった。面白いです。抱腹絶倒とはいきませんが思わずニヤリという感じで。

因みにテューバは一言で言うと「底辺を支える内向派」。けっこうあたっていると思うが、息子自身の評によると「んー、微妙。」ということで、思ったほど彼にはウケなかったようです。まあそういう年頃だけど。

|

« 【書評】グラスホッパー 著者:伊坂幸太郎 | トップページ | 【書評】越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 著者:越前敏弥 »

120 エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】オーケストラ楽器別人間学 著者:茂木大輔:

« 【書評】グラスホッパー 著者:伊坂幸太郎 | トップページ | 【書評】越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 著者:越前敏弥 »