« 【書評】ホームレス中学生 著者:麒麟・田村裕 | トップページ | 【書評】ハイペリオン 著者:ダン・シモンズ »

2009年3月20日 (金)

【書評】煩悩リセット稽古帖 著者:小池龍之介

煩悩リセット稽古帖読了◎。「心」の具体的な観察法・コントロール法のテクニックとしての仏教(著者は「仏道」と呼びます)という立場から、煩悩の発生原理とその対処法について解き明かした本。四コママンガとかエッセイ風の文章とか、見た目軽そうですが中身はとてもちゃんとしています。良書です。お奨めです。

心の働きを説明するのに、心理学の用語よりも仏教の用語の方がしっくりくる。腑に落ちる。歴史の差、ですかね?私が日本人だから、ですかね?

|

« 【書評】ホームレス中学生 著者:麒麟・田村裕 | トップページ | 【書評】ハイペリオン 著者:ダン・シモンズ »

120 エッセイ」カテゴリの記事

160 学術書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】煩悩リセット稽古帖 著者:小池龍之介:

« 【書評】ホームレス中学生 著者:麒麟・田村裕 | トップページ | 【書評】ハイペリオン 著者:ダン・シモンズ »