« 【書評】陰日向に咲く 著者:劇団ひとり | トップページ | 【書評】オーケストラ楽器別人間学 著者:茂木大輔 »

2009年3月14日 (土)

【書評】グラスホッパー 著者:伊坂幸太郎

グラスホッパー読了○。物語のフレームとしては広義のミステリ又は犯罪小説ですか。若い女性に薬物を売る組織<<令嬢>>で働く「鈴木」、人を自殺させるのを請け負う「鯨」、一家皆殺し専門職の「蝉」、背中を押して人を殺す「押し屋」、等々の一癖ある人物が登場する。

この人の本を読むのは初めてですが、とても面白いと思いました。元々ミステリは守備範囲じゃないし、特に日本の最近のは読んでなかったんですが、きっかけはこないだトラックバック貰ったYO-SHIさんのブログ でチラ見して。

描かれている状況そのものが暗喩になっている、という意味で、優れて今の日本の小説なのだと思いました。この物語が書かれなければ、この物語の持つ喪失感を埋めることは出来なかったし、この喪失感を表現するためにはこの物語が必要だった、そんな感じ。ストーリーのためのストーリーではない。根っこのある人なのだと思います。

抽象的でわかりづらいですね。逐一書いていくとある種のネタバレになるし、このブログのスタンスはストーリー紹介にはないんで、個人的な感想でお茶を濁しておきます。とりあえず一読して損はないと思います。

|

« 【書評】陰日向に咲く 著者:劇団ひとり | トップページ | 【書評】オーケストラ楽器別人間学 著者:茂木大輔 »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】グラスホッパー 著者:伊坂幸太郎:

« 【書評】陰日向に咲く 著者:劇団ひとり | トップページ | 【書評】オーケストラ楽器別人間学 著者:茂木大輔 »