« 【書評】クチュクチュバーン | トップページ | 【書評】風の帰る場所 著者:宮崎駿、渋谷陽一 »

2009年3月28日 (土)

【書評】呼べばくる亀 著者:中村陽吉

呼べばくる亀読了○。副題は「亀、心理学に出会う」。思わせぶりな副題ですが、心理学はあんまり関係がない。著者が偶々心理学者だった、という感じです。著者と、ペットの「カメちゃん」とのほのぼのとした交流を綴るエッセイ。

心理学本の出版社である誠信書房から出版されていたんで、もう少しカタイ本かと思ったんですが・・・。あっという間に読めます。まあカメ嫌いじゃないんでいいけどね。

|

« 【書評】クチュクチュバーン | トップページ | 【書評】風の帰る場所 著者:宮崎駿、渋谷陽一 »

120 エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】呼べばくる亀 著者:中村陽吉:

« 【書評】クチュクチュバーン | トップページ | 【書評】風の帰る場所 著者:宮崎駿、渋谷陽一 »