« 【書評】運動神経の科学 著者:小林寛道 | トップページ | まぁ、ちゃんと。 »

2009年3月 3日 (火)

【書評】新編 八犬伝綺想 著者:小谷野敦

新編 八犬伝綺想読了○。精神分析で読み解く八犬伝とも言うべき第一部に、江戸時代の二重王権の反映として読み解く第二部、林子平の海防思想と絡めて読み解く第三部。圧巻はやはり第一部です。すっげー面白いんだが知的体力的についていけん、って感じ。詰め込み過ぎですって!結果的に走り読みになってしまったことをお詫びします(誰にだ?)。

んでも、面白いっす。こういう、しつっこい、粘着質の、畳み掛けるような、緻密な、それでいながら話があっちこっちいってしまう感じ、好きですよ。ある意味橋本治さんに似てるトコあるかなって思います。もっと直球で硬い感じだけどね。・・・とりあえず応援してますんで。

|

« 【書評】運動神経の科学 著者:小林寛道 | トップページ | まぁ、ちゃんと。 »

160 学術書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】新編 八犬伝綺想 著者:小谷野敦:

« 【書評】運動神経の科学 著者:小林寛道 | トップページ | まぁ、ちゃんと。 »