« 【書評】忍び寄る牙 著者:ロバート・B・パーカー | トップページ | 【書評】陰日向に咲く 著者:劇団ひとり »

2009年3月11日 (水)

【レシピ】マーラーカオ(馬拉糕)

ええっと。習慣というのは恐ろしいもので。ウチでは夕食後にデザートを食べます。それはロールケーキだったりシュークリームだったりアイスクリームだったりドーナッツだったりクッキーだったり羊羹だったり大福だったり白玉だったりゼリーだったり、します。夕食に何を食べても、どんだけたくさん食べても、デザートは必ず食べる。所謂別腹とゆーヤツですなあ。

デザートって西洋料理にはあるけど、普通、家庭料理ではそういう習慣はないよね?ウチのヨメさんは料理好きなんで、むかし、作ったものを食べるところからスタートしたように思うが、今では私も息子達も、食後になにか甘いものを食べないと物足りない、と感じるようになってしまった。ヨメさんが作ったりヨメさんが買ってきたり、します。

マーラーカオはうちのデザートの定番です。漢字で馬拉糕。マレー風蒸しパン。なんで定番かというと、簡単だから。

<材料> 直径18X高さ5cmのセルクル1台分

A:薄力粉100g、ベーキングパウダー小さじ2、重曹小さじ1/4、

食塩不使用バター40g、卵2個、

B:グラニュー糖100g、はちみつ大さじ1、

牛乳1/4カップ

<つくりかた>

下準備Aをふるい合わせる。卵を室温に戻す。敷き紙を5cmの帯状に切りセルクルの内側に貼る。中華せいろを火にかける。

生地を作る耐熱容器にバターを入れ、ラップをかけて電子レンジで溶かす(1分30秒)。割りほぐした卵にBを加え、グラニュー糖が解けて白っぽくなるまで泡だて器で混ぜる。これに牛乳と溶かしたバターを加えて混ぜ、Aを加えてゴムべらで切るように良く混ぜる。

蒸す蒸気の上がった中華せいろに固く絞った濡れ布巾を敷き、セルクルを乗せて生地を入れる。蓋をし、中火で25分蒸す。

と、まあ、こんな感じ。熱々でもおいしいし、冷ましてもおいしい。私は冷ましたヤツにメープルシロップをだぼだぼにかけて食べるのが好きです。んん。体が甘いものを求めているぅ。

click★人気ブログ集まれ!『ログスターバズ』
健康的で簡タン・楽チン♪
今年大流行!蒸し料理をマスター★
☆増毛を体験しよう!
髪のこと、悩んでいませんか?

|

« 【書評】忍び寄る牙 著者:ロバート・B・パーカー | トップページ | 【書評】陰日向に咲く 著者:劇団ひとり »

200レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【レシピ】マーラーカオ(馬拉糕):

« 【書評】忍び寄る牙 著者:ロバート・B・パーカー | トップページ | 【書評】陰日向に咲く 著者:劇団ひとり »