« 【書評】オーケストラ楽器別人間学 著者:茂木大輔 | トップページ | 【書評】湖水に消える 著者:ロバート・B・パーカー »

2009年3月16日 (月)

【書評】越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 著者:越前敏弥

越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文読了◎。タイトルどおり、日本人が間違えやすい英文を集め、何故間違うのか、どう解釈すれば良いのか、丁寧に解説してあります。

変に欲を出して網羅的にならずに、誤訳しがちなトコだけピンポイントで解説。これ、ありそうでなかった本です。その意味であるレベルの人には物凄く効率がいい、お買い得な内容になっています。薄くてすかすかな感じも、寧ろ途中で投げ出さず最後までやり遂げるという意味ではプラスに作用します。

私なんかだと西尾の英文解釈で受験に臨んだ口ですが、白状すると途中でかったるくなって、ザーッと読んで意味を取るというある意味楽なほうへ逃げたんですよ、受験勉強のときね。当時の長文読解はそれでなんとかなった。受験ですらそうなんで、TOEICはなおのこと。でもね、最近、きちんと読んできちんと意味を取る。その上で早いのでないとマズイと思い始めていたトコなんです。この本はそのニーズにぴったんこでした。早く続編出ないかなぁ。

|

« 【書評】オーケストラ楽器別人間学 著者:茂木大輔 | トップページ | 【書評】湖水に消える 著者:ロバート・B・パーカー »

140 新書」カテゴリの記事

710 TOEIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 著者:越前敏弥:

« 【書評】オーケストラ楽器別人間学 著者:茂木大輔 | トップページ | 【書評】湖水に消える 著者:ロバート・B・パーカー »