« オートバックスドットコム | トップページ | 【書評】サバイバル! つづき »

2009年2月 2日 (月)

【書評】サバイバル! 著者:服部文祥

サバイバル!読了◎。副題は「人はズルなしで生きられるのか」。必要最低限の装備での登山を目指すサバイバル登山の実践者である著者による、サバイバル登山の実践、方法論、思想。

面白いです。なんとゆーか、なまなましいとしか言いようのない一種独特の迫力があります。私は軟弱なヤツなんで登山みたいな危ないコトには手を出しませんが、だから余計に、この本の持つ異様なパワーにガツンとやられた感じですね。

|

« オートバックスドットコム | トップページ | 【書評】サバイバル! つづき »

140 新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】サバイバル! 著者:服部文祥:

« オートバックスドットコム | トップページ | 【書評】サバイバル! つづき »