« 【書評】暗夜を渉る 著者:ロバート・B・パーカー | トップページ | 【書評】コカイン・ナイト 著者:J・G・バラード »

2009年2月28日 (土)

【書評】江戸幻想批判 著者:小谷野敦

江戸幻想批判読了○。副題は「「江戸の性愛」礼賛論を撃つ」。旧版の江戸幻想批判を再録した第一部と、旧版発行後の文章と対談を収めた第二部からなる改訂新版。

ええっと。学者同士の足を止めた殴り合いをリングサイドで眺める、って感じです。ここまで書いちゃっていいのかよおい、という驚きと、ある種の怖いもの見たさで思わず読んでしまう。

より正確には相手の言い分そのものはこの本には載っていないので(第二部の対談は別だけど)、ファイター小谷野の壮絶な戦いっぷり(玉砕?)を見る、ってことですが。すごい迫力、臨場感です。飛び散る汗が目に入って痛いくらい。

・・・正論が通らないことは、世の中には、あるよなあ。興奮して読んだ後にはそんなちょっと苦い感じも残りました。合掌。

|

« 【書評】暗夜を渉る 著者:ロバート・B・パーカー | トップページ | 【書評】コカイン・ナイト 著者:J・G・バラード »

150 ノンフィクション」カテゴリの記事

160 学術書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】江戸幻想批判 著者:小谷野敦:

« 【書評】暗夜を渉る 著者:ロバート・B・パーカー | トップページ | 【書評】コカイン・ナイト 著者:J・G・バラード »